ゆけゆけぼくらの虹色機関車 Let’s Go Our Rainbow Train!

ゆけゆけぼくらの虹色機関車
海風荒波へっちゃらさ

並んで泳ぐイルカとペンギン
どっちが速いか競走だ

星がまたたく海の荒野を
全速前進かけぬけろ

イルカやペンギンやマンタといっしょに海の宇宙を駆け抜ける虹色機関車のイラストを描きました。

海の中の機関車といえば、海底汽車の旅 を前に描きましたが、それよりもパースを意識して、スピード感を出したいと思っていました。

どちらかといえば、3/10に描いた夢の世界へしゅっぱつしんこう!に近い絵だと思います。その絵と比べてもらうと、ここ半年間の絵の描き方の変化がよくわかると思います。

この絵の中で、特に苦労したのは海と機関車の色選びです。海のほうは2回塗り直しましたし、機関車は3回塗り直しました。

海は、一見すると宇宙にも思えるかもしれません。星を描いているためですが、最初から、そうしようと決めていました。

星を描くとなると、輝きを目立たせるために、背景は暗くするのが普通ですが、今回はあえて、明るい背景にしてみました。淡い色がよくマッチして正解だったと思います。

機関車は、もともと虹色にするつもりはありませんでした。普通の機関車の色に塗っていたのですが、完成してみて、あまりに特徴のない地味な色合いにびっくり。何の魅力もない絵になりました。

それで、急遽、虹色で塗ることにしました。まずは、機関車の部分だけ虹色にして、客車は地味な色のままだったのですが、全体の色の調和がとれていない絵になってしまいました。

悩んだ末、機関車の先頭から客車全体にかけて、虹色に塗ることにして、現在の配色になりました。

配色は苦手なので、かなり苦労しましたが、最終的なできあがりは、とても楽しい雰囲気になり、気に入っています。

Pocket