ドンキーコングリターンズ3Dクリア感想―高難易度だがクリアできると気持ちいい!


  • 2013年6月17日
  • カスタムカテゴリー: マリオ

3DSに移植されたドンキーコングリターンズ3Dを買いました! 気軽に遊べるアクションゲームだと思って、ダウンロード販売で買ったら、びっくりでした。

容量が16000もありました。3DSのSDカードがパンクしちゃう…(苦笑)

簡単に、ドンキーコングリターンズ3Dのレビューを書きたいと思います。

donkey

スポンサーリンク

わたしとドンキーコングシリーズ

わたしは一応、レア社のスーパードンキーコングシリーズは、初代と2はやった覚えがあります。

子どものころなので、記憶はほとんどないのですが、初代は、グラフィックの綺麗さに驚いたのをよく覚えています。当時はドット絵的なゲームが多かった中、まるで3Dモデルのような立体感のあるドンキーコングのビジュアルは相当印象的でした。(当時は、魔法陣グルグルのSFCゲームのタイトル画面で「エニックス!」と声つきSEが流れただけで驚いたような時代です笑)

あと、ドンキーコングはともかく、登場する女性キャラのキャンディーコングが、まったくコングらしくなくて、セクシーな体型であることにびっくりしたのが記憶の片隅に(笑)

確か、無事エンディングまでたどり着いたようで、海賊船みたいな場所で、キングクルールと対決したのを覚えています。

スーパードンキーコング2はディクシーコングが登場したのが印象的で、キャンディーコングはなかったことにされたのかな(笑)。自然な女の子版コングだったので、すぐに好きになりました。でも、エンディングまで行ったかどうかは記憶がなく…。かなり難しかったので、クリアできなかったのかもしれません。

そして3はまったく記憶がないのでプレイしていないはずです。

わたしにとってドンキーコングシリーズは、面白いものの、難易度もBGMも、マリオとは違って大人向け、ゲーマー向けの印象がありました。あまりアクションは得意でなかったので、2の難しさのため挫折してしまったのだろうなーと思います。

Wiiを買ったとき、リターンズが出ているのは知っていて興味を惹かれたのですが、レビューでかなり難しいと書かれていたので躊躇していました。その後、3DSで移植版が発表され、難易度緩和や3D表示という追加機能にとても魅力を感じたので、この機会に買ってみました。

さすがの高難易度―3DS版でよかった

はっきりいって、このゲームの難しさったらありません! ひとつのステージクリアごとにエンディングか、って思うくらい苦労しました(笑)

特にバレルとトロッコのステージ。もう多分何十回とゲームオーバーになってます。微妙な操作が求められ、バレルは一発ゲームオーバーのイライラ棒、トロッコは完全暗記のリズムゲームみたいな感じですね。

だけどすごいのは、絶対無理だーって思ったステージでも、やってるうちに奇跡的にクリアできちゃうところです。信じられないけど、結局、お助けにも頼らずに、エンディングまで到達できました。

新しく追加されたとかいうアイテムはほとんど役立たずです。だってステージで一度でもミスしたら効果なくなっちゃうので…。確かにバレルの耐久数増加とかは良さそうなのですが、毎回アイテムを買ってくるというめんどくさい手間を掛けるよりも、ひたすら挑戦を繰り返していたほうがいい気がしました。毎回アイテムを買っているとすぐバナナコイン尽きるし。

ただしボス戦、特にラスボスでは、アイテムにお世話になりました。ライフアップと、耐久数アップのおかげて、ラスボスの猛攻をかなり耐えぬいて、なんとかクリアすることができました。これだけ難しいアクションゲームをクリアできた喜びはひとしおでしたね。マリオよりもかなり嬉しい。

多分3DS版でないと、ライフが少なく、お助けアイテムもなかったのでクリアできなかったと思います。Wii版買わないでよかった(苦笑)。

ちなみに裏ステージとして、クリア後に神殿のステージがあるのですが、8-K モンキーラビリンスがアイテム総積みで挑んでも結局クリアできず諦めました。あともう少しで全クリだっのに…。壁は高かったです。途中の敵を踏んでジャンプで上がっていくところが安定せず、その先にほとんど進めませんでした。

3Dのグラフィックの奥行きに感動

一番感動したのは、3Dのグラフィックです。ほかのゲームみたいに、ハリボテの3Dじゃなくて、画面全体にすこく奥行きがあって、3Dオンとオフではまるで別ゲームです。LL使ってやりましたが、最大深度でも、見やすいのもポイント高いです。さすが岩田さんが社長が訊くで3D立体視を自慢してただけある。

正直なところ、発売前は、あのWii版のテレビ画面でやってたようなものを3DSに移植したら、画面が小さすぎてプレイできないのでは?と思っていました。ノーマル3DSではプレイしていないのでわかりませんが、少なくともLLではまったく問題なく、没入したら、画面の小ささなど忘れてしまいます。確かに冷静になって見ると小さいのですが、プレイ中は気になりませんね。

今まで、このレベルの3Dグラフィックは、3DSのソフトでもほとんど見ていない気がします。(わたしが買っていないnintendogsあたりはすごいのかもしれませんが)

今回はなんとかクリアできたので、またドンキーコングシリーズが3DSで出たらやってみたいですね。

唯一後悔しているのはダウンロード版で買ったこと。マリオみたいに気軽にやれるアクションゲームだと思ったので、いつでも起動できるダウンロード版を買ったわけですが、気軽にやりたいようなゲームではなかったです(笑) 容量もかなり食うので、普通にパッケージ版でよかったですね。

スポンサーリンク

 



カスタムカテゴリー: マリオ