本当にゲームが悪者なのか―発達障害の子がなりやすい「ゲーム依存」を考える

世界保保健機関(WHO)が、最近、「ゲーム障害」という概念を疾患カテゴリに含めようとしているというニュースがありました。 「ゲーム障害」を依存症に分類へ WHO、年次総会で採択予定:国際:中日新聞(CHUNICHI We …

難病や試練を乗り越える人の共通点は「統御感」ー「コップに水が半分もある」ではなく「蛇口はどこですか」

難病など極めて困難な試練から奇跡の生還を遂げる人たちは、共通の特徴「内的統制」を持っていることが明らかになってきました。「がんが自然に治る生き方」「奇跡の生還を科学する」などの本から、人生を自分でコントロールしているという感覚の大切さに迫ります。

意志力のないADHDの人が少しでも自己コントロールするための5つの科学的アドバイス

意志力・自己コントロール力・自制心の弱い人が誘惑に抵抗するにはどうすればよいのでしょうか。「WILLPOWER 意志力の科学」という本から「自我消耗」「ゼイガルニーク効果」「自己監視」「感情移入ギャップ」「もうどうでもいい!効果」などのキーワードをもとに5つのアドバイスをまとめてみました。

思い描くなら脳が変わる! 「最新脳科学でわかった五感の驚異」

マウンテンバイクでツアーを先導する盲目の人、顔に手を触れて話していることを理解する盲ろう者。人間に秘められた能力は驚くべきものものです。最近の研究によれば、それらの能力は決して特殊なものではなく、脳の比類のない適応能力である「可塑性」によることがわかってきました。書籍「最新脳科学でわかった 五感の驚異」から脳の可塑性について感動した点をまとめています。

ラダック王国の末裔に倣って『「時計遺伝子」の力をもっと活かす!』

インドのカシミール地方、ラダックの人たちに「幸せですか」と尋ねると「もちろん」という返事が返ってくるそうです。その秘訣は時計遺伝子の力を存分に活かした生活スタイルにあると言われています。大塚邦明先生の新刊『「時計遺伝子」の力をもっと活かす!: がん、うつ、メタボも防ぐ、体内の「見張り番」』は、文明の利器に囲まれたわたしたちが失ってしまった大切な点を思い起こさせてくれます。

人間だけが未来を思い描く 「スタンフォードの自分を変える教室」

人間だけが「未来」を思い描く能力を持っています。わたしたちはその能力を誤用して、やすやすと誘惑に陥ってしまうでしょうか。それとも、それをコントロールして、なりたい自分になることができるでしょうか。ベストセラー「スタンフォードの自分を変える教室」を紹介します。

目標を定めるーCFSのもとでも生き生きと過ごすために

慢性疲労症候群をはじめ、重い病気を抱える人にとっては、目標を持つことは難しく思えるかもしれません。それでも、時間と体力を割いて目標を定めておくことには価値があるといえるのはなぜでしょうか。自己成就予言や脳の可塑性といった観点から考えます。

カタクリの花に学ぶー粘り強く継続することの大切さ

カタクリの花は、「スプリング・エフェメラル」(春のはかないもの、春の妖精)と呼ばれ、独特なライフスタイルで知られています。カタクリのユニークな生き方を紹介し、そこから学べる、あきらめず、努力を続けることの大切さを書いています

あなたの目標を分析する8フレームアウトカム

新しい習慣を身につけたり、高い理想を追い求めたりする場合、目標を強固にすることは不可欠です。書籍心の動きが手にとるようにわかるNLP理論に紹介されている8フレームアウトカムは、目標をはっきりさせるすばらしいツールです。