脳は絶望的状況で空想の他者を創り出す―サードマン,イマジナリーフレンド,愛する故人との対話

絶望的状況でサードマンに導かれ奇跡の生還を遂げる人、孤独な環境でイマジナリーフレンドと出会い勇気を得る子ども、亡くなった愛する故人と想像上の対話をして慰めを得る家族…。これらの現象は、どれも同じメカニズムによって生じていると考えられています。危機に陥ったとき、なぜ脳は空想の他者を創り出すのか、という点を扱っています。

年をとったらイマジナリーフレンド(IF)は消えてしまうのか

大人のイマジナリーフレンド(IF)を持つ人の中にはずっと一緒にいたいと願う人もいます。イマジナリーフレンドは年をとると消えたり、いなくなったり、統合されたりしてしまうのでしょうか。「解離性障害―多重人格の理解と治療」にヒントがありました。

本当にいる空想の友だち「イマジナリーフレンドと生きるための存在証明」

イマジナリーフレンド(空想の友だち)という言葉を聞いたことがありますか? 通常は子どもが経験する現象ですが、中には大人になってからも経験する人たちがいます。この記事では、実際の体験記である「ここにいないと言わないで ―イマジナリーフレンドと生きるための存在証明―」を通して、その豊かな精神世界に迫ります。