医者も治った「しつこい疲れは副腎疲労が原因だった」感想

副腎疲労の本、「しつこい疲れは副腎疲労が原因だった ストレスに勝つホルモンのつくりかた」を読みました。その中に書かれていたスクエア・クリニックの本間龍介先生の体験談から副腎疲労の治療の仕方について感想を書いています。

不登校にも役立つ『「うつ?」と思ったら副腎疲労を疑いなさい』

慢性疲労症候群や線維筋痛症、不登校などにも関わっているとみられる副腎疲労。幸いにもメカニズムや治療法はある程度分かっており、自宅でできるセルフケアもあります。『「うつ?」と思ったら副腎疲労を疑いなさい 9割の医者が知らないストレス社会の新病』に基づいて、副腎疲労とはなにか、ほかの病気とどう関係しているのかを取り上げています。

もしかして低血糖症? 『図解でわかる最新栄養医学 「うつ」は食べ物が原因だった!』

慢性疲労症候群やその周辺の病気の治療を考える際、低血糖症という病気を見過ごすわけにはいきません。食習慣がうつ病や慢性疲労症候群を引き起こす場合があるのはなぜでしょうか。溝口徹先生の著書『図解でわかる最新栄養医学 「うつ」は食べ物が原因だった!』を紹介します。

脳科学が解明する「脳と疲労―慢性疲労とそのメカニズム」

脳科学の進歩によって、疲労についての常識は、一昔前と比べて、今、大きく変わろうとしています。渡辺恭良先生の著書「脳と疲労 ―慢性疲労とそのメカニズム―」から脳科学の観点から慢性疲労症候群の実態を箇条書きにしています。