希望は手を差し伸べる友人の形でやってくるー「スーパーマン」クリストファー・リーヴから学ぶ

首から下はもはや二度と動かすことができない。そう告げらけたのはかつてスーパーマンを演じ全世界のヒーローとなったクリストファー・リーヴです。彼はいかにして絶望の淵から立ち上がり、人々に希望を与えるまでになったのでしょうか。彼の著書「あなたは生きているだけで意味がある」を通して考えます。

発達障害を防ぐ「子どもとねむり」の大切さ

発達障害の原因は、赤ちゃんのときの睡眠障害にある…。最新の研究に基づいて、乳幼児期のねむりの大切さを説明している書籍「子どもとねむり」から、あまり知られていないねむりの役割を紹介しています。

子どもの慢性疲労症候群(CCFS)とは (1)どんな病気か?

子どもの慢性疲労症候群(CCFS)とは何でしょうか、どんな独特の問題があるのでしょうか。子どもたちの不登校は果たして“心の問題”や“家庭の問題”なのでしょうか。「学校を捨ててみよう」およびその他の参考書籍に基づいて、小児慢性疲労症候群(CCFS)の実態について、全5回にまとめています。

「植物はすごい」に学ぶ、逆境で生きる3つのポイント

わたしたちはみな、どうあがいても逃げることのできない逆境に面することがあります。そのようなとき、逆境に積極的に対処してきた植物の手本は参考になります。この書評では「植物はすごい – 生き残りをかけたしくみと工夫」から学べる、逆境に生きるポイントを3つ紹介します。

病気・障害の中でも歩み出すために「スタンフォード・インプロバイザー」から学べる3つの実践スキル

「自分を信じてさっと行動する」。これは病気や障害を持つ人にとっては特に難しいものです。身体的な問題に加え、病気のために何もできない、という心理的な問題もあるからです。このエントリでは書籍「スタンフォード・インプロバイザー」から一歩を踏み出すための実践スキルを紹介します。

「人生に奇跡を起こすノート術」を実践する3つの心得

書籍「人生に奇跡を起こすノート術―マインド・マップ放射思考」の書評です。思考する力にハンディを負う人が最大限のパフォーマンスを発揮するのに大切な3つの要素、「色」「キーワード」「絵」について解説しています。