遮光レンズをかけ始めて1年。いつもの景色が様変わりし、ふと見えた色に息を呑んだ

あまりの美しさにハッと息を呑む。

そんな経験は、そうそうあるものではありません。それが今日、黄葉した並木道を歩いていたとき、まさにそんな一瞬がありました。街路樹の中にひときわ鮮やかな真紅のカエデがあって、見間違いかと見直すほどに、えも言われぬ美しさに息を呑みました。

そのとき感じたのは、単に色が鮮やかだ、という感動ではありませんでした。芸術的なのです。カメラに撮った写真や、PCのスクリーンに映る色では絶対に出せないような、たぐいまれな芸術作品を見て感じるような美しさでした。ふと、オアハカ日誌のこんな話を思い出したほどです。

ジェームズ・ラブロックは自叙伝『ガイアへのオマージュ(Homage to Gaia)』のなかで、若いころに染色の見習いをして、コチニールカイガラムシからカルミンをつくったときの興奮ぶりを述べている。

…“あまりに強烈な真っ赤な色だったので、それまで頭のなかにあった色の感覚が、目から出ていってしまった気がした。

乾燥したカイガラムシを混じりけのないカルミンに変える作業に参加できたのは、なんと幸せなことか!

わたしは……魔法使いの弟子になった気分だった”(p154-155)

わたしもそのとき、あまりに鮮やかな紅に驚いて、今までこんな色を見たことなどない、と感じたくらいでした。それだけでなく、この並木道の黄葉のなんと美しいことか。おとぎ話のなかの魔法の国のように、あらゆる色の落葉が渦を巻いて降り注いでいました。

“遮光レンズをかけ始めて1年。いつもの景色が様変わりし、ふと見えた色に息を呑んだ” の続きを読む

光が眩しすぎるから創られた夜のとばりの鏡像世界(終)

わたしの光の感受性障害であるアーレンシンドローム、そして、その根底にあるとおぼしき、さまざまな感覚への感受性の強さであるHSP。

この一連の記事では、わたしが、そうした感受性の強さから逃れ、心身を休めるために、無意識のうちに自分だけの鏡像世界を創ってきたことについて書いてきました。それは、光のまぶしさから逃れるための陰のような夜の世界であったり、刺激の多さから心を休めるための安心できる空想世界だったりしました。

また、さまざまな感覚の感受性の強さが疲れやすい体質とも関わっていることに気づいたので、明るさや色を調光できる照明器具や、特定の波長の光をカットできるアーレンシンドロームの色つきメガネ、特定の波長の音を軽減できるカスタムイヤープラグなどを注文したことも書いてきました。

光が眩しすぎるから創られた夜のとばりの鏡像世界(4)
イヤープラグとアーレンメガネを作りに行った話と最近の考察

今回は、その一連のシリーズ記事の最終回。ついにアーレンメガネが届いて、実際に使ってみた感想を書きます。わたしのためにフィッティングされた、わたしだけの色のメガネを通して見たのは、わたしの知らない異世界の風景だったのでした。

“光が眩しすぎるから創られた夜のとばりの鏡像世界(終)” の続きを読む

光が眩しすぎるから創られた夜のとばりの鏡像世界(4)

わたしの生まれながらの光過敏と、それによって創られた人格や世界観をめぐる記事の第四回。

前回の第三回は、ちょっと難しい内容で、オリヴァー・サックスの本などを参考に、光過敏性とは何なのか、ということを考察しました。結論としては、おそらく光過敏をはじめとする過敏性とは、共感覚と表裏一体の関係にあるもので、創造性と関係しているのではないか、ということでした。

色にまつわる3つの物語を読んだ感想・考察

今回は、第二回で調光できる照明器具を買った体験談につづく内容で、難しい理論はいったん脇に置き、感覚過敏への具体的な対処のストーリーを書いていきます。

まずは、音過敏に対処するためにカスタムイヤープラグを買った話、次に、ついにアーレンレンズが届いた話、そして、そのレンズを持ってメガネ屋に加工してもらいに行って、そこで教えてもらったモアイレンズという偏光サングラスの話も少し。

そしてその後で、またちょっと難しい理論的な話として、最近読んでいる脳はいかに治癒をもたらすか 神経可塑性研究の最前線という本から得た興味深い考察をまとめておきたいと思います。

“光が眩しすぎるから創られた夜のとばりの鏡像世界(4)” の続きを読む

光が眩しすぎるから創られた夜のとばりの鏡像世界(3)

 アーレンシンドロームによる光の眩しさから逃れるために作られた夜の世界をテーマにしたシリーズ記事。

前回の第二回では、調光できるシーリングライトを買った結果、疲れにくくなって目の痛みからも解放されるなど、生活に劇的な変化が生じ、実はわたしは子どものころから薄暗い場所を求めてさまよっていたのだ、ということに気づいた経緯を書きました。

照明器具を暗くしたことで、トワイライトを求めていた自分に気づいた

今回の第三回は、アーレンシンドロームをより理解するのに役立つ3つの書籍の解説・感想を書いていこうと思います。

一冊目は、色のない島へ: 脳神経科医のミクロネシア探訪記 (ハヤカワ文庫 NF 426)。オリヴァー・サックスが、ミクロネシアにある、全色盲の人たちが多く住む島を訪問した探訪記です。

二冊目は火星の人類学者―脳神経科医と7人の奇妙な患者 (ハヤカワ文庫NF)。こちらもオリヴァー・サックスの本ですが、事故によって後天的に色盲になった画家の話が一章分を割いて扱われています。

第一回でちょっと触れましたが、これら先天性全色盲と後天性全色盲の人たちの特徴は、アーレンシンドロームの特徴とよく似ていて、無関係とは思えません。

色が見えない、という主要な症状はアーレンとは異なりますが、明るい光で苦痛を感じ、文字が読みづらく、暗い部屋や夜の環境で優れたパフォーマンスを発揮でき、しかも色付きサングラスが必需品という特徴は非常に似ていて、親近感を覚えずにはいられません。

三冊目は、市販の本ではなく、ネット上で公開されている共感覚エッセイノベル:エクストリーム極彩色。共感覚を持ち、アーレンシンドロームの当事者であるフリーライター千住のり子さんによるエッセイです。

前半は共感覚についての不思議なエピソード、そして終盤にはアーレンシンドロームの面接やフィッティングの体験談も書かれていて、わたしの場合と比較してみても、とても興味深い内容でした。

今回の記事では、これら三冊の内容を概観しつつ、アーレンシンドロームと似通っている部分や興味深い記述を引用して、わたしの体験と比較したり、感想をまじえたりしながら、明るい光から逃れた人たちがたどり着く独特の夜の世界について考察したいと思います。

“光が眩しすぎるから創られた夜のとばりの鏡像世界(3)” の続きを読む

光が眩しすぎるから創られた夜のとばりの鏡像世界(2)

光が強ければ、くっきりとした陰ができる。光がまぶしければ、それだけ暗い世界が慕わしくなる。そんなテーマのもとで、書き始めたアーレンシンドロームをめぐるシリーズ記事のセカンドシーズン。

第一回となった前回は、アーレンの当事者の集まりに行ったときの感想と、わたしの3つのBの難しさという心理的な感受性の強さについて書きました。そして、わたしにって夜の時間が、夢や芸術という心の避難所として機能していたことに触れました。

アーレンの当事者・専門家の集まりに参加して感じた夜の世界の役割

今回の第二回では、現実世界の文字通りの明るさを暗くするためにやってみたこと、照明器具の買い替えやパソコンの輝度を限界を超えて暗くしてみたことなどを書きます。

その結果またもや浮かび上がってきた、意外な発見がありました。じつはわたしは昔からアーレンのせいで暗い場所を求めてさまよっていたのではないか、そして、もしそれがなければ、全然違う性格になっていたのではないか。

今回は、昼と夜のはざま、薄明かりのトワイライトゾーンをめぐるお話です。

“光が眩しすぎるから創られた夜のとばりの鏡像世界(2)” の続きを読む

光が眩しすぎるから創られた夜のとばりの鏡像世界(1)

子どものころから、光がまぶしくて、まばたきが多くて、目が疲れてしょうがなかった。

そんな奇妙な明るさ過敏の症状を追いつづけた結果、わたしがたどりついたのは、アーレンシンドロームという光の感受性障害、そして生まれつき感受性の強い人を意味するHSP (Highly Sensitive Person)という概念でした。

アーレンシンドロームの専門家がいる筑波大学に行ってみて、面接やスクリーニングテスト、レンズのフィッティングなどを進めるうちに、わたしの過去のさまざまなピースがつながりはじめ、ひとつの糸に より合わさった様子は、明るさ過敏,目の疲れ,読書の苦労の正体を探りに筑波大学に行ってきた話という全五回の記事にまとめました。

幼少期からの明るさ過敏の原因を知るまでの苦労話

けれども、まだ、わたしとアーレンシンドロームとの関わりは始まったばかり。今後フィッティングしたレンズが届いたら、メガネに加工して日常生活の中で使ってみる必要がありますし、その中でいろいろと発見や進展もあるでしょう。

前回の一連の記事が、明るさやまぶしさなどの「光」についての考察だったとすれば、今回のシリーズ記事は、その反対の「夜」についての考察にしようと思います。

アーレンレンズが届けば、わたしの視界からは光が大幅にカットされ、暗がりに包まれることになるでしょう。ですから、文字通りの意味においても、「夜」はふさわしいテーマだと思います。

光が明るければ明るいほど、影もまた、くっきりと照らし出されます。まぶしい光に悩まされる人生は、裏を返せば、深い暗がりの中、夜の夢の中の安らぎを追い求める人生でもあるのです。

まず最初の この記事では、最近のアーレンシンドロームについての考察をきっかけにして、光がまぶしすぎたからこそ創られた、わたしの「夜のとばりの鏡像世界」へと話を広げていきたいと思います。

“光が眩しすぎるから創られた夜のとばりの鏡像世界(1)” の続きを読む