きみはぼくらのジンベエザメ You are Our Whale Shark!


大きな大きなジンベエザメ
もしも友だちだったなら

海のお城を飛び出して
ぐんぐん泳いで急上昇

海の果てならすぐそこさ
はるか空まで飛んでいこう

みんなぼくらを指差して
うらやましいっていうだろね

きみはぼくらのジンベエザメ

大きなジンベエザメと友だちになって、海の中を飛んでいくイラストを描きました。

今まで何度かジンベエザメを描いてきましたが、写実的に描くと、どうにも下手になってしまうのです。それで今回はデフォルメしてデザインしたジンベエザメを描いてみました。まるでポケモンみたいと言われてしまいましたが、楽しげなイラストになったと思います。

最近知ったのですが、ジンベエザメは野生では100年以上生きるそうです。わたしたちより長生きな生き物です。大きさも水族館飼育のものよりずっと大きい。そんなジンベエザメと友達になれたら、いろいろなことを教えてくれそうです。

わたしの描くイラストは、最初の頃より、ずいぶん変わってきました。描いているうちに描きたいものがはっきりしてきて、表現方法も少しは上達してきました。

世の中にはいろいろな絵を描く人がいます。人間技とは思えないリアルな世界を描く人もいれば、人気を得るためにはどんな絵でも描くというモラルのない人もいます。限られた人にしか価値がわからない絵や、特定のキャラクターへの愛にあふれた絵もあります。

わたしは、見る人が楽しくなるような絵を描きたいと思っています。いえ、もちろん見る人のことも大事ですが、わたしの絵に出てくる双子が幸せでいられる世界を描きたいと思っています。

暗い闇ほど星空はきれいなのです。この星空は明かりのない世界を歩んできた者だけが見れる特権です。

わたしはそれを絵に描きたいです。そうすれば、わたしの描く絵は、ほかのだれにも描けない世界になるでしょうから。