セブンスドラゴン3ストーリー感想「チャプター5」!部隊を3分割しての帝竜戦が盛り上がる!

第6真竜ヘイズの討伐を果たしたものの、第4真竜の出現によって、さらになる展開を迎えるストーリーの山場です。

チャプター5では、大量のドラゴンと戦います。部隊を三分割しての、FF6みたいな帝竜戦もあり。セブンスドラゴンの持ち味であるバトルがこれまでになく熱く燃え上がる、とても歯応えのあるシナリオでした。

前回のチャプター4の感想はこちらから

2015-10-18 04.54.55

スポンサーリンク

チャプター5「連理の楔」

チャプター5のストーリーに入る前に、いくつかクエストなどがあったので、それをこなしておきます。

2015-10-18 05.44.15  

クエストのうち、「創造は生命!」ではクリエイティブなゲーム開発者がアトランティスに行きたいということで連れて行ったらボス戦がありました。

2015-10-18 05.18.16

ヤバい、テキストで笑わせにくる(^_^;)

 2015-10-18 05.18.29

ドラゴン戦とはいえ、完全にネタイベントですよね(笑) こういうノリ大好きです(^^)。

2015-10-18 05.18.40

ゲーム開発者と未来のゲーム企画を守るため、13班が“深海の大魔神”?と激突!

2015-10-18 05.18.56

ぜんぜん“深海の大魔神”じゃない!(笑)

2015-10-18 05.25.05

サンダーブレスとか色々やってきますが、厳しい敵ではないはず。

2015-10-18 05.25.38

こうして13班の活躍で、新ゲーム、7th大魔神の企画が守られたのでした。…闇に葬られていたほうがよかった企画かも(笑)

別のクエスト「取材に協力してください」では、13班の各チームのリーダーが取材を受けることに。

2015-10-18 05.07.40 

それぞれ3人の選択肢を選んで、インタビューに答えるようになっています。こうやってオリジナルクリエイトしたキャラにスポットが当たるイベントは面白くていいですね。

2015-10-18 05.08.48  

それぞれ色々な選択肢がありまして妄想が膨らむ(笑)

2015-10-18 05.10.04

深くつっこむような描写もないので、オリキャラたちの設定を破壊せず、こうやって、想像の助けにしてくれるようなイベントは大歓迎です。

施設の改修のほうもいろいろと追加。

2015-10-18 04.56.57

Dzが限られているので、すべては今の時点では選べませんが、「新製品開発LV5」と「スキル開発LV2」は、次のボスに挑む前に優先して実行しておきたいところ。

特にスキル開発のほうは、大ダメージ技がたくさん解禁されるので、貯めていたスキルポイントをついに使う時が来ましたね。公式の職業紹介動画によるともう一段階上の「奥義」があるもの、通常スキルはこれで全部解禁っぽい?

2015-10-18 23.52.19

順番前後しますが、次のダンジョン攻略中に救助者も40人を超えて報酬がもらえました。

2015-10-18 23.52.26

今回は経験値アップアクセサリの上級バージョン。20人、30人のときはショボい報酬が続いていたので、これは嬉しいです!

そんなこんなで溜まっていたクエストとが改修工事を終わらせて、万全の状態で、次なる真竜への準備を整えます。

学都プロレマへ

第六真竜を倒した今、いよいよ、次の真竜を倒す新しいミッションのはじまり。

2015-10-18 05.01.10

前回第六真竜ヘイズを倒したとき、真竜化していたエメルちゃんが竜殺剣を奪って逃げたので、それを追いかけます。

2015-10-18 05.01.30

エメルちゃんは学都プロレマというところへ行ったとのこと。もともエメルちゃんはそこの出身でしたっけ。

2015-10-18 05.01.59

しかし、アニー社長、ジュリエッタさんは、もはやエメルちゃんは、「第四真竜ヒュプノス」だと断言して、討伐命令を下します。…なんとか助ける方法はないのかなぁ…(>﹏<)

2015-10-18 05.02.10

ブリジルトさんも、エメルちゃんを助ける方法はないのかと模索しますが…

2015-10-18 05.02.27 

サイラスさんは、もうほかに手はないと考えています。

2015-10-18 05.03.02

サイラスさんって普段はおちゃらけている変態なのに、ここぞというときにはいきなり真面目になるよね(笑)

2015-10-18 05.03.39

いっぽう、第六真竜の討伐も失敗したユウマさん。なんだか険しい雰囲気になっていて、13班は足手まといだと言わんばかりに、単独行動をとると言い張ります。なんだか思い詰めている様子…。エメルちゃんが真竜化した今、真竜に最も近いのはユウマさんですよね…。今だ現れていない第七神竜…。不安しかない(>﹏<)

 2015-10-18 05.27.00

今回の作戦には、竜斑病で倒れていたミオちゃんがナビゲーターとして全面参加。

2015-10-18 05.27.35

得意の演算能力を活かしてすごい作戦を立案します。なにがすごいのか、まったくわからないけど、きっとすごいんでしょう(^_^;)

2015-10-18 05.27.59

とても大変な仕事みたいですが、それを引き受けて覚悟を示します。

2015-10-18 05.28.51 

今回はミオちゃんとナガミミの二人がナビを務める大規模な作戦になるそう…。

2015-10-18 05.28.10

ここでもまたミオちゃんをくどく主人公(笑) いったいなぜそんなにこだわるの?(笑)

2015-10-18 05.28.23

ミオちゃんにたしなめられますが…。

2015-10-18 05.28.34

本気みたいです(笑) いったい何考えているのやら(^_^;) まぁ決戦前に雰囲気が和らぐのはいい感じですね。

学都プロレマ

そしてついに新マップ学都プロレマ。

2015-10-18 05.29.11

新マップといっても、残りドラゴン数はまだ半分以上ですね。このマップでようやく後半戦突入という感じかな? いよいよセブンスドラゴン3も半分を超えたあたりということでしょうか。今はレベル40過ぎだけどラスボス戦は70くらいになるのかな?

2015-10-18 05.46.03

学都プロレマは青いフロワロが咲き乱れる竜の巣窟。

2015-10-18 19.51.50

とんでもない数の竜反応があるみたい。ざっと50以上!

2015-10-18 19.52.14

ユウマさんは宣言通り、単独行動で行ってしまいます…。今回はお目付け役のヨリトモさんが怪我で動けないだけに心配(>﹏<) 今までヨリトモさんが、ユウマさんの暴走をすんでのところで止めてくれていましたもんね。ああー大丈夫かなー(>﹏<)。

ザコ敵は、スカイクラブ、ハニートラッパー、ラフレッシア、トワイライトウイング、サイヤード、シャドウワーム、カザンガメなど。どれもそんなに強くないです。ほぼステルスを使っていたのでザコ戦は、ボス戦前のセーブポイントでのエグゾーストゲージ溜めくらいしか戦っていません。

そういえば、初めてフロワロシードEXを倒せました(^^)

3パーティーで帝龍討伐

今回の戦術は、前から期待していた3パーティ分割です!!

ダンジョンをそれぞれ攻略し。3体の強敵に挑みます!

いよいよ学都プロレマを埋め尽くす無数の竜たちに挑みます。

2015-10-18 19.56.27

なんと帝竜クラスのドラゴンも複数発生しているとのこと。これまで一匹でも苦労していたというのに…(^_^;)

2015-10-18 19.56.35

2015-10-18 19.56.41

ついに、部隊を3つに分けての分散行動が来ました! FF6のラストダンジョンみたいな展開なので、すごく楽しみにしてたんですよね! これは嬉しいです。しかし同時にかなり厳しい戦いが待っている予感…。部隊を分けるということは、後衛によるブレイクなども使えないわけですしね。

2015-10-18 20.16.01

13班は9人のメンバーをそれぞれ分割して、3体の帝竜に挑みます。

ちなみに、それぞれ攻略中でも拠点に戻ることができるので、実際には、帝竜を倒すごとにパーティー編成すれば、多分、同じメンバーで3体撃破することも可能だと思います。どうしてもこのメンバーでしか勝てない、ということがあれば、そうするのも仕方ないかも(^_^;)

でも、せっかくの熱いシチュエーションなので、わたしは、それぞれ別メンバーで帝龍を倒すように頑張りました!

また、道中にはドラゴンがうようよしていますが、多分パーティー分割している状態では倒さないほうがいいのかな? パーティー分割していると経験値やスキルポイントがその3人だけにしか入らないのではないかと思うので、あとでパーティー合流後に倒しまくったほうがいいと考えました。

というわけで、3パーティーの分散行動中は、帝竜を倒すことだけに集中します。

インソムニア・オルタ戦

ボス戦のネタバレを含むのでクリックで展開

2015-10-18 20.16.42

まずは、サードパーティにしていた3人のターン。

2015-10-18 19.49.42

メンバーは、

■サムライ(単刀)
■メイジ
■エージェント

2015-10-18 18.24.41

主力となるのはメイジのメイジズコンセント→マナバレット。チャージの特大無属性攻撃で大ダメージを狙います。

サムライ(単刀)は不動居からのチャージ攻撃によるサブ火力。

エージェントは開幕ハック状態付与を狙うハックスティール、自動発動で全員が次ターン最速行動になるチーターマンで補助を担当します。

2015-10-18 20.24.25

進んだ先にいたのは、帝竜インソムニア・オルタ。過去作に登場した帝竜の亜種という扱いみたいですね。

即死攻撃をしてくるというので、準備をしておくよう言われます。全員デッドガード(即死50%off)装備で挑みます。

2015-10-18 20.25.40 

最初の帝竜戦。相手の攻撃は・・

死の予兆→死の宣告…全体即死
パワースラッシュ…単体強攻撃
大きく息を吸い込む…魔法攻撃・物理防御アップ
→エグゾーストブレス…全体攻撃&火傷喰らいつき…単体攻撃&回復
漆黒ブレス…全体攻撃&MANA消費2倍
クリスタルに闇の力が集まる…魔法攻撃アップ
牙に命を食らう力が宿る…ライフ1000回復

とこんな感じでした。かなり多彩なスキル(一部詳細違うかもしれません)

2ターン目にいきなり飛んでくる死の宣告がキツいです。装備なしだと全員即死はあたり前、デッドガード装備で、たまに全員生き残る感じ。(デッドガード2個装備で効果重複して100%ガードになるのかどうかは試すの忘れてたのでわかりません(^_^;)

かなり粘って攻撃するも、強化を解除するブレイクができないので、大きく息を吸い込むの後のエグゾーストブレスなど、防御するしかないです。しかも行動が早いので、次ターンに先制されてやられることもしばしば…。

長期戦になると不利だということがわかったので、短期決戦を挑むことに。

まず直前にある回復セーブポイントで、フィールドスキルのキラーズアトラクトを使って、ザコと闘いまくって、全員のエグゾーストゲージを満タンにしました。

そして開幕から大ダメージを狙います。

2015-10-18 21.10.20

メイジズコンセント→マナバレットで3000超えダメージ!!

2015-10-18 21.11.20

3ターン目にチーターマンが発動して先制が取れたので、相手に余裕を与えることなくとどめ!! 長短期決戦で決着がつきました。

2015-10-18 21.11.53

撃破レベルは44-47。ザコ戦でのエグゾーストゲージ溜めでちょっとレベルも上がっていました。

2015-10-18 21.12.23  

なんとか無事に一体目の帝竜を撃破。めちゃくちゃ強かったので、次の部隊が不安になります…(^_^;)

トリニトロ・オルタ戦

ボス戦のネタバレを含むのでクリックで展開

第二部隊は、セカンドパーティーの面々。

2015-10-18 19.49.55

■バニッシャー
■ゴッドハンド
■ルーンナイト

2015-10-18 18.23.01

主力はゴッドハンド。ジャブでG深度を付与して、ドリルクロウラーを叩き込みます。

バニッシャーは、基本はアサルトスピアで攻撃、余裕があればコメットスピアでジャンプ。

ルーンナイトはライフに余裕があればブレイブソード、余裕がなければドレインソード。オーラシールドで魔法防御アップなども。

2015-10-18 21.24.57

戦う帝竜は、トリニトロ・オルタ。

火傷注意とのことなので、バーンズカット(火傷100%オフ)・バーンズガード(火傷50%オフ)をつけて挑みます。

2015-10-18 21.49.04 

攻撃スキルは…

フレイムベーン…ランダム複数回攻撃&火傷
テイルブレード…全体攻撃
高速再生…数ターンリジェネ
ヒートチャージ→ヒートブレス…全体炎属性攻撃
ヒートボール…全体炎属性攻撃
体内フレア…物理・魔法の攻撃防御全アップ

そんなに攻撃は厳しくなく、さっきのインソムニア・オルタに比べると戦いやすい感じ。

…と思ったのですが、ライフが減ると使ってくるチート強化の体内フレアで、途端に攻撃力も防御力もすごく上がって太刀打ちできなくなります。

そこで今回はエグゾーストゲージを温存する手に出ました。あまり強くない序盤は普通に戦いつつ、ライフが半分を切ったあたりから、エグゾーストを使って一気に押し切る作戦!

2015-10-18 22.14.31

無事に撃破できましたが、MANAがギリギリでした。ここでMANA回復のターンとかが必要になってくると、その隙にやられたはず。この第二メンバーは超火力がいないだけに、18ターンもかかってしまい、かなり接戦でした。

2015-10-18 22.15.07

撃破レベルは44-48。

2015-10-18 22.15.35

なんとか二体目も撃破して…さぁ、いよいよ主人公の出番です。

ゼロ=ブルー・オルタ戦

ボス戦のネタバレを含むのでクリックで展開

最後は主人公たちファーストパーティのターン。

2015-10-18 22.17.07

メンバーは…

2015-10-18 19.49.28  

■サムライ(双剣)
■デュエリスト
■デュエリスト

2015-10-18 18.21.08

このパーティーの主力はもちろん主人公。不動居→大一文字で大ダメージのチャージ攻撃を狙います。

デュエリスト一人目はトラップ特化。鉄条網や火災旋風での反撃がメイン。

デュエリスト2人目はXバーン特化。炎カードを使いまくってメテオの威力を高めます。

2015-10-18 22.17.23

主人公たちが戦うのはゼロ=ブルー・オルタ。

2015-10-18 22.17.30

ブリザードや凍傷を使ってくるとのことで、フロストガードを装備して挑みます。

2015-10-18 22.23.33   

しっぽ攻撃…全体攻撃
フリーズブレス…全体氷属性攻撃
ブリザード…数ターン最速で氷属性全体攻撃
冷気圧縮…炎耐性&物理防御アップ
スリーブバイト…単体攻撃&眠り

主人公がいるので余裕かと思いきや、ゼロ=ブルー・オルタも強敵でした。

3ターン目くらいで、早々と冷気圧縮とブリザードを使ってくるのが脅威。冷気圧縮で弱点の炎攻撃が効きにくくなりますし、サムライ主力の大一文字のダメージも少なくなります。そしてブリザードが地味に痛い。

数ターンの間、最速で全体攻撃が追加されるんですが、前のターンでギリギリ生き延びても、回復より先にブリザードが先行してくるのでやられてしまいます。そしてブリザードを生き延びても、ゼロ=ブルー・オルタの二回攻撃が待っているわけで。

結局、冷気圧縮・ブリザードの効果が切れるまで、防御などでしのぎ、効果が切れたところで、再び不動居→大一文字を叩き込むことで倒しました。

2015-10-18 22.53.04

大一文字の超火力をうまく当てればいいだけなので、7ターンの短期決着でしたが、一人ブリザードの猛攻でやられてしまいました。

2015-10-18 22.53.29

撃破レベルは49-50。かなり苦戦してしまいました。

2015-10-18 22.54.38

そんなこんなで、やっと、3体の帝竜を撃破!! 全メンバーを使っての共闘はなかなか燃えましたね。どの帝竜もかなり強く、それぞれ別メンバーなこともあって、違う戦略が求められるので、すごくバトルが楽しかったです!! インソムニアは短期決戦、トリニトロはあえて温存しての長期戦、ゼロ=ブルーは相手の猛攻をしのいでからの短期決戦でした。

2015-10-18 22.54.31

そして再びパーティーが合流して、いよいよ第4神竜に挑みます!

…とその前に。

その他のドラゴンを狩りつくせ!

パーティーが合流して、全メンバーに経験値とスキルポイントが入るようになったはずなので、ここで、学都プロレマ全域のドラゴンを倒しまくります。

2015-10-18 22.58.12

ドラゴン討伐に挑むのはこの3人。全員がチャージ攻撃の超火力を持っているので、どんなドラゴンでも2ターンで決着がつくという方々。

つまり、背後からバックアタックで先制攻撃したら、相手に行動させずに倒すことも可能。ただし燃費は悪いので、移動中はステルスを使ってザコ戦回避し、頻繁にセーブポイントに戻って回復を繰り返します。

というわけで、以下、それぞれのドラゴンについて書きますが、短期決戦のため相手のデータはほとんど収集できていません(^_^;)

キリングドラグ戦

なんかすごく直球ネーミングなキリンさんドラゴン(笑) 頭が画面外に見切れてるし…(笑)

2015-10-18 19.53.24

バックキック…全体攻撃

ドラグサタナー戦

背後から先制できず、1ターン目の煉獄の炎によるMANA消費2倍のおかげで、一戦ごとに回復ポイントに向かわないといけなくなるというやっかいなドラゴン。

2015-10-18 20.11.39

煉獄の炎…全体攻撃&火傷&MANA消費2倍
地壊突き…単体攻撃

ドラゴライアーン戦

いつもの弱い飛行系虫ドラゴン。チャージ攻撃なしで1ターンで決着がつきます。

2015-10-18 21.22.22

つんざく羽音…単体混乱
風切羽…単体攻撃

フライドラゴニカ戦

虫系ドラゴン2匹め。ダウナーがちょっと厄介。

2015-10-18 21.19.13

風切羽…単体攻撃
ダウナービート…全体攻撃&MANA消費2倍

ブリザロス戦

氷属性のドラゴン。

2015-10-18 23.37.05

アイスキャノン…単体氷攻撃
転がり…単体物理攻撃

スタブドラグ戦

特に書くこともないドラゴン。

2015-10-18 23.41.42

噛みちぎり…単体攻撃
爪とぎ…物理攻撃力アップ

ミクロドラグ戦

弱いけど、素早くてスキルク封じをされると面倒なので、バックアタックからの1ターンキルがいいドラゴン。

2015-10-18 23.19.20

スキルクラッシュ…複数ランダム攻撃&スキル封じ
かじりつき…単体複数回攻撃

タワードラグ戦

ダンジョンの最後のほうの樹上にいるドラゴン。ジャンプという珍しい技を使ってきます。

2015-10-18 23.44.17

ジャンプ…2ターンの間無敵状態に
ベノムメテオ…ジャンプ中単体攻撃&毒
ベノムブレス…全体攻撃&毒

ジャンプされると、攻撃が当たらないどころか、ベノムメテオがけっこうダメージが大きくて強いです。

でも、近くにいた救助者からの情報で、ジャンプはバディ攻撃でブレイクできることが判明。

というより、バックアタックで先制して、ジャンプ前に倒してしまうことも可能です。

2015-10-18 23.49.26

全ドラゴンを倒すと、だいたいレベル50-54くらいになりました。

いよいよ第四真竜との対決です!

第四真竜ヒュプノス

そのころ…

2015-10-18 21.12.47

真竜化したエメルちゃんは、竜殺剣を手に他のドラゴンを倒してどんどん進んでいきます。

2015-10-18 21.13.02

そこへ現れた、例の謎の仮面の人物。

2015-10-18 21.13.10   

ずっと裏で暗躍していますが、いったい何者なのでしょうか…?

2015-10-18 22.16.37

そして単独行動していたユウマさんもエメルちゃんのところに到達。

2015-10-18 22.16.43

人間として竜を殺す、と言いますが、ユウマさんは果たして人間でいられるのか…。

2015-10-19 00.51.48

主人公たち13班も、エメルちゃんたちのところに到達!

そこでは…

2015-10-19 00.53.09

ユウマさんが竜殺剣を奪い取り、エメルちゃんにとどめをさそうとしていました。ところがその瞬間!

2015-10-19 00.53.21

2015-10-19 00.53.36

アイテルちゃんが割って入ります。アイテルちゃんはエメルちゃんの突き出した剣で胸を刺し貫かれてしまう…。

2015-10-19 00.54.01

憎しみに駆られた争いを終わらせるよう願うアイテルちゃん。

2015-10-19 00.54.19

アイテルちゃんはその願いとともに消えてしまいます…。

2015-10-19 00.54.45

悲しみと絶望にくれるエメルちゃんの体から、大量の青いフロワロが!

2015-10-19 00.55.06

ついに完全に真竜化してしまつたエメルちゃん。…いや、第四真竜ヒュプノス。

ヒュプノスはエメルちゃんとアイテルちゃんが背中合わせに剣で刺し貫かれているような異様な姿です。正直いって怖い…(^_^;)

ヒュプノスは、真竜とは何かについて話し始めます。

2015-10-19 00.55.13   

真竜とは進化の最終ポイント、種をすべる存在だと述べるヒュプノス。

2015-10-19 00.56.03

ヒュプノスにふっとばされて傷を負ったユウマさん。その言葉に思うところがある様子。

2015-10-19 00.55.50

しかしヒュプノスは、進化の頂点に達して喜んでいるようなこともなく、むしろ13班に憎しみを断ってもらうことを望みます。

2015-10-19 00.55.56

絶望から解放してくれるよう訴えるヒュプノス。まだエメルちゃんとアイテルちゃんの意識があるようです。

2015-10-19 00.56.41

2015-10-19 00.56.49

ついにエメルちゃんたちの悲しみと憎しみに終止符を打つ時が来ました!

第四真竜ヒュプノス戦

ボス戦のネタバレを含むのでクリックで展開

第四真竜との戦いが今始まります!

2015-10-19 00.57.21

バトルが始まった途端、鳥肌が立ちました。ここでその曲を持ってくるのか!!

アトランティス編のボーカル曲はウラニア女王の演説のところで使われて感動的でしたが、いつ使われるのかと思っていたエデン編のボーカル曲は、なんと第四真竜ヒュプノス戦のバトルBGM!! いやがおうでも盛り上がります!!

そしてヒュプノスのボイスは、エメルちゃんとアイテルちゃんの悲鳴! すごく痛々しくて、おぞましくて、この悲しい戦いを終わらせなければ!と感じます。

相手の攻撃は…

鬼縛り…全体混乱&麻痺
憎悪が払われ太刀に集まる…ライフ回復
→一の太刀…全員に各10回くらい攻撃

ほかにも多分いろいろあったのだと思いますが、確認できてないです(^_^;)

まず鬼縛りは、状態異常にかかるとバトルがなりたたなくなるので対策必須。全員にフィジカルガード・コンフュガードを装備しておくことで、かなりの程度防げます。完全に防げれば、相手の行動がひとつ無意味になるので、

一の太刀はかなり強力な全体攻撃なので、できればバディによる弱体化やバックアップターンによる味方強化がほしいところ。

なのですが…

2015-10-19 01.18.33

何回か挑戦したけれど、なかなか勝てず、帝竜戦で味をしめた方法を試すことに。エグゾーストゲージをためておいての短期決戦を狙います。

主人公のサムライ(双剣)は不動居→大一文字で、メイジはメイジズコンセント→マナバレットで大ダメージを狙います。

エージェントはアイテムによる回復役&チーターマンなどの補助発動を期待して入れました。

2015-10-19 01.20.25

次々と超大ダメージ攻撃を繰り出します。

2015-10-19 01.21.09

4ターン目で撃破!! つまり、チャージ攻撃2回分、2回の大一文字と2回のマナバレットを当てたことになりますね。それぞれ1回ずつエグゾーストが乗っています。

大ダメージばかり連発したら、バトルが楽しくない、と思う人もいるかもしれませんが、けっこうわたしは世界樹でもチャージ技が好きで。世界樹4では、ルーンマスター/モノノフという大砲を用意しておいて、大砲役がチャージしている間に、それを守り抜ければ勝ち確というスリルのあるパーティでした。

チャージ技ってリスクもある分、当たれば大きいので、ハラハラして楽しいですよね。単に強力なのではなくて、前準備が必要なのでバランブレイカーではないですし、むしろ戦術を考えてチャージ役を守る必要があるので、バトルの奥深さは失われていないと思います。

最後に「ありがとう13班…」とのエメルちゃんのボイスが流れて勝利!!

2015-10-19 01.21.50

レベルは51-56でした。

「全ての竜を狩り尽くせ」

2015-10-19 01.23.02

第四真竜ヒュプノスを倒した13班。主人公は竜殺剣でヒュプノスにとどめをさします。すると…

2015-10-19 01.23.32

ヒュプノスは最期にエメルちゃんの姿に戻って、理性を取り戻します。

2015-10-19 01.23.40

憎しみの感情にとらわれていたエメルちゃん。最期の最期に、憎しみから解放されたのでした…。

2015-10-19 01.23.45

長い苦闘の末に、ついに穏やかな気持ちを取り戻します。

2015-10-19 01.24.13

自分を守ろうとして消えていった妹アイテルちゃんに詫びるエメルちゃん。いつも自分を止めようとしてくれたアイテルちゃんの気持ちにようやく気づきます。

2015-10-19 01.24.20

気の遠くなるような時間を生きてきたエメルちゃん。その傍らには、いつもアイテルちゃんがいたのでした…。

2015-10-19 01.24.33

そこへ、消えてしまったかに思われていたアイテルちゃんが再び現れます。もはや人の姿さえ保っていないので、最期の輝きでしょうか…。

2015-10-19 01.24.47

二人は、竜を狩る者である、主人公たち13班に希望を託します。

2015-10-19 01.24.52

憎しみの連鎖を断ち切り、エメルちゃんのような悲しい運命を繰り返さないために…

2015-10-19 01.24.58

そして大切な人たちを竜の脅威から守りぬくために…

2015-10-19 01.25.13

「全ての竜を狩り尽くせ―」

最期にそう言い残して、果てしないときを生きてきた思念体の姉妹、エメルちゃんとアイテルちゃんは息を引き取るのでした…。

2015-10-19 01.25.57

悲しみと絶望の第四真竜との戦いもこれで終わり…。ボーカル入り戦闘BGMもあって、これでもかという悲壮さが襲ってくるボス戦だったと思います。こんなに心を揺さぶられるバトルは、今までいろいろRPGやってきたけど、経験がないですね。すごい山場でした。

2015-10-19 01.26.20

第四真竜ヒュプノスの検体、そして…

2015-10-19 01.26.26

第六真竜ヘイズの検体をゲット。

2015-10-19 01.29.08

これで第一真竜アイオト、第三真竜ニアラ、第四真竜ヒュプノス、大五真竜フォーマルハウト、第六真竜ヘイズの抗体が集まったことに。残りは第二真竜、そしていまだ姿を現さない第七真竜ですね。

第七真竜の正体はあまり言いたかないけど、多分この流れでいくと、あの人がこれから覚醒するんですよね。では第二神竜はいったいどこに…?

2015-10-19 01.26.39

第四真竜の撃破、そして学都プロレマのクリアとともに、ドラゴンの残りの数が、ついに100を切りました! いよいよセブンスドラゴン3のストーリーも終盤ですね!

交錯する思い

悲しみの戦いを乗り越えて、拠点のノーデンス本社に戻った13班。

ブリジルトさんたちエデンの人たちからもお礼を言われます。

2015-10-19 01.28.02

いっぽう、今回も真竜討伐に失敗したユウマさん…。

主人公をテラスに呼び出します。

2015-10-19 01.29.52

何やら思い詰めている感じのユウマさん。すごく不安です…。

2015-10-19 01.29.59

ヒュプノスは真竜は種の進化の極北だと言っていました。

2015-10-19 01.30.07

真竜を倒すという考えを変えたというユウマさん。

2015-10-19 01.30.35

真竜とはむしろ強者の称号だなどと言い出します。

2015-10-19 01.30.58

真竜たちの抗体をインストールして、強さをひたすらに追い求めるユウマさんの行く末。そこには人類最強の男ではなく、真竜への変化が待っていることを理解してしまったのかもしれません…。

2015-10-19 01.31.07 

それを否定しないユウマさん。もしそこにあるのが真竜への変化であれば、それを強者の義務として受け入れるとまでの覚悟を持っているようです。

というより、もはや真竜の抗体をたくさんインストールしてきたせいで、思考が真竜に乗っ取られているのかも…?

そして…

2015-10-19 01.35.46

ISDFではナグモ博士が竜斑病のワクチン開発に成功。しかし博士はあることに気づきます。

2015-10-19 01.36.00

竜斑病は普通の病ではないと言います。

2015-10-19 01.36.06

恣意的なものであり病と呼べるようなものでさえない。

2015-10-19 01.36.13

人類をふるいにかけるためのものだと言います。

2015-10-19 01.36.22

そういえば、主人公たちは、赤いフロワロの時点では平気だったし、青いフロワロでもちょっとダメージを受けるだけでしたね。ということは、竜斑病に よって人類をふるいにかけて、主人公たち13班のような、強力な存在、人類の域を超えた存在が出るよう促していた? そしてその先に存在するのは第七真竜 としての覚醒? ということになるのかな。

それだったら、ユウマさんではなく、主人公が第七真竜として覚醒してしまうこともあるんでしょうか…。

2015-10-19 01.37.19

そして、さらなる強者になろうとするユウマさんは、今回手に入れた第四真竜、第六真竜の抗体も自分のインストールしてくれと言います。ナグモ博士は反対しますが、もはやユウマさんを止めることはだれにもできません。でも、5体もの真竜をインストールしたら、それってもう新たなる真竜の誕生と言っても差し支えないのでは…。

2015-10-19 01.37.49

ノーデンス社では、ドラゴンクロニクルの解明を間近にして、アリー社長とジュリエッタさんが感慨深げに話していました。

2015-10-19 01.37.55

不可能とされたVDF計画もついに完成間際。

2015-10-19 01.38.01

アリー社長はいつもの軽い口調で楽観視していますが…。

2015-10-19 01.38.32

ジュリエッタさんは不安を隠せない様子。

2015-10-19 01.39.04

ジュリエッタさんは、最後の第二真竜の居場所を知らないんですね。

2015-10-19 01.39.11

しかしアリー社長は知っていると…。

いったいどこにいるんでしょうか。これまで過去、未来と探索してきたわけですが、過去でも未来でもない場所に第二真竜は息をひそめている? 物語はいよいよ佳境を迎えそうな予感です…。

ここまででチャプター5「連理の楔」は終了。ものすごくドラマチックに盛り上がる、バトルが非常に熱いチャプターでした。三パーティに分かれての帝竜討伐は特に燃えましたし、第七神竜戦のドラマチックな盛り上がりはすごかったですね。

今ま思えば、「連理の楔」っていうのは、あのエメルちゃんとアイテルちゃんの胸を貫いてつなげていた刃物のことだったんでしょうか。

そして次はチャプター5.1「覚悟と覚醒」

2015-10-19 01.35.19

チャプター5.1ということは、チャプター3.6みたいなつなぎの日常回みたいになるのかな? 

チャプター5.1の感想はこちらからどうぞ。

セブンスドラゴン3ストーリー感想「チャプター5.1」!嵐の前の静けさ…
セブンスドラゴン3のチャプター5.1「覚悟と覚醒」の感想

セブンスドラゴン3の総評は、こちらからどうぞ。

スポンサーリンク
投稿日2015.10.19
かてごりー: アトラス系ゲーム