奈々桜さんが「お姫さま風のゆめちゃん」を描いてくださいました!


近 交流させていただいている「なないろさくら」の奈々桜さんが、うちの子の「ゆめ」に、とても可愛らしい洋風お姫さま風の衣裳を着せてくださいました! 

こんなに可愛く描いていただいて、本当にありがとうございます!

奈々桜さんのゆめちゃん

奈々桜さんによると、フランス人形をイメージされたとのこと。花言葉は「冒険心」、元気の出る花である、赤いガーベラを添えてくださいました。ゆめにぴったりの花をありがとうございます。

この絵をいただいたとき、ふと思い浮かべたのが、家族でハウステンボスや志摩スペイン村みたいな異国情緒のある観光地に行って、ゆめが貸衣装屋で普段着ないような豪華な衣裳を着せてもらって、あまりの華やかさといつもと違う雰囲気に、家族みんながびっくり! みたいなシチュエーションでした(笑)。うちの子の新たな一面を見るような絵で、とても嬉しいです。

この絵の雰囲気からは意外に思われるかもしれませんが、じつは奈々桜さんは、江戸文化が大好きで、江戸時代をモチーフにした江伍という町を舞台にした時代劇(娯楽劇)マンガを描いておられます。

細やかな心情描写や、明るい世界観、個性的な仲間たち、そしてしっかり江戸らしい雰囲気づくりなど、とても魅力あふれるマンガです。何より、わたしが大好きなハートフルコメディなので、読んでいると、なんだか、こんな人たちと一緒に平和な江戸で暮らしたいなあ…と思えてくるほどなのです。

実は、うちの家族が江戸好きで、常日頃、江戸の文化は最高だと言っています。世の中が平和で、外国に煩わされなければ、こんなにもユニークで成熟した文化が育つのだ、とわかるのが江戸時代なのだといいます。血なまぐさい戦国時代や、混沌とした明治時代ではなく、江戸にこそ日本文化の魅力が詰まっているのだと。とりあえず、今度東京に行ったら、江戸東京博物館に行かないと、と思いました(笑)。

「ゆめまな物語」はおとぎ話のメルヘン、「空花物語」は中世ファンタジーということで、わたしはこれまで和風なイラストは全然描いていませんでした。実際、知識がないので、今すぐには描けそうもないのですが、奈々桜さんのマンガで勉強させてもらって、そのうちに和風な「ゆめまな物語」も一度描いてみたいなあ…と思いました。

奈々桜さんのウェブサイトはこちらです。

banner3  なないろさくら

いただいたイラストに書いてくださっているように、相互リンクさせていただきました。どうもありがとうございます。皆さんも、ぜひ一度ご訪問なさって奈々桜さんのマンガをお楽しみくださいね!