病気の人が習慣にしがちな偽りのポジティブ思考とは何か

病気の人はポジティブシンキングを身につけるようよくアドバイスされます。しかし意外にも、ポジティブに見える人ほど病気が重いというデータもあるのです。「身体が「ノー」と言うとき―抑圧された感情の代価」という本から、危険な偽りのポジティブシンキングを紹介しています。

503エラーのため、さくらからwpXにWordPressのサーバーを移転・引っ越ししました

このたび、ずっと使っていたさくらのレンタルサーバーから、wpXのレンタルサーバーに引っ越しました。理由は、さくらのサーバーで503エラーが出たり、処理速度が遅かったりしたためです。 このブログは、もともとマルチサイト機能 …

医者も治った「しつこい疲れは副腎疲労が原因だった」感想

副腎疲労の本、「しつこい疲れは副腎疲労が原因だった ストレスに勝つホルモンのつくりかた」を読みました。その中に書かれていたスクエア・クリニックの本間龍介先生の体験談から副腎疲労の治療の仕方について感想を書いています。

小西統合医療内科の本「自己治癒力を高める医療」

小西統合医療内科の小西康弘先生による「自己治癒力を高める医療: 病気になるプロセスに寄り添う」を読みました。病気の症状ではなく、「病気になるプロセス」に焦点を当てた、新しい医療の形「統合医療」について書かれています。

病気の子どもが幸せになるために親ができる3つのこと

病気の子どもを持つ親は、とても悲しく思います。子どもに幸せを感じてもらうために何ができるでしょうか。『「幸せ」について知っておきたい5つのこと NHK「幸福学」白熱教室』という本と、わたし自身の慢性疲労症候群の経験を参考に、すぐ実践できる3つのことをまとめました。