雲の上のお菓子の城 A Candy Castle above the Clouds

甘い甘いこの香り
どこから流れてくるんだろう

わたあめみたいな雲の上
とろけるシロップかきまぜて

霧の隙間に現れた
ケーキのお城そびえたつ

いちごに ベリーに さくらんぼ
マカロン キャンディー ドーナッツ

食べても食べても食べ足りない
うっとりまったりこの甘さ

ほっぺが落ちてこぼれたら
にっこり笑顔になっちゃった

わたあめの雲の上にそびえたつ、ケーキのお城の絵を描きました。子どものころ夢見た?甘い甘い世界です。

■お菓子のお城

もともと雲の上のお城を描きたいなというアイデアがありました。最初は、雲の上の、霧の中から、古めかしいお城が現れるという雰囲気のある絵を描きたかったのです。

ところが! どういうわけか、ペロペロキャンディーが、どうしても描きたくなりました。ペロペロキャンディーは、体に悪いからと言われ、あまり食べた記憶がないのですが、いつ見ても、あの形と色には魅惑されます。

それで、雲の上のお城はケーキやペロペロキャンディーなどのお菓子でできている、ということにしました。以前にソフトクリーム山脈を描きましたが、そのころに、もう一枚描きたいなぁ、と思っていたアイデアを詰め込みました。

お菓子は、やはり美味しそうでなければ物足りないので、今の力量で、できるだけリアルに描くよう努力してみました。まだまだリアルな絵は難しいですが、美味しそうなものは描くのが楽しいですね。

わたあめの雲は以前にくじらは虹色の雲に乗ってを描いたときに、わたあめみたいだと言われたのを再利用しました。

■今の時期は絵が描きやすい?

謎のハイペースで絵を描いていますが、理由は不明です。しかし去年の今ごろ、ちょうど君がいるから怖くないあたりを描いていましたが、けっきょく5月に14枚も描いたハイペースでした。なんかやたらと描けるなあ、と思ったのを覚えています。当時とは制作環境が違うので比較しにくいですが、5月はわたしにとって描きやすい季節なのかもしれません。

しかし去年は、そのハイペースのあとに長いスランプが待っていたのですが…(苦笑)

Pocket