ゼルダの伝説BotWハイラル冒険記(4)ハイラル城潜入調査編


ゼルダの伝説BotWのプレイ日記。前回のところでシーカータワーすべて起動しおわって、全ハイラルのマップが完成。

ちょうどいいタイミングだし、今回は、あのハイラル城に潜入調査してみました! ハート3つのままで!

スポンサーリンク

第十一章 ハイラル城潜入調査

登山部リンク、ハート3つでハイラル城に侵入するの巻

ハイラル城の潜入ルートは色々あるっぽいけど、ハート3つの登山部リンクとしては、ガーディアンうようよしてる正面から潜入するのは無理ゲー。ということで、近くの山の上から堀に向かってパラセールで飛んで、着水したら泳いで、ガケを登って潜入することに。頑張りゲージ回復料理をたくさん用意しつつ、いざ突入。

さすがにお堀から潜入しても、ガーディアンに見つかったりして、一撃で焼き払われたりするんだけど、こまめにセーブしてちょっとずつ進む。どこでもセーブできるってすばらしい。

ついでに城壁のあたりにあるお宝を物色。

お宝ざっくざくとか言うから侵入してみたけど、矢くらいしか見つかんないよどうなってんの…。古代矢って初めて入手したけど、二年前のE3のBotWの初報で、リンクがガーディアンめがけて放ってたやつだよね。強そうだけど3本とかもったいなくて使えん…。

さらに壁とか城壁とかを登りまくる。登山部リンク。意外と行けるものである。

城の中も調査してみたいけど、とりあえず何とかと何とかは高いところに登りたがるってことで…

ハイラル城のてっぺんまで行ってみた。そしたらコログがいた(笑)。というか、てっぺんまで来たら、寒さダメージ受けるんですけど! どんだけ高いのハイラル城。スカイツリー級なんだろうか。下手な山並みじゃないの。

周辺の塔も調べてたら、ゼルダの研究室発見! 今作のゼルダ、まだどんな人かしらないんだけど、研究者肌なのか。こっそり日記を読んでみるけど、まだストーリー全然把握してないせいでよくわからん。

ふと地図を見てみると…

ハイラル城の中心部までやってきた! 厄災ガノンがすぐ近くに!  まだハテノ村のイベント前なのに(笑)

城の中も探索してみようということで潜入してみると、うわっ、ハイラル城最深部のBGMすごすぎ…!! まさかセルダの子守唄をこんなところで織り込んでくるとは…奥に進むごとにメロディ変わっていく。ガノンがすぐそこなのに、この穏やかなメロディーが織り込まれて、ゼルダが近くにいるんだなーと感じさせる。だけどごめんよ、今回は下見に来ただけなんだ。

下のほうにお城内部に入れそうなところがあったのでふと踏み込んでみると

本丸? 日本の城みたいな言い方だな。とか言ってたら!!

なんか出たー!! しかもめちゃ強いし!? 中ボス?? これは今は戦えないわということで、退散!!

  

逃げられないよ!!

ちーん。

こうしてハイラル城を下見に来た登山部リンクはあえなく撃沈し、ハイラルの平和はどっかに消えたのでした。おしまい。

…というわけにもいかんから、ロードして周辺からやりなおし。下手にハイラル城に踏み込まないようにしないとな。

そろそろ帰ろう。登山はどこまでも行けるけど、敵が出てくると手も足もでない…(^_^;) おっかしいなー、お宝ざさくざくとか、強力な武器いろいろとかどこにあるんだ? 確かにあの矢は強力だろうけど。

と思ったら、

この地図の下のほうに映ってる赤い通路いったい何よ??

ハイラル城に登山部ルートで侵入したせいで、今ごろ地下迷宮の存在に気づいた(笑) さっそく地下迷宮に潜入調査してみる。すると、超立体的な地下迷宮になってて、面白いのなんのって。ただの迷路じゃなくて、壁を登らないと行けないところもあるし、コログさえも隠れているという。

こんなのワクワクすぎて入り浸ってしまう…

さらに超強力な武具もちらほらと落ちている。お宝ガッポリってここのことだったのかー!!

なんかハイラル城の地下に攻撃力72の武器とか防御力62の盾とか落ちてたんだけど…やばい(笑) でもどんなに強いやつでもすぐ壊れるのがこのゲームだから、素直に喜べない…(^_^;)

この盾とか強力すぎるやろ…でも、この説明にあるライネルって誰?? どこかの将軍みたいな名前だけどハイラルの武将?? なんてことを思ってた時期もありました。神トラとかにも出てきてるんだけど名前知らなかったよ。

すごそうなアイテムも見つけたけど何に使うものなのかわからん…。ネルドラっていった何ドラ?

うろうろしている敵も相当強力だけど、うまくやり過ごすか、遠くからバクダン投げて倒すか、矢のヘッドショットでひるますかしてたら、意外となんとかなるもの。攻撃受けちゃったら一撃ですけどね! なんせハート3つなもので!!

行き止まりかと思ったけど、地図を見たら道があるっぽい。マグキャッチを起動してみたら、隠し通路を発見。図書室みたいなところに出て、本棚とか色々と調べてみると、スイーツのレシピがあったり。

このゲームの料理ってスイーツも作れたの?? だけど材料に書いてあった小麦とか砂糖とか持ってないんだけど、誰が落とすんだろう…。じつは普通に村とかで売ってるんだけど、そもそも村にまだ行ってなかった。

図書室の壁を調べてたら、さらに隠し部屋があって…

 

んん? 王家の習わしでゼルダと名付けるってどっかで聞いたようなセリフだ。確か初代ゼルダ? やっぱこのゲームって初代ゼルダリスペクトというか、原点に戻って初代ゼルダを現代の技術でリメイクしたような作品なんだなーと思った瞬間。(じつはこれって時系列考察でも大事な情報なんだと後で知った)

とまあ、ハイラル探索はこんな感じで、さすがに疲れたからそろそろ切り上げましょう。

脱出!! ハイラル城潜入めちゃくちゃ楽しかった!!

ハート3つ登山部リンク、ハイラル城潜入調査から無事に帰還する。数え切れないくらい死んだ気もするけど。

第十二章 登山部リンク極まる

ハイラル城潜入調査してがっぽりお宝持ってきたおかげで、なんかミニチャレンジクリアできた。

おかげで武器ポーチが強武器だらけに。

だけどもったいなくて使えん!!

そうこうしてると、探索してる中で、変なやつ発見!! コログの親玉??

なんと助けたら武器ポーチ大きくしてもらえました、ほんとはもっと大きくしてほしかったんだけど、どこかに消えてしまった…。

そのあとも色々と世界を放浪。

砂漠地帯では、なんかすごい物体が歩いてるのを見つけた。あれも神獣なのかー。探索したいから近づいたらレーザービームで狙い打たれて命からがら逃亡。

雪山の上で謎のメッセージを見つけたり。

謎解きはできたけど、タイミングが難しくて苦労した…。崖っぷちまで雪だるま運んで、足滑らして落下死したりね。

各地に点在する、フィールドクエスト型?の試練も幾つか手を付けてみた。これがそれぞれ個性的で面白い。

砂漠放浪してたら、巨大な人工迷宮見つけたり。

 

迷宮っていっても、地図のほうに上面図写ってるから余裕やんと思ったら、これがなかなかよくできていて、泣きたくなるほど迷いましたよ。でもこういう実物大迷宮探索するのすっごく面白い。遊園地とかにあるミラーハウスみたいだった。しかもここだじゃなく各地にあって、毎回楽しかったし。雪山地方にあったやつなんか、防寒着無しで突入したので、迷ってるうちに食料が尽きて、凍え死にそうになったり(笑)

大雨の中、宝珠をせっせと運んだり。

雨で滑るのに、上に持ってかないといけないからどうすっかなーと思ったけど、こんなときのためのピタロックですね。いつぞやの試練みたいに力の加減してホールインワンしたらいいのだ。

それとか、真っ暗闇の遺跡も楽しかった。

ヒノックスどこにいるのかわからん! っていうか何も見えん!! たいまつで明かり灯せばいいんだろうけど、武器ポーチいっぱいなんですよ! 仕方なく炎の矢と火炎の大剣で代用したけど見にくい(^_^;)

あと、ずっとスルーしてたイワロックにも勝利。

矢で削ってたら、全然埒が明かなくて、油断したすきに一撃で殺られるもんだから、発売前のデモみたいに登ってしがみついたら、自慢のがんばりゲージにおかげで、わりと簡単に倒せた。だけど、てっきりワンダと巨像みたいに登るんだと思ってたら、もっとぐいんぐいん動くせいで、登りづらいし振り落とされやすいので、やりごたえありました。

ヒノックスも撃破。

相手の攻撃が届かない高いところからバクダン投げまくるという、賢いんだか秘境なんだかわからない戦法。こんなんでも勝てばいいのだ。

雪山地方の上にはなんか意味不明なレベルの強敵がいた。

たまたま近くに上昇気流があったので、空飛ぶ→空中射撃で爆弾矢→逃げる→空飛ぶのループでやっつけようとしたんだけど…

攻撃力アップ3も積んで、かなりいいところまで行ったんだけど、矢が足りなくなって無理だった。防御力高すぎ…。この異常な強敵がさっきのライネルとやらだと知ったのは、フレンドさんのツイート見たときでした。

各地を旅してるときに、逆円錐状の木の上のカッシーワさんの家を見つけた。というかよくリンクってあんなとんでもない形の木を登れるな…。ヤモリレベル。カッシーワさんも関心してらっしゃる。

重要そうなことが色々と書かれてたけど、何のことかよくわからなかったので、とりあえずスクショだけ撮っておくことに。

これだけ世界中練り歩いて、かなりプレイしてきたと思うんだけど、まだまだやってないこと大量にあるんだなーとこのゲームのボリュームに末恐ろしくも嬉しくもなりました。

そういや、世界まわる中で印象に残った祠はこれかな。

   

時間経過で融けていく氷を、途中吹き出している炎のトラップをかいくぐってうまく台座まで持っていくというやつ。色々と頭をひねらせられる試練で、なかなか苦労しました。ピタロックで止めてふっ飛ばしたり、持ち上げると炎に当たるから回転切りすることで滑らせて運んだり、隠された鉄箱をマグキャッチで見つけたりと。今までのスキル総動員した感があって楽しめました。

そして…

ついにがんばりゲージカンスト!! ってかがんばりゲージに上限があるとか思わなかった。まだ上げ足りないんですけど!「カネカ イノチヲ オイテイケ」のオマージュだとか言ってたから、てっきり、がんばりゲージにな全振りするか、ハートに全振りするか選べるんだと思ってたのになー。残念。ハート3つに慣れすぎて上げたくない(笑)

簡単にこんな料理作れるからハートいらない気もする。原生林に大量に実ってるドリアン5つを煮込むだけです。

ここまでに行った祠はこんな感じでした。

        

わりとまんべんなく世界中まわってる気がするけど、まだまだ見落としてるのがたくさんあるんだろうなー。

第十三章 これぞワイルド

 

さて、フレンドさんから、ハテノ村でマイホーム買えると聞いたので、そろそろストーリーも進めなきゃいけないし、ハテノ村へ向かってみることに。

大工のサクラダさんから、3000ルピーで変えるとか。そんな大金持ってないだろって感じでしたが…

いやいやいや、世界中旅してまわって、ハイラル城でもトレジャーハントしてきた登山部リンクをなめるでないぞ。そこらへんでゲットした宝石を売りまくるだけで3000ルピーなんてあっというまですよ。さっそくマイホーム大人買いしたった。

その後も、家具のオーダーとかしまくって全部手に入れてやりました。

全部手に入れましたともよ。

すっかりいい感じのマイホームになりましたが、一番うれしかったのは、武器防具置き場が増えたこと。

それぞれ3つずつだけど、ハイラル城でゲットした、強いけど壊れやすいらしい近衛装備など、武器ポーチを圧迫してる結局使わなそさそうな貴重品を飾っておくことに。すっきりした。

その後、ストーリーだとハテノ古代研究所に向かうことになってるんだけど、ちょっと近くに気になる孤島を見つけたので、がんばりゲージ最大を生かして、パラセールでひとっ飛びしてみることに。そしたら…

まさしくブレスオブザワイルドだった。

サイハテ島とかいう世界の果てにあったイベントで、装備品、料理、ぜんぶ奪われて、島にあるもので工夫して調達しながら強敵いっぱい倒したらクリア。 セーブできず、死んだら最初からやりなおし。多分一時間以上かかりました…。制作スタッフが狙って入れた感ありありでした…

ほんとにそうでした…

装備全部奪われて、セーブもできず、料理も矢もわずかしかないなか、ハート3つでヒノックスとかやめてほしい。心臓に悪すぎ!

セーブできないのが一番つらかった。一撃で死ぬけど、死んだらぜーんぶ最初からやりなおしという…。FC時代のFF3や円卓の騎士のラスダン思い出した…。間違いなく、今までのほこらチャレンジで一番しんどかった。

みんなどうやって攻略するのだろって、クリア後にネット調べてみたけど、普通の人はハート3つじゃないのか(笑) 一撃死の怖さがなければ、ここまで大変じゃないよね(^_^;)

しかし無人島サバイバルがどんなに辛いかわかったので、今までで一番記憶に残る良クエストだったともいえる…まさしくブレスオブザワイルド…。

ツイッター見てたら、野生の試練RTAとか書いてあって、それいいなと思った(笑)

さて、今回までで、やりたいことやり尽くした感があるし、がんばりゲージもカンストしちゃったので、次からはいよいよストーリーを進めます!(笑) 登山部リンク、ハイラルの山を極めたのでついに卒業なりー。つづく。

スポンサーリンク

おまけ:あれこれ雑記のターン

ゼルダのRTAの記事出てた。

『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』最速クリアは54分台へ到達。鍵を握るのは「ドイツ語」と「Wii U」か | AUTOMATON

現時点でこれなら、本当に初代ゼルダといいレベルに迫ってくるんじゃないかな(笑)

Switchでゼルダのエキスパンションパス買おうとしたら、JCB対応してない…(^_^;) やーっとGoogleとかは対応してくれたのにまた仲間はずれか…。と思ったら、普通にAmazonで買えるんやん! しかもこっちのほうが値引きされてて安いし! 普段追加コンテンツあまり買わないから知らんかった…。

『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』 ファンによるGoogleマップ風地図が作成中|ギズモード・ジャパン

すごいなこれ(笑) まあ自分で探索するつもりだけど。

Nintendo Switch、本体から確認できる「プレイ時間の表示機能」はゲームの初プレイ時から10日後に開放か | AUTOMATON

すごい!! Switchってもしかして、時限式の機能追加いっぱい仕込んであったりするのかな。すでにマリオメーカーでやってることだから、Switchの本体機能とかに仕込まれててもおかしくないなーたしかに。 本体機能だけじゃなくて、色々今回はスケジュール組んで考えられていそう。

『ゼルダの伝説 BotW』の制作過程に迫るドキュメンタリーがまもなく海外公開 | インサイド 

あーこれめっちゃ見たい! 日本語版も当然出してくれるんでしょうね? と思ったら、なんだ、内容日本語だから、問題なく見れるじゃん! 

『ゼルダの伝説 BotW』制作ドキュメンタリー3本が海外公開!開発の裏話が明かされる | インサイド

あの古代文明、縄文時代だったの(笑)音作りのこだわり相変わらずすごいなー、足音とか。ガーディアンの元ネタオクタロックなのか(笑) 

ゼルダ姫の立ち位置とかデザインとかものすごい自信だけど、まだ本人に一度も会ってないんだよね…(^_^;) ハイラル城に潜入したとき日記見たくらいで。既出の話も多かったけど、映像つきで面白かった! 未見の方はぜひ!

そういや、ういゆゲームパッドの下の拡張端子、けっきょくなーんにも使われなかった。どんな周辺機器出す予定だったのかわからないけど。 それに比べてSwitchは変な謎端子がない堅実な作りだなーと。 ういゆはやっぱり製品として優柔不断すぎたのかも。世界樹4の外部データ出力機能もけっきょくなんにも使われなかった。 GCの3D回路もそうだし、「こんなこともあろうかと」って不発多いよね。ほんと、今になって思えば、ういゆはSwitchのプロトタイプみたいなやつを無理やり発売した気がする。同じ部屋でしか届かない無線とか、すごい技術だけど、実用性はちょっと…だものね。謎の二画面も実験的すぎたし。そういや、採算度外視で作られたのも試作機っぽい(笑) 試作機のほうが味があって好きな人もいるから、記憶のは残る機体だったかもしれない。

ちょっとちょっと、このWikiの「試作機」の特徴がういゆに当てはまり過ぎててわらえた。

アニヲタWiki(仮) – 試作機

生産のコストが高い →逆さや販売
パーツに互換性がない →Switchと互換なしで生産終了
高過ぎる性能にパイロットがついていけない(高すぎるGなど) →ゲームパッド持ちつづけるのはわりと重い
運用出来る場が限られる →同じ部屋でないと電波届かない
同時期に生産された機体とのコンペティションに敗北 →PS4に大差
政治介入による工作 →サードのソフトまったく出ず
設計や運用される前に生産ラインを攻撃される。 →終盤、部品の生産工場閉鎖で出荷減
テスト中に死亡事故が起こる。 →社長…
武装が変態過ぎる →二画面

試作機ういゆかっこいい。アニメなら一番活躍するポジションね。

マイニンテンドーの週一でeshopにログインするとかいうポイント獲得のやつ、なんでSwitchに対応してないの??(^_^;) しかもマイニンテンドーストアにログインするとかいう新たな謎ミッション出てるし。単にマイニンストアに行っただけじゃログインしてるのにミッション達成にならず、とりあえずNNIDと残高統合してみたらミッション達成できた。謎だ…。

別の話題。 ときどき3DS後継として携帯版Switch出るとか言ってるアナリストがいるけど、んんん~?と思う。 これ以上画面小さくしたら、ドラクエ10やゼノクロみたいな文字読みにくい問題が起こりかねない。据え置きSwitchのソフトを携帯Switchで共有できないとか、快適に遊べないなら、Switchを名乗る必要を感じられない。むしろ混乱を招くのでSwitchと名乗らない気がする。 3DSの後継機は二画面そのままで、ういゆ→スイッチみたいなスリム化&最適化をするんじゃないかな。というか、サイズだけでいうと、開いた3DSよりSwitch本体のほうが小さいくらいなので、わざわざ携帯機を別路線で作るなら、別の仕掛けをしてきそうな気がする。Switchと3DSで、別のユーザー層狙うから食い合わないとか言ってたのがヒントじゃないかな。カジュアル層に最適化したハードとか。こういうのって岩田社長が存命だったら、社長が訊くで内情語ってくれたんだろうなー…なんでういゆで失敗して、それをどう問題解決していったか、みたいなストーリーを…。 ほんと、なんで死んでしもうたん…(´;ω;`)

あれも出るかなこれも出るかな、あんなこともできるしこんなことも…と妄想させておいて、結局なんにも出なかったのかういゆだった。Switchはいかに。Switchは、ゲーム以外の体験を徹底してはしょることで目的を明確にしてる感じですよね。岩田社長は、とにかくゲーム機に触れてもらう時間増やすって方針でしたからねー。絵でもミバでも。 そのおかげで任天堂ハード好きになった人もけっこういそうですが、肝心の新作ゲーム買ってくれないと本末転倒ですからねー(^_^;)

今、Switchの発売予定カレンダー見たんだけど、4月末のマリカまで特にソフト出ないやん(笑) まさかういゆのときみたいにこのスカスカで行くはずはないだろうから、Switch発売1-2週間(ゼルダクリア者が出だすころ)をめどに続報出してくると思うんだけど…。

現行機向け『レゴシティ アンダーカバー』はロード時間が「劇的に改善」、2人プレイ対応、Switch 版は任天堂ネタが引き続き収録

唯一の欠点だったロード時間改善されたの!? ゼルダBotWとレゴシティUCという、オープンワールドゲームの二大金字塔が早々に遊べるSwitchすごい。レゴシティアンダーカバーは、車奪って乗りまわしたり、ティラノサウルスでパトカー踏み潰したり、破壊神チェイス・マケイン(※正義の刑事です)の暴走っぷりを楽しむというゼルダにない魅力があるよね。レゴシティアンダーカバーが、ゼルダBotWみたいに最初から全部の道具使えるバランスに対応したら、相当な神ゲーになると思うのに、それだけが惜しい。ゼルダが一本道をやめたのはほんとに正解だと思う。

『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』クリア競争が熾烈、半裸のリンク達がハイラルを約1時間で駆け抜ける | AUTOMATON

すごいなこの技術(笑) ゼルダBotWのRTA大会が開催されるのもそう遠くなさそう。口笛は仕様かバグか微妙で修正入るかもだけど、ピタロックは完全に仕様だもんなー。 マリオメーカーの甲羅加速法による高速打ち出し技術思い出した(笑) さすがに初代ゼルダのTAよりかは早くならないかな(笑)

スニッパーズと1-2-Switchどっちを先に買おうか悩む… ふだんゲームしてない相手とやるならやっぱ1-2Switchかな…でもスニッパーズのCM超おもしろそうだし…

チョきっとスニッパーズの体験版一緒にやったけど、普段ゲームやらない人には、あのアクションでも難しいわ(^_^;)  めちゃ盛り上がったけど、体験版クリアに30分くらいかかった…やっぱり1-2Switch買うことにします。

スニッパーズ、リアルでやるのも面白いけど、ゼルダ三銃士のアイコンシステム導入したら、フレンドとマルチプレイできそうやん。続編で実現してほしい。

Switchにブラウザ機能とプレーヤー機能ほしいなー。使いやすいサイズだけに。

『ゼルダの伝説 BotW』収録曲も披露する大規模コンサートツアーが海外で開催【UPDATE】 | インサイド

日本は!?

『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』全員で遊び、全員で作る。開発環境すら“オープンエア”にした、常識を越えた作品作りに迫る開発者インタビュー【前編】(1/2) – ファミ通.com

発売後インタビュー来てた!!

開発中には姫路城のダンジョンがあった…だと…!? 和物オープンエアーゼルダ、超やりたいんですけど!!

逆に言えば、今までのゼルダってまともに通しのテストプレイしてなかったのか…。あのバランスの悪さみたいなのはそのせいか。最近のFFとかのバランスの悪さもそうなんだろうなー。だからこそBotWの完璧なバランスが奇跡的に感じる。

次回作「是流駄の伝説」にして、完全に和物の世界観にすれば、同じシステム使ってもう一本作れるじゃん! ニッポンマニアの外国人喜ぶし完璧じゃない?

んで、今回和風だったカカリコ村だけ、次回作では洋風になってるという。新手の裏 是流駄か。

『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』祠の解法は3つ以上!? DLC&新作も聞く、アタリマエを超えた驚異の作品作りに迫る開発者インタビュー【後編】(1/2) – ファミ通.com

後編きてたー

次回、和風ゼルダを、とか言ったけど、今回そんなに和風モチーフだったのか…(笑) リト族の衣装とか。 祠の解法3つ以上って…どう考えても1つしか思いつかないようなのが幾つかあるけど、ああいうとこの別解探す遊びも楽しいかも。

あのトロッコ乗り回しとか、空中浮遊とか、じつは想定済みで残してたってのがすごい。個人的に気になったSFっぽさとか、バクダン2種とか、ぜんぶわかった上で残してるんだなーと。 あと、発売前の青沼さんの、「ある工夫」発言も、購入意欲をそそるために考えられた発言だったとは…載せられた!

ハイラルの歴史の位置づけは最後だけど、歴史の組み直しが―とか言ってるけど、もしや全ライン統合した最後では? 時の神殿あるしリト族いるし、ひとつのルートの最後じゃないのかも。 にしても開発環境がオープンエアだとは…このノウハウをゼルダ以外に応用していけば任天堂がまた全盛期来そう。

雑記おわり。

 



カスタムカテゴリー: ゼルダの伝説