夕焼けの城下町 It’s About Time We Went Home…


夕焼け彩る城下町
店をたたんで帰る人

窓に明かりが灯り出し
どこか寂しい風が吹く

夢中で楽しんでいたけれど
ふと思い出すお母さん
顔が浮かんだお父さん

ぼくらもそろそろ帰らなきゃ
そろそろ家に帰らなきゃ…

長かった冒険の旅も終わりに近づき、そろそろ家に帰らなきゃ…。そんなイラストです。

今まで、絵を描いていたコミュニティを一度お休みすることにしたので、双子とねこには一度家に帰ってもらうことにしました。

この絵は、その続き物イラストの一枚目です。

夕焼けの城下町で、ふと家に帰るのを思い出すお二人&にゃんたすです。

城下町を描いたのは、雲くじらの見える城下町以来二回目です。

どこかの国の風景ですか?と言われましたが、完全に空想だけで描いたオリジナルです。だから元になった写真などはありません。

ヨーロッパの風景だとすると、このお城は教会っぽいですが、どこの風景でもないので、純粋なお城として描きました。教会ではありません。

夕焼けのイラストを描いたのは、そんなに多くありません。絵になるモチーフではありますが、夕焼けを描いてしまうと色合いが限定されてしまう気がして、あまり好きではなかったのです。

工業都市の夕焼けは、大気が汚染されているので、光の拡散が激しく、ふつうより赤みが強調されます。それに対し、汚染されていない空気のもとでは、黄色や橙色の光も混ざるので、美しいグラデーションになります。

夕焼け空は、今の都市より、昔の素朴な城下町のほうが美しかったのではないかなーと思います。