「子どもたちの高次脳機能障害-理解と対応」に配慮する教え方

高次脳機能障害を抱えた子どもとコミュニケーションを図り、上手に教えるにはどうすればいいでしょうか。後天性脳損傷、特に軽度外傷性脳損傷について書かれた「子どもたちの高次脳機能障害―理解と対応」から、子どもひとりひとりに愛を注ぐということについて考えます。