FEヒーローズ難易度ルナティックまでクリアした感想。往年のSRC好きに嬉しいお手軽詰め将棋


マホアプリ版ファイアーエムブレムこと、FEヒーローズ。今できる範囲は一通りクリアして、とりあえず難易度ハードまでは全クリして、キャラクターも一部がレベル上限であるLv40まで到達しました。(その後、ルナティックまでクリアしました)

発売前はガチャシステムとか課金要素が心配でしたが、ここまでは完全に無課金プレイで十分楽しめています。

このゲームを一言で言い表すと、コマが萌えキャラになったお手軽詰め将棋という感じ。萌えキャラというとオタクっぽくて抵抗ある人もいそうですが、後述するようにオプションをいじれば、ほぼ詰め将棋部分だけをサクサクと楽しめる高品質なパズルゲームにも変貌します。

簡単なプレイ感想を書いておこうと思います。

スポンサーリンク

異世界に召喚されるの巻

このゲームには、申し訳程度のストーリー要素があります。まず主人公がアンナさんによって異世界に召喚される。課金ゲームで、アンナさんによって召喚されるってなんかもう開き直ってますね(笑) 課金しませんけど!

英雄に見えないってそりゃ…召喚されたのこの人ですからね

もともと住む世界も頭身も違うから、一見したところ英雄に見えないのは仕方ありません。

でも…!!

なんと、自分自身は戦えないけど、英雄たちを召喚して戦わせることができる、特殊能力を持っていることが発覚! 自分は高みの見物をしておいて、痛いところは人任せにするという、なかなかずるい能力の持ち主です。

まあ、英雄たちを召喚できるのは前の世界でもやりましたよ。

なんといってもミートピアを救いし勇者ですからね。

ん…?

いやまてよ、英雄たちを召喚しといて、自分は戦わずに高みの見物してるってのは…

そうか、この御方の能力を受け継いだということね(笑)

ミートピアを救った勇者が、こんどは別の世界を救うために英雄たちを集める…! なんて熱いストーリー!!

最初は英雄に見えないって言われたけど、無事にこちらの世界の方々の信頼も得て、このとおり。

英雄召喚士としての伝説が始まる…!

しょっぱなから癒やしの勇者を引き当てた

このゲームでは、オーブという課金アイテムを使って、英雄を召喚するガチャをまわします。オーブは、課金しなくても、マイニンテンドーとの連携ギフト、ログインボーナス、ストーリーモードの各ステージ初回クリア、一部ミッションクリアなどでもらえるので、出てくるキャラにこだわりさえしなければ、無課金でも十分楽しめます。

わたしは歴代のファイアーエムブレムのキャラはほとんど知らないので、特にこだわりもなく。

しかし…!

しょっぱなからじいちゃん出てきた!! この風格!! いかにも頼りになりそうな感じ!!

この方について調べてみたら、なんとシリーズ屈指の人気を誇る、癒やしの勇者リフ様と言うらしい。このFEヒーローズでは貴重な回復特化ユニット。(なんとこの後ハードモードまで全クリしても、まだ彼以外に回復役が出てこないほど貴重…(^_^;))

最初からクジ運良すぎ! 即レギュラーですよ。

FE総選挙で、フウガおじさまに投票したわたしにぴったりのスキンヘッドです。

残念ながら、★5つは出ませんでしたが、★4が数人そろったので、こんなもんでしょう。フレンドさんは初回から★5を二人も引き当てていましたが(笑)

たぶん大半のユーザーは可愛い女の子使うんだろうけど、わたしにはリフ様がどストライクでした。回復系万能頼りになりまくる。

DS版世界樹2のときじいさん4人、女の子1人で冒険してたわたしにすきはない。

アニメーションoffにすればサクサク楽しめる!

萌えキャラ推しのゲームということで、このゲーム、ダメージを受けると服がはだけるという、誰得な演出があったり、

ボイスが多くて、ちょっとテンポが悪かったりします。スパロボほどテンポ悪くはないですが、もっとサクサクプレイしたい。

そう思ってオプションを見てみると、ありました。

戦闘アニメーションをoffにしたらサクサク度が大幅up!!

往年のSRCファンにぴったりの、コマがキャラクターになっている、お手軽詰め将棋ゲームになりました。

SRCとはスパロボみたいなフリーゲームが作れるフリーソフトSimulation RPG Constructionの略称で、戦闘アニメーションが派手になった本家スパロボがめんどくさくなってきたころによく遊びました。

世界樹やナナドラではボイスoffにして、スパロボでは戦闘シーンカットして、FEでもアニメーションoffにしてクリアしてる わたしは、たぶん大半の人とゲームに求めるものが違ってるんだろうという気がしますが…というより、SFC時代の薄味ゲームに慣れた回顧ゲーマーなのかもしれません。演出はあっさりなほうが楽しめます。

そうやってサクサクと楽しくプレイしていると…

ひたすら ゆきざうるすが持ち上げられたり…

なぜか恨まれたりしながらも、無事にクリア。

最終ステージはけっこう大変でした…。ヴェロニカさんの火力が強すぎる。

マリオランと同じく、最初はスマホユーザー調整か(笑)と思わせといて、徐々に任天堂ゲームになっていって最後は血反吐を吐かせるバランス調整はさすがです。さらにハードやルナティックになると詰将棋っぽくなりますし。

パーティーは、リフlv26を筆頭に、マリク、エスト、オボロのいずれも★4でした。まだ★5は一人も出ていなかったという…(^_^;)

このパーティだと、癒やしの勇者リフが回復で頼りになるのはいいのですが、エストちゃんは飛行できる以外に特に魅力がなく、けっこう一撃でやられる。マリクさんは遠距離属性攻撃、範囲攻撃が仕えるもののパンチ不足。オボロ様は足が遅いものの、味方の防御UPパフを使える縁の下の力持ちという感じでした。

クリアすると、どうやら、ストーリーは全然完結せず、戦いはこれからだ!第一部完!という感じ。とはいっても、もともとあってないようなストーリーなので、わりとどうでもいいんですが。

それにしても、if王族で一人だけ味方キャラ化してなくて、ヴェロニカ様親衛隊やってるマークス兄さんのストーリー優遇?はいったい何なんだろう…(笑) このゲームは英雄王マルスはただのザコ敵、真の主役はマークス兄さんだというこか(笑)

難易度ハードもクリア

それから難易度ハードに挑戦。やっと★5のキャラが出てきました。幻影異聞録で知ってるチキちゃんだったから嬉しい!

その後も、ルキナさんが出たのと、たまたま引き当てた★4の貴重な再動持ちのオリヴィエさんをパーティに入れて、パーティーはこんな感じに。

リフ★4…不動の癒やしの勇者王。最初は癒やしの勇者だったが、やがてスロウを習得したことで、アタッカーが堅くて倒しきれない敵にあらかじめ速度低下のデバフをかけるという戦法がとれるように。名実ともに、パーティの攻守をまかなうリーダーの座を不動のものにした。★4ではあるが、★5で習得できるのは「ご奉仕の喜び3」だけなので、それほど問題はない。

チキ★5…大逆転系アタッカーその1。防御が強いので、たいていは前衛に出して囮にしても大丈夫。オボロ様がいるときは、保険で防御UPパフをかけていたが、レベルが上がると必要なくなった。防御が固いだけあって、劣勢時に最後まで生き残ることが多いが、そのころになると、奥義の範囲攻撃が溜まっているため、劣勢を大逆転できることが稀によくある。ただしファルシオン持ちのルキナやマルスには弱いので、気をつけて先制撃破するべし。

ルキナ★5…大逆転系アタッカーその2。防御は弱いが、速さがあるので、追撃しやすい。速さが足りない場合でも、リフのスロウを入れれば、追撃発生させて倒せるようになるので相性がいい。HPが減ると速度が上がるので、追い詰められると強くなる。隣接する仲間の攻撃力を上げられるので、チキと並んで進軍すれば、チキの火力が上がる。このパーティだと、チキと属性がかぶっていて青属性への決め手に欠けるが、リフのデバフとオリヴィエの再動でわりとなんとかなる。

オリヴィエ★4…貴重な再動要員。現時点ではアクアの「歌う」とオリヴィエの「踊る」の二つのみしか、再動の手段がないらしい。チキやルキナを再動で動かして、一気に強敵を叩くのが主な仕事。アクアと違って、自身が戦う力はほぼないが、ターン開始時に、隣接する味方の攻撃力を上げられるパッシブスキルがあるので、かえってアクアよりサポート役としては強い。最大の問題は、踊るで経験値が入らないので、レベル上げに苦労すること。修練の塔の、自分に合ったレベル帯にリフと二人で行って、回復してもらいながらちまちまと上げるしかない。★4ではあるが、★5で習得できるのは銀の剣+だけなので、こちらも特に問題なし。

このパーティで戦っていると、チキの耐久力が高く、追い詰められて大逆転するパターンが多かったせいが、チキが一人でレベルアップしまって、真っ先にレベル40(上限)まで上がりました。

うん、がんばった!

Lv40になると、4言から5言ほどの簡単な会話が聞けます。

同じ竜族として惹かれ合うようですね!

竜族といえば、カムイ、チキ、ノノ、ファの四人で竜族パーティーというのもちょっとやってみたい(笑) ファルシオン持ちが怖いけど(^_^;)

そして、レベル上限まで行ったチキには難易度ハード帯では敵なしで、ハードの最終章9-5もクリアしました。

レベルはリフ32、オリヴィエ21、ルキナ31、チキ40でした。これであとはルナティックのみ。ルナティックは終盤の推奨レベルが軒並み40で、最高レベルまで上げたパーティでもなかなか厳しそうです…。まあ、そろそろ飽きてきたので、また気が向いたら進めようかな。

難易度ルナティックもクリア

その後、飽きてきた上に、ちょっと苦戦しながらも、テキトーにプレイし続けて、2/27に難易度ルナティックまでクリアしました。

さすがに、ルナティック9章の最終盤は、属性の相性がかなり重要になってきて、アタッカーが赤属性のチキ&ルキナのうちのメンツでは、青属性のアーマーナイトが辛かった。

でも、うまく誘導して、一体ずつ戦うよう努めて、相性の悪い特に固い敵は、チキの奥義をうまく当てたり、オリヴィエの再動でなんとか1ターンで倒しきったりして突破。9-2と9-3あたりが一番難しかったですね。

その後、9-4の「難攻不落」は、右下のカベの割れ目を利用した裏道戦法でらくらく突破。ハードのときも、この戦略にお世話になりました。あっちから攻略すると、狭い通路で敵をうまく一体ずつ誘導できるんですよね。

9-5は、難しすぎるかなーと思ったら、意外と簡単に、二回目の挑戦で攻略できました。

相性がよかった?のか、マークス兄さんは一撃とヴェロニカ様も1ターンで先手必勝できたのが幸いしました。むしろ残ったブルーマージが一番相性的に手ごわかった(笑)

これで現時点で配信されているストーリーモードは、最高難易度ルナティックまで完全クリア! 

総評としては、萌えキャラゲー的な側面は、ちょっと好きになれないというか、引き気味でしたが、ゲーム性そのものはしっかり作られていて、遊びやすいわりに、なかなか頭使って楽しかったです。

マリオランのときもそうでしたが、最初の印象はライト向けのチャラチャラした印象なのに、プレイしていくと、中身はしっかり任天堂ブランドだなーという手応えを感じました。今後、ストーリーの続きや外伝が追加されていくと思いますが、たぶんSwitch発売で忙しくなるので、このゲームはこれで終わりになるかも、という気がします。十分楽しんだので、それもまあいいかな。

次はどう森のアプリが来ると思いますが…FEヒーローズでガチャシステムの課金が解禁されてしまった今、ヤバい予感しかしない…(^_^;) 任天堂の最終兵器しずえさんが荒ぶる廃課金アプリにならないことを祈るばかりです…まあ大丈夫だと思いますけどね(笑)

その後…(3/23追記)

一応毎日ログインしてますがやっと3人目の☆5出ましたよっと。

じつはFEキャラの中で一番好きなタイプ(超火力紙装甲)のリリーナさんだったのでちょっとうれしい。

ゲーム自体はやる気があまりなくて、とりあえずログインしてオーブ受け取ってるだけですが、リリーナさん出たせいで、ちょっと育てたくなりました。 ☆5つの3人が、全員赤属性というのが運用しにくいですが…(^_^;)

スポンサーリンク


カスタムカテゴリー: ファイアーエムブレム