マリオカート8 150CC・ミラー全グランプリ☆3つ達成!


  • 2014年6月1日
  • カスタムカテゴリー: マリオ

発売後2日で達成しました!

以下はミーバースの投稿。

zlCfzR-r1d8HEgalTP zlCfzR_HbZU88ZfwIz zlCfzR_V_FExGT6rQ-

そして、☆3つ達成の証拠画面。

zlCfzR_V_FExGT6rQ-

スポンサーリンク

全グランプリで☆☆☆

今回100CC以下は、150CCで☆を取ると勝手にコンプされるようになっているようです。つまり、わざわざ50CCなどでやる必要はなかったです。

☆3つの基準は過去作みたいなややこしいことはなく、単に4戦全部で一位をとれば☆☆☆、一つでも2位があると☆☆、3位が一回か、2位が2回あると☆という感じだと思いました。

150ccは、スペシャルカップとサンダーカップに苦労しました。一レース目のスカイガーデンとチクタククロックは、苦労せず1位がとれるのですが、特にサンダーのグラグラかざんが鬼門。

ミラーはスペシャルカップ初見で☆☆☆できたのは嬉しかったです! サンダーのほうはやっぱり苦労しました。それ以外は順調でした。

据え置き機のマリオカートはじつはSFC以来です。SFC→DS→3DSの3つしかプレイしていません。☆3つすべて達成したのは、DS以来です。3DSのは中古で買って、ひたすらオンラインしていました。

今回の8はとても楽しみにしていました。Wiiはやってないので、12人対戦は初だったのと、アイテムの仕様が変わっているのとに戸惑いましたが、ゲームバランスは難しすぎず、簡単すぎず、とてもよかったです。(むしろ簡単なほう?)

使ったマシンとキャラクターは、主にベビィマリオ+ゴールドカート+サイバースリックでした。

ハンドリングと加速のいいベビィマリオを母体に、スピードを底上げした感じです。スピードよりも安定感重視です。

しかしサンダーカップだけはかなり苦労したので、重量級のロゼッタを使ってスピードを上げて取りました。

特に気に入ったコースは、ワリオスノーマウンテンです。スタート地点からゴールまでが三周扱いの一本道コースですが、雪山を下っていく疾走感がとにかく楽しかったです。

隠し要素(ネタバレ注意)

☆取得によって開放される要素としては、全グランプリ☆一つ以上にしたときだけ変化がありました。

zlCfzR-3lnsEFR09qH zlCfzR-3lnsEFR09qH

 新しいマシンパーツというのは、さきほど触れたゴールドカートです。

ゴールドカートカート以外にもスピードの上がるカートはいくつもあるので、別にこれにこだわる必要はないですが、記念品として使っていました。

さらに隠し要素として、タイトル画面とメニュー画面の画像が変わります。

最初はこのピットイン中のマリオだけかと思っていましたが…

ルイージやクッパなど、いろいろなタイトル画面が出てくるようになりました。面白いです。

グランプリ制覇のコツ

全グランプリ制覇のコツ…のようなものがあるのかどうかはよくわかりません。わたしはマリオカートはやりまくっているので、特に何を意識したとかはないです。

ひたすらドリフトを決めるのが大事かもしれません。グラグラ火山が苦手だったのは、細いS字カーブがあるからですが、ドリフトで横滑りのようにしてくぐっていくのがコツです。わかりにくいですが、ドリフト=曲がるもの、ではなく、左右に移動する手段としてとらえると対応しやすかったです。

自分にとって不得意なコースをタイムアタックで練習するのもいいかもしれません。任天堂スタッフのゴーストとレースしたり、最速者のゴーストをダウンロードしたりすれば、ショートカットなどがわかります。

オンラインで経験を積んでから、グランプリをやるのもいいかもしれません。オンラインのほうが、グランプリよりはるかに難しくなるので、オンラインやりまくったころにはグランプリが簡単に思えるはずです。

しかしオンラインとグランプリでは、アイテムの使い方がだいぶ違います。オンラインでは、上位をキープできないので、ひたすらアイテムをとったらすぐ使って、逆転を目指します。

逆に、グランプリでは1位キープが基本です。バナナやコウラを手に入れたら、後ろにキープしぱなっしで走るのが鉄板です。

結局は運に左右される部分も多いので、何度もトライしているうちに、☆3つはとれると思います。

とりあえずわたしは、急いでとってしまいましたが、特にメリットもないのでゆっくり楽しむのが吉です。

ハンドル操作に転向

その後、オンラインでは、リモコン使用のハンドル勢として楽しんでいます。ハンドルを使ったのは初めてで、最初は逆ドリフトを連発して、こんなの走れるのか?と思いました。しかしハングオンタイプのバイク(スターコメット)に変えてから、ドリフトのタイミングが短縮されたので、逆ドリフトが出にくくなりました。慣れもあると思います。

しかしハングオンタイプだと、一部のステージでコーナーを曲がるのがギリギリになって、正確にライン取りしなければコースアウトするという問題が生じました。コーナーのインをつくとか以前に、特定のライン取りでないと曲がれません。

特にレインボーロードはそれが顕著で、最初のS字カーブで簡単に落ちます。間がつている途中で体当たりされてズレたり、スリップストリームがたまたま起こってスピードが上がってしまったりしたら落下です。

そんな感じで難しいハンドルのハングオンバイクですが、それもまたゲーム性と思って楽しむことができています。

スポンサーリンク


カスタムカテゴリー: マリオ