Switchとゼルダの伝説ブレスオブザワイルドの感想置き場(仮)


記事にまとめる時間がとれないので、twitterのつぶやきをそのまま載せた感想メモです。時間のあるときに徐々に整理していきます。

絶望的状況で迎えたSwitch発売

発売前、Switchの予約戦争がどうのこうのと言われていたとき、予約開始時刻にスタンバっていて、真っ先に本体予約しました。

…のははいいけど、あまりに忙しくて、気づいたら発売週になってたという…。もう3月か…。 Switchあさってには発売なんてどうなってるんだろう?? 3月末に引っ越し終わるまで、ソフト買う余裕ないかも…(;一_一) ああああ… Switchまでに世界樹とポケモンクリアするつもりが、全然できなかった…世界樹はラスボス扉前、ミートピアはエンディングで止まってるし。…という絶望的状況で発売日を迎えることに。

そんなとき、流れてきた記事がこちら。

まず2Dゲームで開発、社員300人で1週間遊ぶ!? 新作ゼルダ、任天堂の驚愕の開発手法に迫る。「時オカ」企画書も公開! 【ゲームの企画書:任天堂・青沼英二×スクエニ・藤澤仁】

濃密でめちゃ面白いインタビューでした! 裏で操っていたのは、「からくり人形師あおぬま」だったのか… 知らなんだ…

そして、「週間で300人にただゲームを遊ぶ稼働をさせて「時間を省略できた」と言い切れる会社が日本に、いや世界中にどれだけあるのか」 というのを読んで、これこそ今のゆきざうるすに必要な言葉じゃな、とビビッと直感!!

目先のやることにとらわれてメタスコア98たたきだしたゲームを今しなかったら、人生全体に損失が響くはず。 特にそれがしみたいな発想力が命綱の仕事やってる人にはね。そのためにも、明日だけは目の前のことに集中して取り急ぎの仕事を片づけてしまおう…!

ということで、ゼルダをプライムで予約して、届き次第プレイ始めることにしました(^^) こうして、ギリギリでお祭りに乗ることに決定!!

ほかのゲームも買うかどうか迷ってたんですが…

【Nintendo Switch 5週連続インタビュー(5)】「マリオカート8 デラックス」編。“超お買い得”かつNintendo Switchのベンチマーク的な作品に –

あー…ジョイコンでハンドル操作の精度アップしてると聞いてがぜん買いたくなってきてしまった(笑)

Switch届いた!!

さてと…♪

なんとか時間をやりくりして、Switch到着を出迎えることに成功。

うわっ!! 本体ちっさ!! ういゆより小さいとは知ってたけど、本体だけならねう3DSLLとほぼ同じサイズやん!! 最初はほんと、ハコのサイズの小ささにも、本体の小ささにもびっくりしました。あのWiiUのでっかりカマボコみたいな本体なんだったんだ…。

じつは、来々週に引っ越しを予定しているハードスケジュールで、しかも引っ越すまでモニタないんで、本体とジョイコンと電源ケーブルだけ取り出しました。 あとのは引っ越し後まで放置! というか、モニタなくてもプレイできるSwitchとゼルダ、ほんと優秀すぎて信じられないくらい嬉しい。

電源をつけて、初期設定すると、安定の本体更新待ち…。これはWiiUのときを思い出す…だけど、WiiUよりはるかに早い更新でサクサクでした!!

満を持しての合体変形ハードということで、ジョイコン取りつけ取り外しもやってみたけど、慣れてないからちょっと手間取りました。背部ボタン押しながらシュッと外すのがやりにくいんだけど、PV見る限りはサクッとやってたので、慣れる楽そうだ。 なんか任天堂のゲームらしからぬスタイリッシュさを感じる本体デザインとOSで、制作陣の世代交代を実感しました。

初期設定のところで引っかかったのは、どうやって、ゆきざうるすのMiiを持ってくればいいのかわからん…ということ。 これってもしかしてアミーボもってないと、いちから作るしかないの? ネットで解説を見ても、どうやらそんな感じ。マイニンテンドーのMiiを同期してくれるだけでいいんだけど…アミーボを買わせる戦略なんだろうか…。といいながら、自分で改めてMiiを作り直して、登録したら、そんなに時間かかりませんでした(笑)

フレンド申請、ミートモ組にはぜんぶ送ったからよっろしっくねー♪ ということで、晴れてSwitchデビュー!!

Switchは、ホーム画面がすごくシンプルに整理されていて、ゲーム以外のことは徹底的に省きました!という感じ。3DSのカメラと音楽プレーヤーとか、WiiUのカラオケなどの、なんでもできる系路線とは真逆を突いてきましたね。個人的にはシンプル好きだから、好印象。

そのぶん、ひとつひとつの機能には、すごくこだわりがあって、アイコンはどれも起動音のSEが違うというこまやかさ。フレンドリスト出す時の「ヤッホー♪」「ヤッホー♪」みたいな感じのSEが癖になる(笑)

あと、今まで読む気がなく大量にたまってたお知らせがゲームニュースになって、もっと見やすいデザインで配信されていて、ちょうど任天堂公式サイトのトピックスみたいな体裁と文体で、書かれているのがすごく良い。どのニュースも、とりあえず一回読んでみたくなる、記事として面白い内容なんですよね。

特に、説明書が同梱されていない代わりに、ゲームニュースで本体機能の使い方を面白おかしく説明してくれてるのはすばらしい。今どき難解で面白みのない説明書なんて誰も読まないし、ストレスでしかないと思うんですが、それをこうやって楽しいコンテンツの一部に落とし込んだところに、任天堂のクリエイティブの真髄を見ました。これだけで、あっ、もう任天堂は大丈夫だわ!!と確信できたくらい。闇の時代は抜けた!!

ゼルダBotW起動

さてと、ゼルダ起動…なんだけど、なんかSwitchのゲームソフトのパッケージのフィルム、開封しにくくなってない? 3DSとWiiUで改善された切れ込みなくなってる…あれ便利だったんだけど…と言いつつ、仕方なくハサミでパッケージ開封。

開けたら ちっさすぎてびっくりした!! こんなでっかいパッケージいらんやん!! Amazonの梱包的な。

※ゲームカードに苦味成分含有というのがウワサになってますが、ゆきざうるすはゲームカードをなめたりしません。

ゼルダ起動して、オープニング放置して味わおうかと思ってたらいきなりゲームはじまってびっくりしました(笑)青沼さんが発売前に言ってたの、このことかー! 確かに、時オカ以降の、オープニングのめんどくささが徹底的に解消されている。Switchもゼルダも、システムデザインからアタリマエを見直してるのがすごい。これをやれる企業がいま世界にどれだけあるのか。

プレイではさっそく、ジョイコン分離させてのスタンド立てプレイを試してみました。WiiUではVCでしかできなかったスタンド置きでのリモヌン持ちプレイが快適ー♪ ただ、スタンド置き状態では充電端子が使えないのが謎。まあWiiUは充電台に置かないとそもそも立てられなかったので、単独で自立させられるSwitchはよっぽど有能なんですが。今回も充電台を買えということか…。

とりうえず、最初にオプションをいじる。画面表示のノーマル、プロってなによ?? プロ?? 戦闘のブロ…?? いやプロコンのこと?? まだレベルが高すぎて、理解できない項目のようだ。

ハイラルの大地に出たとこすぐのガケから飛び降りたくなったけど、まだパラセイルないよね(笑) たぶん落下すると、ゼノブレイドみたいに死にそう(^_^;)

ということで、最初のほこらでてすぐ、降りる代わりに背後の山に登ってみた!! 雪山になって寒さに耐えられないとかで死んだ!!!

仕方なく山を下りていくと、じいちゃんの焼きリンゴ勝手に拾って怒られた!! なんか話ながくなりそうだから、さようならって言ったら「まちなされ」って迫ってきた!!

このじいさんまさか… いやよそう、ワシの勝手な推測でみんなを混乱させたくない…

じいさんにたいまつで切りかかったら、「やめんか!」っておこられた!!

ところで、Switchは超手軽に画面写真撮れる、待ち望んでやまなかった機能があるので、早速写真撮りまくってたんですが、加工して文字入れて、SNSにも投稿できるとのことで、試しに投稿してみた。

文字入れが、せめてミートモくらい自由なデコレーションやフォント選びができたらいいんだけど、それは、今後の機能追加待ちかなー。現時点ではちょっと使いにくい。

それから、とりあえずそこら一帯を野焼きしてみた。野焼きできるオープンワールドゲームはゼルダがはじめてとか言われてたけど、ほんとすごいなあー。鳥のさえずりの環境音も自然だし、敵が近づいてきたら、カメラ向けてなくてもちょっとした音の変化で気付けるとか。世界が生きている感じがする。「オープンエアー」を名乗るのはダテじゃないよね。

PVで見てやりたかったお約束?の時の神殿クライミングしたら落下死した!! てっぺんまで登ったら…なるほどなるほどこんなご褒美要素が。帰りにまた落下死したけど、入手したアイテムとかはセーブされてるのね。親切設計。

それにしてもやっぱりすごいなー、ボコブリンと戦ってみて、高台から口笛で敵をひきつけておいて、坂を登ってくるところを、自分はガケ飛び降りて敵陣突破で裏をかくとかいう駆け引きが自然にできるなんて。こんな自然な戦略を試せるゲームが未だかつてあっただろうか。ゲームだということを忘れてしまうほど現実的だ。

最初のほこらに突入。マグネットパワー! オン!! の鋼鉄ジーグめちゃくちゃ楽しい(笑) PVで見てたときは、なんか近未来っぽくてゼルダらしくないように見えてたけど、このマインクラフトみたいなアイテムすごく使いやすいし、操作感がいいから色々と試せて、謎解きの幅が広がるのがよくわかる。触ってて気持ちがいい。マグネットパワーで水中に沈んだお宝サルベージができるのも楽しい。

山登りが楽しすぎて、崖があると、とりあえず登ってしまう。まさかそそりたつガケをロッククライミングしながらきのこ狩りするなんてね…。断崖絶壁に謎のキノコがたくさん生えてるんですよ(笑)

そうこうしているうちに…やったー!! 四つめのほこらクリアだ―。どのアイテムも楽しすぎる。そしてあのじいちゃんの正体はやっぱり… ごにょごにょ。

外の世界の放浪の旅へ

「力の試練 中位」ってところにたどり着いた。無理ゲー!(~o~)

何が無理って、敵の体力が高すぎて、手持ちの武器全部動員しても、全破損するまでに、1/3くらいしか体力ゲージ削れないという。攻撃避けて回復料理も万全でも、攻撃手段がなくなって詰む。

あっ、今ごろ気づいたけど、ほこらってクリアしなくても入ったらワープ解禁なるのか。 これは無理ゲーだから後回しにしようっと(^_^;)

武器が壊れても、段数無制限のデジタルバクダン投げ続けるという選択肢もあるかなーと思ったけど、回転アタックを避け続ける自信ないのでやっぱり無理。

ほんとゼルダBotWはすごい。なにがすごいって、「ゲームって楽しいけどめんどくさい部分もあるよね」という暗黙の了解を微塵も感じさせないほど、すべての要素が快適にまとまっていること。こんなすごいゲーム見たことない。ゼノブレイドの探索と、マリオのアクションと、世界樹のマッピングと、その他いろんなゲームのいいとこ取りして不満点なく融合させたみたいな奇跡的なゲーム。時オカはリアルタイムでプレイできなかったけど、今回は歴史の1ページに立ち会えて幸せだと思える。

[GDC 2017]新作「ゼルダの伝説」のアートチームが目指した“嘘のつきやすい絵作り”とは

フォトリアルだったらあのお花畑イベントとかありえないですもんね(笑)

さっきのとこ、近くのボコブリンから武器を奪うといいらしい。ボコブリンの集落、わたしもバクダン遠投しまくって攻略したけど、武器も宝箱もめちゃしょぼかったんですが…(笑) なぜだー??

倒しましたー! 攻撃力uo料理でごり押し(笑) すごい武器と盾落としてくれてびっくり(笑)攻撃upとハート最大値up料理でごり押し(笑)

砦のボコブリン再度行ってみたら、最初、騎士の剣落としたんですが、ゲームオーバーなってリトライしたら何度やっても持ってませんでした…。謎です…(^_^;)

ちなみにうつわは全部がんばりの方をもらってるのでハートはまだ3つのままです…(^_^;)ハート不足はあんまり切実じゃないけど、がんぱりゲージは探索の楽しさとか行動範囲の広さに直結するから、そっちの強化を優先しちゃうんですよねー。体力ゲージ上げたらヒマラヤ級高山地帯も探索しまくれますよ。ほんとに最初から、やり方考えたら全部どこにでもいけるのがすごい。ゼノブレイドの探索のメガシンカみたいな感じ。

ジョイコングリップ持ちやすくて感動したけど、なんで携帯モードのときもグリップつけられるようにしてくれんかったん…

はじめ中ボスと出会ったー!! マップ上にこんなのいるんだ!! でかい!!

しかも一撃でやられるし…(^_^;) ヒノックスって、発売前のデモにあったイワロックとかと同じたぐいか。 ごり押したら勝てるだろうけど、後回しに。

とか言ってたらイワロックとも出会ったし!!(笑) こんなところにいたのか!

ひたすら登山してたんだけど、このゲームでも行けない場所あるんだ(笑)

ゲルド高地なう。防寒具もなく無理やり突入して、ほこらかタワー起動したら帰ろうと思ってたら、なんにもなくて遭難中。

即、撤退しました。

とりえずタワー全部起動した。

最後の一個が全然見つからなくて、氷点下のゲルド高知県を延々とさまよって遭難事故なるかと思った。ゲルド高知の最果てにほこらみつけたときはべったら漬けでした。

それにしても、山登りほんと楽しいね、このゲーム。このゲームでゼルダはじめた人は、ゼルダって謎解きじゃなくて山登りのゲームだと思うくらいに楽しすぎる。

そして、気づいたんだけど、このゲームのサウンドの演出の仕方、フォーエバーブルー海の呼び声と超そっくりですね。ポイント到達でモチーフが流れるとことかまで。 どこでも行ける自由さとか、コンセプトも似てるし、雰囲気作りとして、FEBの経験を生かしたスタッフがいたんじゃなかろうか。なんでこんなにブレスオブザワイルド楽しいんだろって思ったら、一番好きなゲームであるFEBと構造がめっさ似てるんだもの。海潜ってるか、山登ってるかの違いだけで。そりゃ楽しくないはずがない。 この技術でFEBも新作作ってくれたらなー…

飯テロゲー! 料理作りすぎて料理ポーチ満杯に…(笑)

なんかね、ゼルダで料理してると、材料に魚入ってないのに焼き魚系列の料理になることがけっこうあって、どっから魚出てきたのって笑える。

ちなみにまだハート3つでがんばりゲージに全振り(現在初期値の二倍)だけど、がんばりゲージ増えるとできることが多くなって楽しい。 タワーからの滑空距離が伸びる、高すぎる塔でも登りきれる、難所も裏ルートから登ってゴリ押しできる。 ハートは、最大値アップ料理とか多いから気にならない。

すぐスタミナが切れる。そんなあなたに、がんばりゲージ全振りハート3つ縛りの旅のススメ。 がんばりゲージ初期値の二倍半くらいまで上げるとけっこう快適ですよ。たまに一撃で殺られる以外は。

ワンダと巨像って握力ゲージ最大になったら、とんでもない裏ルートに登山して行けたりしたけど、あれとよく似てる。そしてフォーエバーブルーで、酸素ゲージ最大になって深海探索でダイオウイカツアーするのともよく似ている。

これって何ヵ所かあるのかな。前のとは別のやつ。どっちも遭難しかけて見つけたのは同じだけど。

どうでもいいけど→ウズベキスタン 底知れない洞窟へ | ナショナルジオグラフィック日本版サイト 

「世界一深い洞窟を探して、中央アジアの険しい山岳地帯へ。ロッククライミングの末にようやくたどり着いた洞窟は、地下のどこまで続いているのか」 ゼルダだわ…

なんかいろいろ珍しい武器がたまつて、もったいなくて使えない(-_-;)

とこ言ってたら、すぐ近くの敵から攻撃力45のバットとか手に入れれたから、あんまり珍しがらなくてもいいのかも。というかハート3つしかないせいで、一撃くらうとゲームオーバーなるんだけど(^_^;)そのへんのザコが攻撃力52の剣で襲い掛かってくる(^_^;)

当たらなければなんということはないけど、当たったら即死なので、ザコを一体倒すごとにセーブしてるという…。 そうか、ハート3つ縛りの音速の貴婦人はいつもこんな戦場にいたのか…。

なんでそのへんのザコがこんなので襲ってくるの!?

これでハズレとか難しすぎる。50回くらいやってできなくて、唯一後回しにしてるところです(;一_一)

 

雨が降って登山できなーい!!!!  しかも雷鳴って鉄の武器防具がピリピリ言い出すし…(笑) なんか昨夜、寝る時リアルで雷鳴ってたんですけど、ゲームやってないのに、「あっ、防具外さなきゃ!」って一瞬思いました(^_^;)

ハテノ村まだ行ってません(笑) カカリコ村までは行ったんですが、そこからストーリーそっちのけで世界中を旅してます(笑) またそのうち気が向いたら行きます(^^)ノ いまだにカカリコ村で売ってた服のままなので、そろそろおしゃれしたいです(笑)

そういや、当然Switchでマリオメーカー2開発されてそうな気がする。まあタッチパネルあれば二画面はいらないから、普通に続編が発売されそう。 ういゆで追加コンテンツによる延命を担った四天王のうち、スプラとマリカはすでにSwitchに現れたが、スマブラとマリオメーカーがまだ姿を見せていないのは不気味である。まあういゆのときは、開発中のソフト全部を初期に発表しちゃったせいで、球切れになったから、うまく情報開示と発売時期をコントロールしてるんだろうなーと思う。 そうすると、一括公開みたいなニンテンドーダイレクトはもうほとんどないのかなー??

宮本茂「ゼルダの伝説 BotW」で木を登るのを止められなかった – ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド

「藤林は「他のものも見てみませんか?」と宮本に持ちかけたが、それでも宮本は木を登り続けたという。」 さすがや(笑)

NHK放送でTwitterのトレンドを席巻。話題のゲーム音楽交響楽団JAGMOに会ってきた 「音楽家って実はゲーマー率高いんですよ」 | ニコニコニュース

ブレスオブザワイルドの曲もやるんだ!

ハイラル城潜入

登山部リンク、ハート3つでハイラル城に侵入するの巻

登山部リンク。意外と行けるものである

  

お宝ざっくざくとか言うから侵入してみたけど、矢くらいしか見つかんないよどうなってんの

うわっ、ネタバレになるから言えないけど、ハイラル城最深部のBGMすごすぎ…!! まさかあれをこんなところで織り込んでくるとは…奥に進むごとにメロディ変わっていく。

厄災ガノンまできちゃったよ。 まだハテノ村のイベント前なのに。

そろそろ帰ろう。登山はどこまでも行けるけど、敵が出てくると手も足もでない…(^_^;) おっかしいなー、お宝ざさくざくとか、強力な武器いろいろとかどこにあるんだ? 確かにあの矢は強力だろうけど。

と思ったら、ハイラル城登山部で侵入したせいで、今ごろ地下迷宮の存在に気づいた(笑) こんなのワクワクすぎて入り浸ってしまう…

なんかハイラル城の地下に攻撃力72の武器とか防御力62の盾とか落ちてたんだけど…やばい(笑) でもどんなに強いやつでもすぐ壊れるのがこのゲームだから、素直に喜べない…(^_^;)

        

脱出!! ハイラル城潜入めちゃくちゃ楽しかった!!

マイニンテンドーの週一でeshopにログインするとかいうポイント獲得のやつ、なんでSwitchに対応してないの??(^_^;) しかもマイニンテンドーストアにログインするとかいう新たな謎ミッション出てるし。単にマイニンストアに行っただけじゃログインしてるのにミッション達成にならず、とりあえずNNIDと残高統合してみたらミッション達成できた。謎だ…。

なるほど、Switchのジョイコンをブルートゥース接続できるんだ! 液タブ買う前だったらお絵かきに使ってたと思う。画面に仮想ボタン出すよりよっぽど良さそう。

いや、今でも使えるか! 左手で液タブの物理ボタン押さなくていいってことだもんね。 つまり、ういゆの絵心スケッチみたいな使いやすさをPainterでも実現できるということか!! すごすぎだろう…来週絵を描くとき早速使ってみる。これ使えば、絵心スケッチじゃなくてもベッドで寝転びながらお絵かきできるやん(笑)

いっそiPadとかのお絵かきアプリソフトがSwitchに対応してくれたら、そのまんま絵心教室スケッチの上位互換になりそう。 左手部分取り付けたままでも、取り外しても使えるし。そもそも絵心スケッチは二画面なんてほとんど使ってなかったし。レッスンなしのバージョンなら、問題なく出せそうですよね。マイニンテンドー限定Switch専用ペン(別売り)と同時発売で(笑)

今でも、なんでういゆでColoursなどのお絵かきソフトが出なかったのか理由が全然わからん…。あんなにお絵かき人口がミバにいたんだし、絵心スケッチはレイヤ機能とか不満多かったから、対応させたらそこそこ売れるのは間違いなかっただろうに。WiiやDSのときみたいなアイデア重視の軽いソフトだけでもつなぎに出してくれたらよかったのに、それすらもほとんどなかった。 Switchはその系統のチョキっとスニッパーズがロンチで出たくらいだから、期待できると思うんだけど。 やっぱテレビ必須の二画面がネックだったのかね…。

別の話題。 ときどき3DS後継として携帯版Switch出るとか言ってるアナリストがいるけど、んんん~?と思う。 これ以上画面小さくしたら、ドラクエ10やゼノクロみたいな文字読みにくい問題が起こりかねない。据え置きSwitchのソフトを携帯Switchで共有できないとか、快適に遊べないなら、Switchを名乗る必要を感じられない。むしろ混乱を招くのでSwitchと名乗らない気がする。 3DSの後継機は二画面そのままで、ういゆ→スイッチみたいなスリム化&最適化をするんじゃないかな。というか、サイズだけでいうと、開いた3DSよりSwitch本体のほうが小さいくらいなので、わざわざ携帯機を別路線で作るなら、別の仕掛けをしてきそうな気がする。Switchと3DSで、別のユーザー層狙うから食い合わないとか言ってたのがヒントじゃないかな。カジュアル層に最適化したハードとか。こういうのって岩田社長が存命だったら、社長が訊くで内情語ってくれたんだろうなー…なんでういゆで失敗して、それをどう問題解決していったか、みたいなストーリーを…。 ほんと、なんで死んでしもうたん…(´;ω;`)

あれも出るかなこれも出るかな、あんなこともできるしこんなことも…と妄想させておいて、結局なんにも出なかったのかういゆだった。Switchはいかに。Switchは、ゲーム以外の体験を徹底してはしょることで目的を明確にしてる感じですよね。岩田社長は、とにかくゲーム機に触れてもらう時間増やすって方針でしたからねー。絵でもミバでも。 そのおかげで任天堂ハード好きになった人もけっこういそうですが、肝心の新作ゲーム買ってくれないと本末転倒ですからねー(^_^;)

今、Switchの発売予定カレンダー見たんだけど、4月末のマリカまで特にソフト出ないやん(笑) まさかういゆのときみたいにこのスカスカで行くはずはないだろうから、Switch発売1-2週間(ゼルダクリア者が出だすころ)をめどに続報出してくると思うんだけど…。

現行機向け『レゴシティ アンダーカバー』はロード時間が「劇的に改善」、2人プレイ対応、Switch 版は任天堂ネタが引き続き収録

唯一の欠点だったロード時間改善されたの!? ゼルダBotWとレゴシティUCという、オープンワールドゲームの二大金字塔が早々に遊べるSwitchすごい。レゴシティアンダーカバーは、車奪って乗りまわしたり、ティラノサウルスでパトカー踏み潰したり、破壊神チェイス・マケイン(※正義の刑事です)の暴走っぷりを楽しむというゼルダにない魅力があるよね。レゴシティアンダーカバーが、ゼルダBotWみたいに最初から全部の道具使えるバランスに対応したら、相当な神ゲーになると思うのに、それだけが惜しい。ゼルダが一本道をやめたのはほんとに正解だと思う。

『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』クリア競争が熾烈、半裸のリンク達がハイラルを約1時間で駆け抜ける | AUTOMATON

すごいなこの技術(笑) ゼルダBotWのRTA大会が開催されるのもそう遠くなさそう。口笛は仕様かバグか微妙で修正入るかもだけど、ピタロックは完全に仕様だもんなー。 マリオメーカーの甲羅加速法による高速打ち出し技術思い出した(笑) さすがに初代ゼルダのTAよりかは早くならないかな(笑)

中ボスたちとの闘い

やった! イワロック倒した!

矢で削ってたら、全然埒が明かなくて、油断したすきに一撃で殺られるもんだから、発売前のデモみたいに登ってしがみついたら、自慢のがんばりゲージにおかげで、わりと簡単に倒せた。

ハート3つに慣れました(笑) 代わりにがんばりゲージは初期値の三倍です。

ちょっとー! まだ上げ足りないんですけど!

それより、あの危険極まりないやつの名前がライネルだと教えてもらった。ハイラルの地下の、防御力どえらいライネルが使う盾とかあったけど、恐ろしや…。

ハテノ村でマイホーム買えると聞いて。もしかしたら使わない武器とか置いておけたりするのかなー便利そう。

 

ハート3つに慣れすぎて上げたくない(笑)

簡単にこんな料理作れるからハートいらない気もする。原生林に大量に実ってるドリアン5つを煮込むだけです。

さっそくマイホーム大人買いしたった。

野生の試練なう。

まさしくブレスオブザワイルドだった。

サイハテ島とかいう世界の果てにあったイベントで、装備品、料理、ぜんぶ奪われて、島にあるもので工夫して調達しながら強敵いっぱい倒したらクリア。 セーブできず、死んだら最初からやりなおし。多分一時間以上かかりました…。制作スタッフが狙って入れた感ありありでした…

ほんとにそうでした…

装備全部奪われて、セーブもできず、料理も矢もわずかしかないなか、ハート3つでヒノックスとかやめてほしい。心臓に悪すぎ!

セーブできないのが一番つらかった。一撃で死ぬけど、死んだらぜーんぶ最初からやりなおしという…。FC時代のFF3や円卓の騎士のラスダン思い出した…。間違いなく、今までのほこらチャレンジで一番しんどかった。

みんなどうやって攻略するのだろって、クリア後にネット調べてみたけど、普通の人はハート3つじゃないのか(笑) 一撃死の怖さがなければ、ここまで大変じゃないよね(^_^;)

しかし無人島サバイバルがどんなに辛いかわかったので、今までで一番記憶に残る良クエストだったともいえる…まさしくブレスオブザワイルド…。

ツイッター見てたら、野生の試練RTAとか書いてあって、それいいなと思った(笑)

あれこれ雑記のターン

『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』最速クリアは54分台へ到達。鍵を握るのは「ドイツ語」と「Wii U」か | AUTOMATON

現時点でこれなら、本当に初代ゼルダといいレベルに迫ってくるんじゃないかな(笑)

Switchでゼルダのエキスパンションパス買おうとしたら、JCB対応してない…(^_^;) やーっとGoogleとかは対応してくれたのにまた仲間はずれか…。と思ったら、普通にAmazonで買えるんやん! しかもこっちのほうが値引きされてて安いし! 普段追加コンテンツあまり買わないから知らんかった…。

『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』 ファンによるGoogleマップ風地図が作成中|ギズモード・ジャパン

すごいなこれ(笑) まあ自分で探索するつもりだけど。

Nintendo Switch、本体から確認できる「プレイ時間の表示機能」はゲームの初プレイ時から10日後に開放か | AUTOMATON

すごい!! Switchってもしかして、時限式の機能追加いっぱい仕込んであったりするのかな。すでにマリオメーカーでやってることだから、Switchの本体機能とかに仕込まれててもおかしくないなーたしかに。 本体機能だけじゃなくて、色々今回はスケジュール組んで考えられていそう。

『ゼルダの伝説 BotW』の制作過程に迫るドキュメンタリーがまもなく海外公開 | インサイド 

あーこれめっちゃ見たい! 日本語版も当然出してくれるんでしょうね?

と思ったら、なんだ、内容日本語だから、問題なく見れるじゃん! 

『ゼルダの伝説 BotW』制作ドキュメンタリー3本が海外公開!開発の裏話が明かされる | インサイド

あの古代文明、縄文時代だったの(笑)音作りのこだわり相変わらずすごいなー、足音とか。ガーディアンの元ネタオクタロックなのか(笑) 

ゼルダ姫の立ち位置とかデザインとかものすごい自信だけど、まだ本人に一度も会ってないんだよね…(^_^;) ハイラル城に潜入したとき日記見たくらいで。既出の話も多かったけど、映像つきで面白かった! 未見の方はぜひ!

そういや、ういゆゲームパッドの下の拡張端子、けっきょくなーんにも使われなかった。どんな周辺機器出す予定だったのかわからないけど。 それに比べてSwitchは変な謎端子がない堅実な作りだなーと。 ういゆはやっぱり製品として優柔不断すぎたのかも。世界樹4の外部データ出力機能もけっきょくなんにも使われなかった。 GCの3D回路もそうだし、「こんなこともあろうかと」って不発多いよね。ほんと、今になって思えば、ういゆはSwitchのプロトタイプみたいなやつを無理やり発売した気がする。同じ部屋でしか届かない無線とか、すごい技術だけど、実用性はちょっと…だものね。謎の二画面も実験的すぎたし。そういや、採算度外視で作られたのも試作機っぽい(笑) 試作機のほうが味があって好きな人もいるから、記憶のは残る機体だったかもしれない。

ちょっとちょっと、このWikiの「試作機」の特徴がういゆに当てはまり過ぎててわらえた。

アニヲタWiki(仮) – 試作機

生産のコストが高い →逆さや販売
パーツに互換性がない →Switchと互換なしで生産終了
高過ぎる性能にパイロットがついていけない(高すぎるGなど) →ゲームパッド持ちつづけるのはわりと重い
運用出来る場が限られる →同じ部屋でないと電波届かない
同時期に生産された機体とのコンペティションに敗北 →PS4に大差
政治介入による工作 →サードのソフトまったく出ず
設計や運用される前に生産ラインを攻撃される。 →終盤、部品の生産工場閉鎖で出荷減
テスト中に死亡事故が起こる。 →社長…
武装が変態過ぎる →二画面

試作機ういゆかっこいい。アニメなら一番活躍するポジションね。

スニッパーズと1-2-Switchどっちを先に買おうか悩む… ふだんゲームしてない相手とやるならやっぱ1-2Switchかな…でもスニッパーズのCM超おもしろそうだし…

チョきっとスニッパーズの体験版一緒にやったけど、普段ゲームやらない人には、あのアクションでも難しいわ(^_^;)  めちゃ盛り上がったけど、体験版クリアに30分くらいかかった…やっぱり1-2Switch買うことにします。

スニッパーズ、リアルでやるのも面白いけど、ゼルダ三銃士のアイコンシステム導入したら、フレンドとマルチプレイできそうやん。続編で実現してほしい。

Switchにブラウザ機能とプレーヤー機能ほしいなー。使いやすいサイズだけに。

『ゼルダの伝説 BotW』収録曲も披露する大規模コンサートツアーが海外で開催【UPDATE】 | インサイド

日本は!?

『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』全員で遊び、全員で作る。開発環境すら“オープンエア”にした、常識を越えた作品作りに迫る開発者インタビュー【前編】(1/2) – ファミ通.com

発売後インタビュー来てた!!

開発中には姫路城のダンジョンがあった…だと…!? 和物オープンエアーゼルダ、超やりたいんですけど!!

逆に言えば、今までのゼルダってまともに通しのテストプレイしてなかったのか…。あのバランスの悪さみたいなのはそのせいか。最近のFFとかのバランスの悪さもそうなんだろうなー。だからこそBotWの完璧なバランスが奇跡的に感じる。

次回作「是流駄の伝説」にして、完全に和物の世界観にすれば、同じシステム使ってもう一本作れるじゃん! ニッポンマニアの外国人喜ぶし完璧じゃない?

んで、今回和風だったカカリコ村だけ、次回作では洋風になってるという。新手の裏 是流駄か。

『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』祠の解法は3つ以上!? DLC&新作も聞く、アタリマエを超えた驚異の作品作りに迫る開発者インタビュー【後編】(1/2) – ファミ通.com

後編きてたー

次回、和風ゼルダを、とか言ったけど、今回そんなに和風モチーフだったのか…(笑) リト族の衣装とか。 祠の解法3つ以上って…どう考えても1つしか思いつかないようなのが幾つかあるけど、ああいうとこの別解探す遊びも楽しいかも。

あのトロッコ乗り回しとか、空中浮遊とか、じつは想定済みで残してたってのがすごい。個人的に気になったSFっぽさとか、バクダン2種とか、ぜんぶわかった上で残してるんだなーと。 あと、発売前の青沼さんの、「ある工夫」発言も、購入意欲をそそるために考えられた発言だったとは…載せられた!

ハイラルの歴史の位置づけは最後だけど、歴史の組み直しが―とか言ってるけど、もしや全ライン統合した最後では? 時の神殿あるしリト族いるし、ひとつのルートの最後とは思えない。 にしても開発環境がオープンエアだとは…このノウハウをゼルダ以外に応用していけば任天堂がまた全盛期来そう。

つづく。

 



カスタムカテゴリー: ゼルダの伝説