WiiU版持ってるけどマリカ8DX買って大正解だった! 初心者OK&バトル白熱しすぎ!


  • 2017年5月1日
  • カスタムカテゴリー: マリオ

迷いに迷った! WiiU版持ってるし、WiiU版でわざわざDLCも全部買ったのに、わざわざSwitch版マリオカート8DXを買うべきか…。はっきり言って、WiiU版でも十分楽しめるんじゃないの? そう思って買い渋っていた時期がありました。

発売当日まで迷ってたんですが、普段ゲームしない相方に相談してみて、Switch版だけの機能とかの話をしてたら、それなら買ってもいいんじゃない?ということに。そして実際、買ってみると、WiiU版とは全然違う追加機能がそれはもう最高に楽しくてデラックスでした!

わたしの周りにいるフレンドさんたちの意見見ると逆に否定的な意見も多いので、人によるんだとは思いますが、わたしの場合は追加要素がどれもこれでもかってくらい直撃してきたので大満足。このレビューではそのあたりのことを書きますね!!  

スポンサーリンク

非ゲーマーでも自然に走れるハンドルアシスト

Switch版のマリオカート(DXの追加要素は、だいたいこんな感じ。

◯Switchの携帯機能に対応。動作もサクサク軽くなった。
◯ジョイコンのHD振動に対応
◯初心者でも楽しめるハンドルアシスト、オートアクセルに対応。
◯バトルモード一新。ルールもステージも別物に。
◯スプラトゥーンのキャラやキングテレサなど追加。アイテムも羽とテレサ追加
◯ウルトラミニターボ追加。サンダードリフトなどの一部裏技的テクニックが削除
◯アイテムが二個持ちに。バナナやコウラはぶら下げててもアイテム欄をひとつ消費するように

どれもパッと見は、たいしたことのない周辺要素の追加に見えますが、このうち最大の決め手になったのは初心者でも楽しめるハンドルアシストなどの機能の追加。発売後すぐのレビュー記事など見ると、自分がうまくなったのかと錯覚するくらい自然にカーブを曲がっているような感覚のアシストだとか。相方は、ドライブは好きだけど非ゲーマーなので、マリカはいつもコースから脱線してまともに走れなくて挫折していました。それがストレスなく走れるらしいとあって、俄然買う気になって、購入につながりました。

マリオのかんたんモードとか追加されるたびに、ゲーマー層からはそんなのいらない!っていうコメントを見かけますが、ゲーマーの人たちは、ふだんゲームやってない人が、どれほど操作に不慣れなのか、まったくわかってないです。非ゲーマーの人はまず、コントローラーの持ち方からしてわからない。コントローラーを構えて、親指と人差し指をガチャガチャ使うなんて論外。一度にひとつのボタンしか押せません。

だからこそ、Wiiは、コントローラーの持ち方を知らない人でも持てるリモコン型になって、ボタンは究極まで減らされてたんでしょうね。その後、WiiUになって、非ゲーマー層がついてこれなくなったのは、また複雑なコントローラーに逆戻りしたからだと思います。特に世の中はボタンなんてひとつもないスマートフォン全盛期なんですし。慣れればいい、っていう人もいますが、これほど娯楽が多様化してて忙しい時代に、「慣れろ」っていうハードルを設ける時点でナンセンスだと思います。

ところが、SwitchではWii時代に回帰してくれて、複雑な操作なしで楽しめる非ゲーマー向けの1-2-Switchがロンチで出て、うちの相方もすごく気に入ってます。今のとこ相方が一番気に入ってるのが、ゼルダでもマリカでもなく1-2-Switchだというあたりに、ゲーマーと非ゲーマーの認識の差がよく出てると思います。1-2-Switchほんと盛り上がりすぎて困るくらい(笑)

で、今回のマリカ8デラックスは、かなり1-2-Switchに近い仕上がりなんですよね。というのも…

非ゲーマー向け三種の神器 オートアクセル、ハンドルアシスト 、ジャイロ

これでどんな人でもマリカできるのがすごい! オートアクセルをオンにすれば、Aボタンでアクセルふかす必要がなくなります。これは上級者でも普通に役立つ機能で、親指が痛くならなくてすむのでありがたい。

次にハンドルアシスト。これをオンにすると、コースを外れたショートカットやウルトラミニターボができなくなるかわりに、まったくコースアウトしなくなります。ドリフトできなくてもストレスなくネオクッパシティ走れるとか!

でも、自動的に走らされてる感はなくて、ものすごく自然な感じ。普通に走ってて、ハンドルアシストがオンなのかオフなのか気づかないくらい。あれっ?そういえば最近コースアウトしないな…とか思って見てみたら、いつの間にかオンで走ってたりするくらい気づかない。

そしてジャイロ。これをオンにしとけばハンドル操作になるので、スティックを操作しなくてよくなります。スティックって直感的な操作だと思えますが、非ゲーマーの人は、スティックで移動することにさえ慣れてないので、意外と敷居が高いんです。でもジャイロにすれば、自動車の操作とかはやったことがあるので、直感的にハンドルが切れます。

ハンドル操作は、これまで、直感的なのかゲーマー向けなのかわかりにくくて、難しいコースだと非ゲーマーの人はコースアウトしまくる問題があったんですが、今回はハンドルアシストがあるから、ハンドルで曲がりきれないような場所でも大丈夫という。

これをすべて使えば、使うボタンはLRボタンだけ。最悪ドリフトなしでも走れるので、Lボタンでアイテムだけ使っていれば、十分マリオカートを楽しめる! コントローラーごとに設定を変えられるので、これを使えば、ゲーマーと非ゲーマーが同時に対戦で楽しむことも可能! というかなりすごい追加要素でした。

実際、届いてすぐやってみましたが、ほんとに自然にプレイできるんですよね。昔っからマリオカートやってるわたしでも、コースアウトでイライラするくらいなら、たまには全部オンにしてぶらぶらプレイしてもいいか、と思えるくらいに楽しめる。

マリオカートって、いつの間にか操作が複雑になってコア層のレースゲームに片足突っ込んでたと思いますが、これで真のパーティーゲームへ原点回帰できたんじゃないかと思いました。ゴールデンウィークや夏休みに、あらゆる家庭で非ゲーマーを巻き込んで超盛り上がりそう。

ただジョイコン片方だけ使うとき、ジョイコングリップをつけてもLRボタン硬すぎるのはいただけない。ジョイコンハンドル買わないと指が痛くなるかも。ジョイコングリップをつけるとき、あまり知らない人にやってもらったら方向逆さまにとりつけたり、外し方わからなくなったりするのも。マリカではなくハード側の問題点ですけども。

リモヌン持ちで気持ちいいHD振動

わたしが期待してた機能はHD振動。発売前トレーラーとかではまったく触れられてなかったんですが、海外レビューの中にHD振動に対応してると書いてあって、ちょっと楽しみに。発売後の評判だと、期待したほどではない、という意見も多かったんですが、どんな感じかな~と。

やってみると、確かに、たいしたことはないレベル。コインを取った時とか、アクセルふかしてるとき、壁に当たったときなどに、特殊な振動が伝わる感じ。正直、もっと振動大きいほうがよかったんじゃないかなーと最初は思ったんですが、任天堂の調整を甘く見てた。

バトルモードとかをずっとプレイしていると、この大きさのHD振動がものすごい心地よくなってきました。自然にプレイに溶け込んでて、臨場感を底上げしてくれてます。

おすそ分けプレイとかで、ジョイコン片方だけ使ってたり、携帯モードやジョイコングリップでジョイコンを合体させてたらやっぱり今ひとつなんですが、ジョイコンを両手に分けて持つ、いわゆるWiiのリモヌンみたいな持ち方をして遊んでると、HD振動がめちゃ気持ちよくて癖になります。これはもう二度とWiiU版には戻れない。

特に、バトルモードの「あつめてコイン」とかをやってると、コインを取るたびにチャリンという音と金属質な振動が伝わってくるのがやたらと気持ちいい。ウルトラミニターボもブルンブルン来てかっこいい。

リモヌン持ちはHD振動以外にも快適で、寝転がりながら自由な姿勢でやれるのもいい。何より、もともとリモヌン持ちはWiiのジャイロ操作を踏襲してる持ち方ですが、マリカのジャイロもリモヌン持ちをすればわりと新感覚で楽しくプレイできます。

とりわけ、今回はハンドル操作(ジャイロ)にスティック操作を併用できるのがおもしろい。 純粋なハンドルじゃなくなって残念な気もするけど、ハンドルで対応しにくかった急カーブとかがすごく楽になって、ハイブリッド感が悪くない。 スティック操作で つい身体を動かしてしまうのが、そのまま反映されるので自然に感じます。

リモヌン持ちの場合、 左手はスティック操作、右手はジャイロ操作に対応してるんですよね。意外にうまくマッチしてるし、両方合わせるとものすごく急カーブで曲がりきれるし、両手分のHD振動がいい仕事してる。もはやハンドル操作ではない別の何かだけど、超楽しい。右手はスティック、左手はジャイロというのは、マリオギャラクシーのプレイ感覚に近いかも。

そして白熱のバトルが楽しすぎた

で、ここからはゲーマー視点の買ってよかった点。それはもちろん、バトルモードの一新。

バトルモードは、かなり複雑な操作が必要になるので、ハンドルアシスト、オートアクセルの非ゲーマーの人にプレイしてもらうのは無理です。というか、バトルモードではオートアクセルが使えません。BでバックしたりUターンしたりするスキルを使うので、オートアクセルじゃなりたたないんでしょう。

だけど、このバトルモードは、ゲーマー層にとってめちゃくちゃ楽しめるすばらしいモードでした。

追加されたバトルは、ルールが五種類、ステージが八種類。ちょっと少なく思えますが、バラエティに富んでいて、どのルールもステージも超個性的なので、今のところ少なさはまったく気になってません。そのうちにアップデートでステージを四種類くらい追加してくれたら嬉しいかもーというくらい。何はともあれ、ウーフーアイランドがなかったことになってなくて嬉しい(笑)

とりあえず、オンラインでバトルばっかやってますが、どれだけプレイしても飽きが来ない楽しさ。というか、普通のレースモードは単調さがあってあまりやる気が出ないのに比べ、バトルモードは新鮮で楽しいです。まあ、発売後すぐだから、目新しいだけかもしれませんけど。

それぞれのルールの感想を簡単に。

◯ふうせんバトル
これまでもあった普通のふうせんバトル。アイテム投げつけて相手のふうせんを割る。しかし前作と違い、ふうせんが全部割られても透明になって退場とはならず、それまでのスコアが半減するだけ。このおかげで、逃げ回らずに積極的にドンパチやれるようになった。意外にも5つのルールの中で一番地味(笑)

◯どっかんボムへい
前作のボムへいバトルとは何だったのかっていうくらい爽快で楽しい。アイテムボックスに接触するとすぐにドラムロールなしでボム兵入手して、しかも10個までストックできる、自分のボム兵の爆風ではダメージ受けない、一人ひとりボム兵の爆風の色が違って識別しやすい。終盤になるとボム兵の入手量が増加してよりハチャメチャに、などなど。これでもかってくらい爽快さを突き詰めた調整で楽しすぎる。

◯パックンvsスパイ
マリオカート版ケイドロ。パックン側とスパイ側にわかれて、全員拿捕したらパックン側の勝ち、一人でも逃げ切れたらスパイ側の勝ち。パックンに捕らわれても、牢屋の中に閉じ込められるだけで、牢屋の下のカギを開けたら脱出できる。初見ではわかりにくいけど、慣れてきたら楽しい。5つのルールの中で一番マップを見ることになるルール。スパイ側は一人でも逃げ切れたら勝ちになるし、カギ開けで救出できるのでわりと有利。カギ開けて救出したり、一人で最後まで逃げ延びたときのヒーロー感。

パックン側は、いくら捕まえても一人でも逃げ切られると負けになってレートが減るのが辛い。でも減るレートは少なめになってるから割り切ってしまえばいいか。…かと思ってると、たまに凄腕パックン部隊がいて、一瞬でスパイ殲滅するから侮れない。ツイッターで評判見ても、好きな人がかなり多いルール。

◯あつめてコイン
マップに落ちてるコインをひたすら集める地味なルール。でも、アイテムの攻撃でコインを奪われるので緊張感はそこそこある。マップをよく見て、コインを見逃さないことが大事なので、視力のいい人向け? コインを着実に取るためにAでアクセルふかすだけじゃなくて、Bでバックしたり、AB同時押しの回転やUターンが重要になる。スピード落としてコツコツ集めていくのが吉。地味だけどクールダウンにちょうどいいし、何より頭の上にコイン積んでる見た目が一番シュールだったりする。

◯いただきシャイン
カオス。一言で言うとカオス。シャインを奪って、20秒間保持した人が勝ち。シャインはひとつしかないから、シャインを今現在持ってる人に、他の全プレイヤーが群がる。シャインを持ってると速度がおちるから、アイテムで攻撃されて奪われやすい。しかし、アイテムで攻撃してシャインを落とさせても、攻撃した人がシャインを取るのではなく、あらぬ方向にシャインが飛ぶので、その争奪戦も激しい。次々にシャインの持ち手が変わって、制限時間5分で終了することもあるくらいカオス。

全ルールで一番繊細なカート操作を要求されて、Uターン必須。だからハンドル操作専門の人とかは辛いかも。それだけにツイッターで見てみると、シャイン取れなくて嫌いと言ってる人も多いけど、慣れてくると一番楽しいと思う。ひたすらカオスで白熱して盛り上がりまくる。フレンド対戦とかでやるとスプラトゥーン並に盛り上がる。デカライン高架下のステージでチーム戦シャインやるとガチホコっぽいですね(笑)

全ルールのこれまでの戦績。

やっぱシャインかパックンが比較的得意かな?むかしっからケイドロとかコオリオニとか好きだったもんなー、逆にドッジボールとかは大嫌いだったと思い出しました。つまりバトル系じゃなくて追いかけっこ系がゆきざうるすに向いてるらしい(笑)

その他細かい変更点

その他気づいた細かい変更点をいろいろと。

◯タッチ操作対応
カートを選んだり、項目を選択したりするときにタッチ操作対応。

◯同じコースが連続で選ばれないようになってる?
バトルモードで、ずっと「おまかせ」を選んでても、同じステージが連続で選ばれることがなくかなりランダムになってる気がした。

◯なぜかMiiに表情がなくなっている(バグ?)
Miiでレースすると、まったく表情が変わらない。発売前トレーラーではしっかり変わってるのでバグかも。

◯YouTubeやミーバースへのアップロード機能、ハイライト共有機能廃止。
スクショもハイライト再生して撮ると画面上の文字情報がなくなっているので、プレイ中にスクショボタンで撮影したほうがわかりやすいし手軽。本体機能でツイッターとかにスクショを上げることはできるし、WiiUよりもサクサク。 MKTVの存在意義が謎に。

◯フレンド合流で待機できず
フレンド合流がものすごくしにくくなってて、なぜか観戦で待機ができない。フレンド側が満員だと問答無用で合流できない。これだけは擁護しようがないほどの改悪。フレンドと楽しむには現状プライベートマッチか大会しか確実な方法がない。

◯プライベートマッチがフレンド外からも参加可能に
プライベートマッチになぜかフレンド外からも合流できるように…プライベートマッチの意味がない。

最後のいくつかの点は、改悪というか、なんでこんな仕様にしたのかよくわからないくらい変な部分ですね。Miiの表情とかアップロード機能は、あんまり気にしてないですが、フレンド合流の件は辛いです。その代わり、おすそ分けプレイでローカルから二人同時にオンラインに来てるような人は多く見かけるようになりましたが。

なんとしてもSwitch発売から早く出したかったから急場凌ぎな部分はあるのかもしれないですね。Switchを牽引するソフトだと思ってるから急造でも早く出したのであれば、WiiU時代やゼルダBotWの例に倣ってアップデートで話題性を持続させるはずなので、これからの再調整に期待したいなーと思います。

最初は、買いたいけどWiiU版あるしなー、わざわざDLCまで買ったしな―、マリカ8は遊び尽くしたし、まだゼルダもポケモンもクリアしてないから、マルチプレイはスプラトゥーン2のサーモンランを待とうかな…と思ってたんですが、個人的には買ってよかったです。

いろいろ賛否両論ありますが、ゲーマー視点か非ゲーマー視点かの違いじゃないかなーと。

1-2-Switchも今回のマリカも普段ゲームやらない非ゲーマーを巻き込める点がすごくて、宮本さんの肩越しの視線とかいうやつの集大成かなと感じました。ゲームやらない人に徹底的に配慮されている。でも、 そのぶん目の肥えたゲーマー層には粗が見えてしまうんだと思います。

逆に非ゲーマー層からしたら、ゼルダBotWは面白そうだけど、操作が複雑すぎて遊べない。かなり遊んだわたしでも、BotWのアイテム操作は複雑すぎて50時間以上遊んでもまだ操作間違えますし…(ライトゲーマーですので笑) そのぶん、ほとんどボタン押さなくていいように調整された1-2-Switchやマリカ8DXは間口が広いです。

リアルで相方と遊べるのはもちろん、オンラインでのバトルもこれでもかってくらい楽しくて、久々にマリオカートを満喫できてるなーと思います。

スポンサーリンク


カスタムカテゴリー: マリオ