水族館カフェ A Cafe beside the Aquarium


海のしじまのカプチーノ
なんだかとても温かい

君の笑顔が優しくて
まぶしい青いスクリーン

ジンベエザメの尾のヒレは
君の丈ほど大きくて

マンタの広げた翼より
君はちょこんと座ってる

星がきらきら舞い降りて
海の底につもってく

ぼくらの話も降り積もり
時間が経つのも忘れてる

2015年最初の一枚は、水族館に隣接するカフェの絵を描きました。

いつもより描き込みはシンプルで、あまり気負わずに描きました。濃密なファンタジーもいいけれど、趣味で描いているわけですし、今年は気軽に描くのもいいかなーと思いつつあります。

じつはこの水族館カフェにはモデルがあって、美ら海水族館のカフェ、オーシャンブルーです。

以前に一度行ったことがあって、そのときの思い出を絵に起こしてみようかなーと思いました。実際にはネコは入れないかと思いますが。

以前に深海の図書館の絵を描きましたが、よく使う日常的な施設が水の中に沈んでいるというのはロマンチックというか、ファンタジーというか、とにかく想像力をそそるなあと思います。水族館カフェは一応沈んでいるわけではなく、水槽に隣接しているのですけれど。

わたしが生きているうちには、海の中の街とか、透明な水中トンネルの中を走る列車とか出てきてほしいものです。それまではとにかく、こんな絵をひたすら描いていたいですね。

(2015/03/31 線を描き直しました)