ClesteのB面を45時間かけて15000回死んで全クリアした感想&動画


ClesteのB面全クリしたので、その道中の動画集ー。たいてい30秒以内に終わるから、Switchの動画機能と超相性がいいよねこのゲーム。特に難しかったところを動画に撮ったつもりだけど、終盤なんかほとんど全部だったわ(笑)

B面全クリするまで45時間かかって15000回も死んでたけど(A面のプレイも含む)、他の人の結果とか検索してみたら、もっと少なくクリアしてる人ばっかだったので、自分アクション下手だなーと(笑) だけど逆に言ったら、アクション下手な人ってたいていここまでやりこまずにあきらめちゃうよね。下手でもやりきった自分がんばった!

最初はぜったいB面なんて無理と思ってたけど、挑戦しつづければいつかはやれるもんなんだね。セレステ・マウンテンに登って、マデリンと同じように心の強さがちょっと身についた気がする。

まだC面が残ってるけど、そのうちやれるようなら挑戦したいなぁ。

スポンサーリンク

ステージ1「見捨てられた街」B面

初めて挑戦したB面。いきなりの難易度の高さに唖然とした。一番衝撃的だったのは、A面のときは握力に余裕があって攻略できるとこばかりだったのに、B面は握力ぎりぎりで一瞬の休止も許されない連続アクションが求められることがわかったことかな。B面の洗礼。

それとA面のときはぜんぜん意識してないでクリアしてたんだけど、ピストンの反動を利用して大ジャンプするのがうまくいかず。やってるうちに、タイミングじゃなくて方向スティックの入力が反動の方向と一致しているかどうかが大事だとわかってからはうまくできるようになった。

ステージ2「跡地」B面

ジェル空間みたいなのを突き抜けたときに同時にジャンプすると遠くに飛べるという新アクションが登場。このジェル空間のアクションが今作で一番好きなので、難しかったけど楽しかった。A面では移動に使うだけだったけど、ジェル空間に突入することでダッシュ回復したり、遠くにジャンプしたり、逆にジェル空間から出るときに逆方向にスティック入力して出た場所に貼り付いたりと、バリエーション豊かなアクションの深さを堪能した。方向スティックの入力は相変わらず誤爆が多いけど、だいぶ鍛えられてきた。

ステージ3「セレスティアル・リゾート」B面

一番苦手意識のあるセレスティアルリゾート面。高速移動する敵に触れたら一撃死が辛い。あと一度しか乗れない床、一度しか触れない壁が、リカバリが効かずに厄介。とはいえ、A面でストロベリー取ったときほど鬼畜な場所はなくて、わりとスムーズにクリアできた印象。最後また大城さん襲ってくるのね・・・。なんかBGMがセレステっぽくなくてロックマンみたいな感じだったような。

ステージ4「ゴールデン・リッジ」B面

いきなり難易度がさらに高くなってきた。ぽよんぽよんはねる雲は、大ジャンプするにはタイミングが重要なので、ときどき設定で音楽オフにして、SEだけ聞くようにして、音でタイミングをはかったりしていた。それでも最後まで安定しなかったけどね。連続で空中アクションを強いられるので難関が多い。

A面のストロベリーのときもそうだったけど、移動する床使いながら上へどんどん登っていくアクションは本当に難しい。あと強風の影響を考えに入れながら移動するのも本当に難しい。

ステージ5「鏡の寺」B面

ちょっと難易度が落ち着く。難しいことは難しいんだけど、A面のときから比較的ここは楽だった。難しいのは終盤の突進してくる敵を避けながらセオのカプセルを運ぶところだけど、A面で苦しめられたぶん、B面ではかなり慣れていて、攻略していくのが楽しかった。

B面はイベント会話とかないと思ってたんだけど、ここではちょっとだけながらセオのセリフが入ってて嬉しい。なんかちょっとストーリーが続いてる気になれた。

ステージ6「反映」B面

A面のときはストロベリーが一個もないにもかかわらず、クリアするだけで苦労した、心の闇を乗り越えるステージ。前半の突進するドッスンみたいなのを制御するアクションもむずいし、後半の黒マデリンとの激闘もむずい。羽で飛んでいくのは楽しいけど、まわり中がトゲで、イライラ棒的精密なアクションを求められるのが大変。後半のバトルはA面でも熱かったけどB面でも熱いね。そして長い。

ステージ7「頂上」B面

最難関も最難関。A面のときもそうだったけど、どこまで続くのか、というくらい長い。そして難関しかない。ひとつクリアするだけでめっちゃ時間かかる。

特に、最終盤で新アクションが出てきてからがめちゃくちゃ苦労した。壁際を上にダッシュするときにタイミングよくジャンプボタンを押すとトゥルっと高くジャンプできるんだけど、このタイミングが超シビア。しかも難関の最後でこのアクションが求められるパターンがいくつかあって、せっかく難関抜けてもトゥルっと飛べなかったら失敗になる。神経がすり減るアクションだわ・・・。コツとしてはダッシュボタン(A)を親指で押したときにそのままジャンプ(B)を同時押しするみたいに指を滑らすことかな。格ゲーの入力みたいな。A押してからB押すって操作だと失敗の確率が高かった。

最後にマデリンと黒マデリンの会話イベントがちょっとだけ挟まれるのもよかった。ストーリー感あるし、ああついにやりきったんだなーと感慨深い・・・のだがその後の最後のハートとるとこのアクションがまたむずいし、ステージ8のB面も残ってるんだが。

ステージ8「コア」B面

いよいよ最後のステージ8B面。ステージ8はA面がわりとスムーズだったので、どうせステージ7が最高峰で8はおまけだろーと思ってたら、そんなに甘くなかった・・・。長さで言うとステージ7B面よりは短いが、難易度でいうと同じくらいだったと思う。

赤い岩や壁の水流につかまって反動でジャンプするアクションが安定せず、ジャンプの高さが足りなかったり、逆にジャンプしすぎたりして失敗することが異常に多かった。方向キー入力とタイミング両方が大事っぽかったんだけど、どのタイミングでジャンプすれば最大の高さになるのかが、最後までよくわからず運ゲー状態だった。壁つかまる握力もギリギリだから、ゆっくり考えてタイミングはかるような余裕もないしね・・・本当に厳しかったがクリアしたときの達成感はすばらしかった。

・・・まあクリアしたらC面が出るんだけどね!

以上、B面クリアの動画集と簡単な感想。プレイ中はもっと色々感想があって、ひとつひとつの場所にドラマがあったんだけど、言葉にするのは難しいな。やっぱ指に経験値がたまってくゲームは、現実の山登りみたく自分で体験してみないとわからない。

とりあえずA面B面と、絶対不可能に思えるアクションクリアできたことで、自分が一回り成長できたような気になった。このあと、スプラトゥーンのオクトエキスパンションで難しいアクションに挑戦したんだけど、あのセレステ・マウンテンを制覇したんだからぜんぜん行けるやろ!っていう自信があったよ。山を登り切るってほんと自信になるね!

本当に熱中してハマってしまうゲームなので、気になってる人がいたらぜひプレイしてほしい。絶対に動画では面白さが伝わらないゲームなので、やってみて初めて楽しさがわかる。

▽開発秘話でてた
任天堂公式から開発秘話のインタビュー出てたよー。自力での解きやすさを考えて厳選したマップだけ残してるとか、ジャンプ判定を広めにしてるとか、遊びやすいデザインがめっちゃ工夫されてるんだなーって感動した。

「Hello! インディー」第4回 開発者が語る『Celeste』の秘密。ゲーム設計のこだわりと、「コヨーテタイム」!? | トピックス | Nintendo

スポンサーリンク


カスタムカテゴリー: インディー系のゲーム