だれに対して慢性疲労症候群(CFS)をカミングアウトすべきか―わかってもらうためのアドバイス

難病患者にとってカミングアウト、つまり自分が病気であることを明かすことは慎重に考えるべき問題です。慢性疲労症候群(CFS)の患者も例外ではありません。このエントリでは、だれにカミングアウトすべきか、またどうやってカミングアウトするか、という点を取り上げます

CFSについてわかりやすく説明するためにできること

慢性疲労症候群(CFS)の患者にとって、自分の症状を的確に説明するのはたいてい難しいものです。「CFS患者の会話の助け」のシリーズでは、そのようなコミュニケーションを改善する方法を探ります。第一回目は、「慢性疲労症候群」という病名には、会話の糸口を作りやすいという特徴があることを論じています。

病気の人にかけてはいけない3つの言葉

あなたの家族や友人には病気を抱えた方がいらっしゃいますか? きっとその方の力になりたいと思っておられることでしょう。しかし、何気ない言葉が、病気の人の心を傷つけてしまうことがあります

苦しんでいる人を思いやる3つの方法

苦しい状況にある家族や友人を思いやるのに役立つ3つの方法を解説しています。それは通り一辺倒のアドバイスをかけることではなく、注意深く耳を傾けること、自尊心を強めること、辛抱強くあることです。