病気・障害の中でも歩み出すために「スタンフォード・インプロバイザー」から学べる3つの実践スキル

「自分を信じてさっと行動する」。これは病気や障害を持つ人にとっては特に難しいものです。身体的な問題に加え、病気のために何もできない、という心理的な問題もあるからです。このエントリでは書籍「スタンフォード・インプロバイザー」から一歩を踏み出すための実践スキルを紹介します。

「人生に奇跡を起こすノート術」を実践する3つの心得

書籍「人生に奇跡を起こすノート術―マインド・マップ放射思考」の書評です。思考する力にハンディを負う人が最大限のパフォーマンスを発揮するのに大切な3つの要素、「色」「キーワード」「絵」について解説しています。