星くずの浜 The Stardust Beach

星くずの浜

今夜はすてきなショータイム
年に一度の流星群

浜辺にきらきら降りそそぐ
星空からのプレゼント

空のゆりかご飛び出して
海を目指して落ちてくる

太陽沈んだ夜の海
真昼よりも輝いて

流れ星が波揺らし
玉虫色にきらめいた

夜空見上げてふと思う
星はどこから来るんだろう

星くずたちのふるさとは
きっとだれかの宝石箱

星くずが降ってくる浜辺で、ほしくずライオンといっしょに夜空を眺めている絵を描きました。

二回目の星降る浜辺の絵

家の片づけと持ち物整理のため、しばらく絵を描けないでいましたが、ようやく、約3週間ぶりに新作を描けました。よかったー。

忙しい間にも、いろいろと絵のアイデアは浮かんでいたのですが、忙殺されてしまい、なかなか形にできず。

まだ用事が終わったわけではないのですが、今日は疲れたのかちょっと風邪ぎみなので、無理せず絵を描くことにしました。

星が降ってくる浜辺というのは、2014年の5月、つまり約2年前に、似たようなコンセプトの絵「星降る浜辺」を描いています。

星降る浜辺 The Falling Star Beach
空から降ってきたお星さまを発見

このときは星というかこんぺいとうでしたが…(笑) 今回、なんとなく、もう一度星降る浜辺の絵を、こんどはほしくずライオンも一緒に描いてみたくなって、新作が完成しました。同じコンセプトの絵ということで、2年間の変化が感じられますね。

メルヘンな明るい夜になるよう工夫したところ

今回の絵で工夫した点は、鮮やかな虹色カラーにすること。前回の「星降る浜辺」は落ち着いた色合いでしたが、今回はもっと賑やかで楽しい配色を目指しました。

夜空の風景なのに虹色にするというのは、ちょっと色使いが難しいですが、これまでも星降る丘の音楽会満天ベッドでやったことがあるので、わりとスムーズに。ポイントはある程度暗さのコントラストを強くしつつ、青や紫色を中心にグラデーションを織り込むことかなと思います。

海の水平線は、ふつうはその名の通り「水平」に描くのがセオリーなのですが、メルヘンな絵なので、不思議な雰囲気があったほうがいいと思って、カーブさせてみました。

結果として、夜の絵なのに、明るく楽しい印象に仕上がったと思います。ハッブル望遠鏡の宇宙の写真みたいな鮮やかな絵になったかな?

まだまだ忙しい日は続きそうですが、定期的になんとか創作する時間を取り分けていきたいところです。

▼メイキング
この絵の簡単なメイキングです。

(1)ラフスケッチ

1

(2)下書き。水平線を湾曲させた

2

(4)遠景を塗る。矢印の方向に虹色のグラデーションを意識した

3   

(4)前景を塗る。これも矢印の方向に虹色のグラデーションを意識。

4

(5)中景の星を塗る

5

(6)背景の主線を消す

6

(7)背景を描き込む。海の波や、崖のディテールなど。

7

(8)人物を塗る

8

(9)ハイライトを入れる。星、波、リボンなど

9

(10)色フィルターとテクスチャをかけて完成

10

Pocket