魔法のブランコ A Swing of Masic

魔法のブランコこぎだせば
世界は丸くつながって
どこまでだって歩いていける

空に大きな水たまり
逆さにそびえるあのお城
虹のリボンに手が届く

ぼくらが子どもだったころ
ずっとむかしの思い出さ

子どものころにブランコに乗った感覚を絵にしてみました。ブランコに揺られると、まわりの世界がぐるりと丸くつながったように見えたものです。

見た人からは、ハイジのブランコを思い出したとか、今流行りの反重力だとか言われました。ハイジのブランコは相当有名なのですね。

空が水たまりのようだということを表すために、なんとなくジンベエザメを描きました。空は水彩風に淡く塗るよう心がけました。

わたしは知らなかったのですが、ちょうど、海遊館の遊ちゃん天ちゃんが亡くなってニュースになっているころでした。

野生では100年生きると言われるジンベエザメ。まだ二匹とも子どもだっただけに残念でなりません。

今回のイラストも新しい塗り方を試してみました。水彩風を目指して薄く色を重ねる塗り方です。実際には水彩のようにぼかしやにじみがないので、なんちゃってですが、色合いは工夫しました。パステルな色合いに気づいてくださった方が多かったです。

便宜上、この塗り方はマカロン塗りと呼ぶことになりました(笑)

厚塗りとマカロン塗りでは過程がだいぶ異なりますが、個人的にはマカロン塗りで出せる淡い色が気に入っています。しばらくはこの塗り方でがんばってみたいと思います。

お城とか、逆さの虹とか、馬車とか、わたしがメルメンを感じるものをいろいろ詰め込めてよかったです。

Pocket