セブンスドラゴン3ストーリー感想「チャプター6」!ついに明かされるセブンスドラゴンの意味!

いにストーリーも大詰めを迎える感じのセブンスドラゴン3。終盤に入って、ちょっとバトルが大味になってきてしまったのが残念ですが、ストーリーはものすごく盛り上がってきました。

チャプター6では、いよいよタイトル「セブンスドラゴン」の意味が解き明かされます。それてストーリーは怒涛のごとく、終わりへと進んでいきます。今の時点で早くも書いておきますが、ナナドラ3は、今年わたしがやったゲームの中でベスト1だと思います(^^)

前回のチャプター5.1の感想はこちらから

2015-10-20 00.49.01

今回のチャプター6もストーリーの感想を書いていこうと思いますが…注意点を。

未プレイの方がいましたら、今回以降の感想は絶対見ないで、自分でプレイしてほしいと思います。

特に、ナナドラ3面白そうだけど、どんな感じなのかな―と思ってこの記事を見ておられる方がいたら、面白さは保証しますので、ここから後の感想は見ないで、自分でプレイを初めてくださいね! 自分だけのキャラを作って冒険すればきっと楽しいと思います。

ネタバレとは別に、簡単なあらすじと感想も書いておきますので、流れだけ知りたい方は、ネタバレ部分を開かず、そちらだけ読んでください。

スポンサーリンク

チャプター6「此ノ花、咲ク刻」

いよいよ物語の最後に向けてみんなが動き出します。チャプター6のオープニングでは、今まで暗躍していたあの人物が、意外な人物と関わりがあったことが判明し、これまでの物語の意味が根底から覆れます。

今まで得た情報をすべて総合すれば、なるほど! とは気づきますが、時すでに遅し…。

ストーリーのネタバレを含むのでクリックで展開

 2015-10-20 00.50.41

いよいよ残る真竜の検体は第二真竜を残すのみ。アリー社長は何やらアテがあるようですが…。

2015-10-20 00.50.51

ジュリエッタさんは不安そうな様子、

2015-10-20 00.51.03

それに対してアリー社長は、13班のことを委ねます。

2015-10-20 00.51.07

戸惑うジュリエッタさん。どういうことなのか…。

そして、ナガミミちゃんとアリー社長の会話も。

2015-10-20 00.51.16

アリー社長に竜を狩る者の導き手として拾われたたナガミミちゃん。もう役割は終わってしまったとはどういうことでしょうか。

2015-10-20 00.51.35

ナガミミちゃんは表舞台から姿を消すようです。しかし…

2015-10-20 00.51.41

何やらアリー社長の企みを知っているようで、13班は思いどおりにいかないと言い捨てます。

さらに…

2015-10-20 00.51.56

だれもいなくなった会議室に、なんと、いつも裏で暗躍してた仮面の男が出現!! この人、アリー社長の知り合いだったの?? ということは、ということは…アリー社長が今回のことすべてを仕組んだ黒幕だった?? これにはすごく驚きました。まったく予期してなかった!

ユウマさんや主人公が、強さを極めれば真竜化するかもしれない、それはエメルちゃんがヒュプノスになったときにわかりましたが、ということはまだ現れていない第7真竜は…

2015-10-20 00.52.01

不敵に笑うアリー社長。

2015-10-20 00.52.08

我らの役目、つまり第七真竜の誕生ということなのでしょうか…?

まさかこんな展開になるとは…。物語のすべての要素がつながって、やっと意味が見えてきたという感じです。単なる王道RPGじゃなかったんですね。たとえていえば、ドラクエ7で、ラスボスの正体が明らかになったときみたいな…。いや、あのときはまだけっこう予測できていましたが、今回はまったく予想外でした。信じたくないという気持ちが働いているのかもしれませんけれど。

セブンスドラゴン

いよいよ破滅が迫る東京。フロワロが異常増殖します。これは第七真竜の誕生が迫っているということなのでしょうか。そしてついに「セブンスドラゴン」の真の意味が明かされます。

これまでの楽しかった日常、真竜と戦いながらも、どこか幸せを感じられた仲間たちとの時間が完全に破壊されてしまいます…。もはや取り返しがつきません(>﹏<)

ストーリーのネタバレを含むのでクリックで展開

次の朝、みんなが目覚めてみると、東京中が、フロワロに覆われていました。竜斑病がひどくなって、ノーデンスの人々もとても苦しそうです。

そして、アリー社長は、みんなをテラスに呼び出します。

2015-10-20 00.52.52

みんながアリー社長の説明を待ちます。

2015-10-20 00.53.07

最後の検体、つまり第二真竜の検体。それがここにあるとはつまり…。

2015-10-20 00.53.49

アリー社長の攻撃がみんなを襲います。

2015-10-20 00.54.24

なんと13班とミオちゃん意外、全員死んでしまう…。アトランティスのみんなも、エデンのみんなも…。そんな、まさか…。

2015-10-20 00.54.46

アリー社長が本当の名前を名乗ります。その正体は…

2015-10-20 00.54.52

第二真竜NDその人だったのです。…そうか、ノーデンスってNDのことだったのか…(>﹏<)

2015-10-20 00.55.31

歩くあとにフロワロを咲かせていく第二真竜ノーデンス。

2015-10-20 00.55.58

ついにここで、タイトルの「セブンスドラゴン」という言葉が出てきます。

2015-10-20 00.57.12

セブンスドラゴンの意味とは…

2015-10-20 00.57.17

竜を狩る者としてすべての竜を狩り尽くし、新たに竜の頂点に立って真竜化した存在、それがセブンスドラゴンだったのです。

2015-10-20 00.57.26

六体の真竜を倒して、第七真竜の襲撃に備えるだなんて、完全に建前だったんですね。本当の目的は、6体の真竜を倒して、7体目の真竜として覚醒する存在を作ること。それがユウマさんであり、13班であったと。セブンスエンカウントはその適正を見つけ出すための装置だったと。

2015-10-20 00.57.54

でも、なぜ第二真竜ノーデンスは、自分が殺されるとしてもなお第七真竜の覚醒を優先するのか。

2015-10-20 00.57.58

それはこの宇宙が新生するのを望んでいるからだそうです。主人公かユウマさんが第七真竜になれば新しい世界が生まれるらしい。

2015-10-20 00.58.07

ノーデンスは、自分を殺して、主人公が第七真竜となるよう促します。

2015-10-20 00.58.12

第二真竜の検体で、ドラゴンクロニクルは完成して、第七真竜が完成するのだといいます。そうか、ジュリエッタさんに、13班をよろしくと言っていたのはこのことだったんですね。

ついに明らかになった「セブンスドラゴン」の意味。過去作やってないんですが、過去作ではこの謎は明らかにされたのかな? もしかして、セブンスドラゴン3のこのシーン初出? すごく重要な意味があって、これまでの物語が根底から覆されるので、ぜひこのネタバレはプレイ後まで見ないでいただきたい。

二刀一刃の竜殺剣

そして…意外な人たちとの決戦がまだ待っていました。畳み掛けるように、これまでのイメージとか日常とかをどんどん破壊していきますね(^_^;)

ストーリーのネタバレを含むのでクリックで展開

そんな第二真竜の前に、現れた護衛の二人。

2015-10-20 00.58.40

「私の剣たち」?

2015-10-20 00.58.46

なんと、チカちゃんとリッカちゃん! まさか、こんなところでこの二人が出てくるなんて…!

2015-10-20 00.58.57

二人の正体は二刀一刃の竜殺剣なのだそうです。

2015-10-20 00.59.03

「コノハナサクヒメ」と「コノハナチルヒメ」。ノーデンスは、この二人に打ち勝って竜殺剣を手に入れるよう命じます。いや、まさか…。セブンスドラゴン3の紹介動画の解説も務めていたし、ナデシコのルリちゃんみたいなマスコットキャラだと思っていたのに…(>﹏<) デートイベントで、たとえどんな敵が現れても、って約束させられたのはこのことだったんですね(>﹏<)

2015-10-20 00.59.27

そしてチカちゃん、リッカちゃんとのバトルに突入…。戦いたくない(>﹏<)

2015-10-20 00.59.49

2人同時に相手をすることになり、即死攻撃なども持っているのでけっこう手強いです。

2015-10-20 01.02.22

この前解禁された奥義を初めて使ってみましたが… ちょっと強すぎじゃありませんか? (^_^;)

2015-10-20 01.03.19

一瞬で倒せてしまいました…。奥義を使わないで戦ってもみましたが、そうすると、けっこう歯応えのあるのあるバトルになります。たぶん奥義は初心者救済措置みたいな扱いかな? でも先にストーリーが気になって早く進めたいので、わたしは奥義も積極的に使っていこうと思います。

2015-10-20 01.03.42

撃破レベルは58-62でした。

2015-10-20 01.04.02

勝利した13班に対して、自分たちの心臓を竜殺剣に変えて、第二真竜を討つよう願うリッカちゃん。

2015-10-20 01.04.15

そんなことは絶対にできない、と言う13班。奥義ぶちかましておいていまさらですが…(^_^;) でも、この力があれば竜殺剣なしでも第二真竜に勝てるんじゃ…?

2015-10-20 01.04.24

でもそんな甘いことは言ってられないのがセブンスドラゴン3の終盤ストーリー。

2015-10-20 01.04.34

突如現れた異形の者が、チカちゃんと…

2015-10-20 01.04.39

リッカちゃんにとどめを刺します。ひどい…。

もちろんその正体は…

2015-10-20 01.04.54

完全に人間ではなくなったユウマさん。はじめて顔グラ公開ですが、もはや悪魔みたいな姿ですね…。こうなるとは思っていたけど…思っていたけど辛い(>﹏<) あの優しくて強いユウマさんはどこへ…。やっぱりユウマさんが第七真竜として覚醒してラスボスになるのか…。

2015-10-20 01.05.31

ユウマさんにとどめを刺されたチカちゃんとリッカちゃん。未来を13班に託します。

2015-10-20 01.05.52

息を引き取った二人は本来の姿、二刀一刃の竜殺剣に変化します。

2015-10-20 01.07.10

コノハナサクヒメ…

2015-10-20 01.07.16

そしてコノハナチルヒメを入手。二人とのデートイベントで、サムライの最強剣が入手できたのは、この伏線だったんですね。ああ…すべてがつながっていく…

このひどい仕打ちに対して、大胆にも抗議するミオちゃん。

2015-10-20 01.07.41

もはや強さと人類進化にしか関心のない二人に食ってかかります。

2015-10-20 01.08.10

13班もみんなも、一人ひとりの幸せのために闘ってきたのに…!

でも、言う相手が間違っています。相手はもはや人間の心を持たない、第二真竜ノーデンスと第七真竜覚醒を待つユウマさん。生意気なことを言って、無事でいられるはずがありません。ユウマさんはアクツ総司令をうるさいと言って殺したようにミオちゃんも殺そうとしますが…

2015-10-20 01.08.35

そこに割って入ったヨリトモさん(>﹏<)

2015-10-20 01.09.01

第二真竜は、場所を改めることにして、千鳥ケ淵へと行ってしまいます。ユウマさんもどこかへ消えてしまいました…。

2015-10-20 01.09.23

瀕死のヨリトモさんにすがりつくミオちゃん…。

2015-10-20 01.09.39

ミオちゃんはぜんぶ気づいていました。

2015-10-20 01.09.44

ヨリトモさんのことを決して忘れていませんでした。

2015-10-20 01.09.47

最後の最後に、ヨリトモさんのことをお父さんと呼びます。

2015-10-20 01.09.51

ヨリトモさん。死の間際に、娘との再会を果たすことができました。

2015-10-20 01.09.55

そしてミオちゃんを13班にたくして…。

2015-10-20 01.10.19

ヨリトモさんは息を引き取ります…。

どんどん絶望的な展開に追い込まれていきますね。今までが今までで、ほとんどだれも死なないストーリーだっただけに、ここからはこれでもか、というくらい辛い戦いが続きます…。これ、最後はどうなるんだろう…? まさかここまで絶望のどん底のまま、終わるとは思えないけれど…。でも13班はただひたすら前を見て進むしかありません。

ナグモ博士の秘策

だれもいなくなって、フロワロに侵蝕され、しずまりかえったノーデンス社内。もうかつてのような活気はどこにもありません。このまま第七真竜の覚醒を待って、人類は滅亡してしまうのでしょうか…。そこへ現れたのは…。

ストーリーのネタバレを含むのでクリックで展開

2015-10-20 01.10.40

ノーデンス社内もフロワロに汚染され、社員の人たちも、これまで救助してきた各時代の人たちも、そしてネコたちも、みんな死んでしまいました…。ひっそりと静まり返るノーデンス社内。ミオちゃんはワクチンのおかげでまだ無事なんですね。

2015-10-20 01.10.50

そこへ現れたナグモ博士。この人もワクチンを飲んでいたのだろうか。

ナグモ博士のせいでユウマさんがああなったともいえるんですが、あれはユウマさんの意思でもありましたしね。たとえユウマさんがいなくてもノーデンスの計画は進んでいたわけで。

2015-10-20 01.11.15

ナグモ博士は竜斑病の真実を明らかにします。

2015-10-20 01.11.33

竜斑病は、弱い人間を殺し、強い人間はさらなる強者へと成長させる、アリー社長、つまり第二真竜がもたらした試練だったのです。それに耐えたユウマさんと13班こそが、第二真竜が求める第七真竜へ進化する器だったんですね。

2015-10-20 01.11.52

それでも、そんな結末は認めたくないと言ってねばる13班。

2015-10-20 01.11.59

もちろんナグモ博士はそんなつもりはありません。

ナグモ博士、最初の登場のときは、あのユウマさんの生みの親だったし、顔グラが怖いしで、典型的なマッドサイエンティストかと思っていたんですが、そうじゃなかったんですね、ミオちゃんの優しいおじいちゃん、ユウマさんのことを大事に思っている良識ある科学者という感じでした。ならなおさら最後のDインストールは阻止してほしかったですが…(^_^;)

2015-10-20 01.12.57

ナグモ博士は、まだ生き残っていたジュリエッタさんを探し当てます。

2015-10-20 01.13.39

ジュリエッタさんは、人類進化のことは知っていましたが、アリー社長の正体も、真の目的も知らなかったようです。

2015-10-20 01.13.56

しかしそんなことよりも、今は協力してほしいと願う13班。

2015-10-20 01.14.33

ナグモ博士の秘策、それは…。

2015-10-20 01.14.39

これまでの目的どおり、6体の真竜を倒して、7番目の真竜を13班の手で討ち取るというものでした。

2015-10-20 01.14.49

さらに、宇宙の因果律も壊して、これまで失われてしまったすべてのものを取り戻せる可能性さえあるとのこと。

2015-10-20 01.14.53

心強い!! ここにきて希望が見えてきました。亡くなってしまったウラニア女王たちやエデンのみんな、そしてチカちゃんとリッカちゃん、ヨリトモさんも帰ってくるのでしょうか! もう一度あの幸せな日常を取り戻せるなら、13班は全力を尽くしますとも!

2015-10-20 01.14.59

そのためにはもちろん第二真竜の検体が必要。これまでの予定どおりですね。

13班は、6体目の真竜、アリー社長の討伐に向かいます。

ここにきて、少し希望が見えてきました。何もかもが失われるとしても13班の力で、すべてをひっくり返せるかもしれない…! 絶望的状況の中で、13班は最後の希望として、最終決戦に挑みます。

国会議事堂へ

いよいよ最後のダンジョン…? 国会議事堂へ挑みます。アトラスのゲームらしいダンジョンですね。

ついに、因縁のあの相手とも決着がつきます。すべての悲しみを背負って13班は最終決戦を目指して進んでいきます。もはや立ち止まることはできません。全力を尽くして、エンディングへと進んでいくだけです。それが幸せな結末か、それとも絶望の結末かはわからないですけれど。

ストーリーのネタバレを含むのでクリックで展開

2015-10-20 01.18.17

第二真竜が待っている千鳥ケ淵。そこへ行くには、国会議事堂の地下通路を通る必要がある、とのことで、新マップ国会議事堂。ドラゴンは36体。ということは残り40体はまだ別のところにいるということですね。

ダンジョンのリストも、あと下に二つ空いている様子。残りのダンジョンとドラゴンが、ストーリー中に終わるのか、それとも、エンディング後の世界なのかは、まだわからないですね…。

2015-10-20 01.18.41

特殊指定史跡国会議事堂。

過去にも何度かドラゴンとの決戦の舞台になっているそうで…セブンスドラゴン2020でも出てきたダンジョンなのかもしれませんね。もはやこの時代では史跡扱いなんですね。

このダンジョンで戦うドラゴンは…

2015-10-20 01.19.43

キルホーンドラグ。

2015-10-20 01.20.56

リトルドラグ。

2015-10-20 01.30.07

キャリオンドラグ。

2015-10-20 01.36.11

アイスモーフドラグ。

2015-10-20 01.39.08

デストロイドラグ。

2015-10-20 01.40.40

カノンドラグ。

2015-10-20 01.45.02

ゴールデンドラグ。

どのドラゴンも、もはや敵ではありません。バックアタックして、不動居→大一文字or十六手詰め、メイジズコンセント→マナバレットで一撃です。どのスキルも最大レベルまで上げてあります。

継戦能力を上げるために、LIFEボーナスとMANAボーナスも最大レベルまで上げてあります。MANAが消耗したら、セーブポイントか、大量に買い込んだマナ水などで、MANAを回復すれば、次々にドラゴンをほふっていけます。

正面から戦って先制できない場合でも、全員が大一文字と十六手詰めとマナバレットをチャージなしで放てば、だいたい1ターンで倒せます。装備はアクセサリでキラーバンドをつけておけば、クリティカル率がアップして、さらにダメージ上乗せです。

そうやってテンポよくドラゴンを倒していったので、それぞれのドラゴンの情報はまったくありません(^_^;)

そしていよいよダンジョンの最深部…。

2015-10-20 01.42.32

ユウマさんから通信が!

2015-10-20 01.42.44

ユウマさんと決着をつけることになるようです…。ついにこの時が来てしまったか…。

2015-10-20 01.52.54

ミオちゃんからも通信が。いよいよユウマさんが近いようです。もう人間じゃなくて「竜反応」なのですね。まだ真竜化はしていないようなので、さしづめ帝竜の反応といったところでしょうか。

国会議事堂の会議室。いよいよユウマさんと対面です。

2015-10-20 01.57.10

ユウマさんはずっと主人公のことが羨ましく、妬ましく、許せなかったといいます。

…もちろんそういう気持ちはあったんだろうけど、あの優しいユウマさんなら、それを乗り越えれたはず。今は元のユウマさんの心はどこにもなく、ドラゴンとしての憎しみや怒りしか残っていないのですね…。

2015-10-20 01.57.32

決着をつけようというユウマさん。

2015-10-20 01.57.34

どちらがより強いのか…。そういえば、セブンスドラゴン3の一番最初のインパクトは、体験版で帝竜を一撃で倒したユウマさんとの出会いでした。その帝竜は、13班がもう一度倒しました。

さすがに真竜ニアラを一撃で倒した今のユウマさんにはかなわないだろうけど…13班には仲間がいます。たった一人のユウマさんと9人からなる13班。悲しい戦いだけど、負けるつもりはありません。

2015-10-20 01.58.15

いよいよユウマさんとの対決!

2015-10-20 02.11.31

これまでのドラゴン戦と同じように…不動居→十六手詰め。

2015-10-20 02.11.59

不動居→大一文字。

2015-10-20 02.12.25

メイジズコンセント→マナバレットで、2ターン速攻で倒します。エグゾーストや奥義を使うまでもありませんでした。

…こんなにあっけないということはやっぱり…?

2015-10-20 02.12.50

撃破レベルは63-66

2015-10-20 02.13.26

もう一戦あるのかと思いきや…。瀕死になって倒れているユウマさん。

最強でない自分は、世界にとって不要な存在で、生まれてこないほうがよかったといいます。

2015-10-20 02.13.44

強くなくたっていいと言葉をかけるミオちゃん。

2015-10-20 02.14.04

主人公も、不要な人間なんていない、大事な仲間じゃないか、と言います。だって、13班だって、だれが一番強いか争ったりせず、チームとして、仲間として9人で協力して戦っているんですもんね。願わくば、ユウマさんにも、10人目の13班として一緒に戦ってほしかった…(>﹏<)

2015-10-20 02.14.17

最後の最後に存在理由を見つけたユウマさん…。

2015-10-20 02.14.23

主人公の名前を呼びます。一緒にテラスでお話ししたり、デートイベントしたりしたよね!  主人公の何気ない言葉にドギマギしてるユウマさんかわいかった…(笑) デートイベントでも、まったく慣れてない様子で、突然気温測ったり、水分補給してたりしましたよね(笑)

でも…最後には、デートしたり、ゆっくりした時間を過ごすことの意味だってわかってきた、って言ってたじゃないですか…。もう一度、そんな時間を一緒に過ごしましょうよ…。

2015-10-20 02.14.29

もしやりなおせるなら、きみと友だちになりたかった…。そう言って息絶えるユウマさん…(>﹏<) そうだよね。またいつもの優しいユウマさんとの日常を取り戻すためにも…、13班は負けられません。ナグモ博士の最後の秘策を必ず実現してみせる!

それにしても…てっきりユウマさんが第七真竜になってラスボスとして戦うと思っていたのですが、ここでユウマさん退場? いや、死んだように見せかけて、最後にまた第七真竜として覚醒して現れるのだろうか…? それとも…?

そのころ…

2015-10-20 02.14.56

ナグモ博士とジュリエッタさんの研究開発も佳境を迎えていました。

2015-10-20 02.15.00

ナグモ博士は孫のミオちゃんの未来のために全力を尽くします。こんなにカッコいい科学者だったんなんて…。ナグモ博士のことを誤解していました(^_^;)

2015-10-20 02.15.08

しかし、健闘むなしく、限界を迎えてしまうナグモ博士…。

2015-10-20 02.15.52

ミオちゃんをジュリエッタさんにたくして…。

2015-10-20 02.15.56

そして最後の秘策、シン・ドラゴンクロニクルをたくして…。

2015-10-20 02.16.13

ナグモ博士は息を引き取ってしまうのでした…。

2015-10-20 02.17.18

そしてミオちゃんの体にも限界が近づいている様子…。もう時間がありません。

NDとの対決!

すべてを失った主人公たち13班は、いよいよ決戦に挑みます。この物語のすべての元凶、そして東京を壊滅させ、あまたの人たちの命を奪い、幸せな日常を破壊したドラゴンとの決戦!

ストーリーのネタバレを含むのでクリックで展開

2015-10-20 02.17.36

ユウマさんを倒した13班に、ミオちゃんからコール。

2015-10-20 02.17.42

地下通路を進んだ先に、最後の敵、NDが待っているそうです。

2015-10-20 02.17.48

通路を歩く間、語りかけてくるミオちゃん。

2015-10-20 02.17.52

主人公とのセブンスエンカウントでの出会いについて話します。体験版の一番最初ですね。今となっては懐かしいです。セブンスエンカウントに入ろうかどうか迷っていたミオちゃんに、一緒に入ってと頼まれて、物語が始まったんでしたっけ。

2015-10-20 02.18.08

それからいろんなことがありました。時を超えて闘い、アトランティスとエデンに平和を取り戻しました。異なる時代の人たちが13班によってひとつに結ばれましたね。

2015-10-20 02.18.20

竜斑病が悪化して咳き込むミオちゃんに思わず立ち止まる主人公たち。でも立ち止まらないようミオちゃんは言います。走りだす主人公たち。

2015-10-20 02.18.28

ミオちゃんはずっと体が弱くて、毎日がしんどかったようです。そういえば、オペレーターとして誘われた時も、なかなか応じませんでしたよね。

2015-10-20 02.18.35

でも、居場所を見出したあとのミオちゃんの活躍はすごかったです。情報処理Sランクは伊達ではありません。

2015-10-20 02.18.41

主人公に感謝を告げるミオちゃん…。これって…この展開は…(>﹏<)

2015-10-20 02.18.47

楽しかったときのことを振り返るミオちゃん。ネコカフェでのデート、楽しかったですよね。

2015-10-20 02.18.57

アトランティスとエデンのみんなを呼んでのお茶会も楽しかった…!

2015-10-20 02.19.01

またパーティをするから、主人公にも来てほしいと言うミオちゃん。

2015-10-20 02.19.09

そっとうなずく主人公。その言葉を聞いたミオちゃんは最後に笑って…

2015-10-20 02.36.29

ミオちゃんも、眠りについてしまうのでした…。あああ…(>﹏<)

すべてを失った13班が辿り着いたのは…

2015-10-20 02.20.10

海上公園、千鳥ケ淵。この桃色のは桜でしょうか。

桜が咲き乱れる決戦の場というと、世界樹2の第四層を思い出しますね…。

2015-10-20 02.20.57

主人公たちを待っていた第二真竜ND。ゾッとするような美しさがありますね…。

2015-10-20 02.21.08

第七真竜として覚醒するため、自分を食らって先に進むよう命じる第二真竜。

2015-10-20 02.21.16

いよいよ第二真竜との決戦です。

2015-10-20 02.21.37-1

はたして、主人公は第七真竜となってしまうのか…それとも…?

2015-10-20 02.38.25

第二真竜は、ドラゴンとしての真の姿を現します。

2015-10-20 02.38.41

BGM聞いて驚きました。これって、今回のテーマソングの一つ、ですよね。まさか…まさかこんな場面で使われる曲だとは思わなかった。

「セブンスドラゴンIII code:VFD」挿入歌・東京テーマソング『Re:Vanishment feat. Annabel』

この曲をこの戦いに持ってくるなんで、すごく意外でしたし、びっくりしました。こんなに明るい日常的な曲だから…。でもそんな曲だからこそ、ここまで主人公たちが失ってきたもの、楽しい時間が思い出されて心が揺さぶられます…。

この盛り上がり、もしかして…これがラスボス戦!? 

考えてみれば、第七真竜になってラスボスかと思われたユウマさんはもう倒してしまいましたし、そもそも第七真竜の存在自体が、第二真竜の作り上げた妄想だったようなので…ということは、この第二真竜を倒せばエンディングなのかも…!?

いや、この第二真竜戦中にスタッフロールが流れだしてもおかしくないくらい、もう終わりだと感じさせる雰囲気。

第二真竜は1ターン目に物理防御力を上げてくるので…

2015-10-20 02.40.30

不動居で強化した単刀奥義の天地断ちも、あまりダメージを与えられず。

2015-10-20 02.41.05

続く主人公の双剣奥義、乱れ散々桜・双も…

2015-10-20 02.41.33

やはりあまりダメージを与えられず。

しかしまだこちらには魔力大砲のメイジが残っているんだから!

2015-10-20 02.42.52

メイジの奥義、ジエンドオブワールド!

2015-10-20 02.43.19

麻痺の追加効果も発動!

そして最後の一撃は…

2015-10-20 02.44.58

主人公の大一文字! ついに第二真竜にとどめを刺したのでした…。

2015-10-20 02.45.31

撃破レベルは63-67でした。

そして、主人公は、手に二刀一刃の竜殺剣、コノハナチルヒメとコノハナサクヒメを取り出します。チカちゃん、リッカちゃん…。二人との約束を果たすときが来ました…!

2015-10-20 02.47.00

両手に竜殺剣を手にして、第二真竜にとどめを刺す主人公! このシーンのためだけでも、主人公を双剣サムライにしてよかったと思いました。すごく合ってるし盛り上がる!

2015-10-20 02.47.37

敗れた第二真竜。13班に心臓を差し出します…。

2015-10-20 02.47.47

最後の真竜検体を手に入れました。これでナグモ博士の最後の計画が実行できる…! って、あれっ? やっぱりあの計画のことを考えると、まだ最後にラスボスとして第七真竜がいるのかな? 確かナグモ博士は、シン・ドラゴンクロニクルで、第七真竜を討つと言ってましたね。

2015-10-20 02.48.05

第二真竜ノーデンスは、第七真竜の誕生と、自分の計画の成功を確信して消えていきました…。主人公はノーデンスの望み通り、第七真竜となってしまうのか…。

2015-10-20 02.50.11

第二真竜の検体を持ち帰った13班。そこには、最後の生存者として、ジュリエッタさんが待っていました。

2015-10-20 02.50.18

ジュリエッタさんは、第二真竜の検体を使って、シン・ドラゴンクロニクルを完成させます。

2015-10-20 02.50.30

シン・ドラゴンクロニクルは、アリー社長のドラゴン・クロニクルとはまったく異質の存在であるようです。

2015-10-20 02.50.54

ついに語られるシン・ドラゴンクロニクルの詳細。

2015-10-20 02.51.14

2015-10-20 02.51.18

ここまでは、従来のドラゴンクロニクル計画と同じだそうです。しかしシン・ドラゴンクロニクルの真価はここから。

2015-10-20 02.51.22

2015-10-20 02.51.31

2015-10-20 02.51.45

最後の敵は、主人公と統合しきれなかった第七真竜VFD! やはり第七真竜がラスボスだったんですね! 次がいよいよ本当に最後の戦いなのでしょう。主人公たち13班に希望を託して、ジュリエッタさんさんも息を引き取ります。これで、この地球上に、生きている人間は13班だけになってしまいました…。

2015-10-20 02.52.28

いよいよ発動したシン・ドラゴンクロニクル…!

その先にいたのは…

2015-10-20 02.53.00

この声は…??

2015-10-20 02.53.15

ナガミミちゃん!?

2015-10-20 02.54.36

一瞬、ナガミミちゃんがラスボスなのかと思ったんですが、どうもそうではなく、最後まで味方でいてくれる様子。そういえばデートイベントで、最後までナビを務めると約束してくれていましたね。ミオちゃんもいなくなってしまった最後の戦い。ナガミミちゃんがサポートしてくれるようです。

もう失うものは何もありません。ラストダンジョンへと挑みます!

 

というわけで、ここまでのところで、チャプター6は終了。

いよいよ最終チャプターと思われる、7番目のチャプター、チャプター7「深淵138×10^8」が始まりました。タイトルの意味はよくわかりませんが、英語のサブタイトルはThe 7th Dragonとなっているので、おそらく最終章でしょう。

2015-10-20 02.55.25

残りドラゴン40体。いよいよ最後の戦いです!

「チャプター7」の感想はこちらからどうぞ。

セブンスドラゴン3ストーリー感想「チャプター7」 ついにラストバトル!!
セブンスドラゴン3のチャプター7「深淵138×10^8」の感想。

セブンスドラゴン3の総評は、こちらからどうぞ。

スポンサーリンク

かてごりー: アトラス系ゲーム