スプラ2のオクト全ステクリア感想! 本編よりさらに激アツの追加コンテンツだった!


スプラトゥーン2のオクトエキスパンション、E3ダイレクトの翌日に配信開始されたので、そのまま2日ほどで全80ステージクリアしちゃった(笑)

最初のほうは、ミニゲーム的なお題をクリアしていくだけかとちょっとがっかりしてたら、プレイしていくにつれて歯ごたえのあるアクションが楽しくなってきて、深海メトロの地下鉄内部の雰囲気もユニークでキャラ立ってるし、最後のラストステージの充実っぷり、ラスト二連戦の難易度の高さ、そしてストーリーの熱さや前作のファンサービスと至れり尽くせりで、最高の追加コンテンツだった!

スポンサーリンク

全80ステージクリア

オクトエキスパンションは、ステージ選択方法は本編みたいな箱庭があるわけじゃなくて、地下鉄路線図っぽく配置されたコースを選んでクリアしていくというマリオ式。全部で80ステージあるが、路線図のどこかにある4つのアイテムを集めることが目的で、それを集めればラストステージへ行ける。

だけど、それがしの場合は、はやばやとラスト行くのもったいないから、ストーリーはまったく進めないまま、先に全80ステージをぜんぶクリアしてしまった(笑)

ステージのお題は実にさまざまでまったく飽きさせない。基本的にあんまりめんどくさいのはなくて、一見めんどくさそうに思えるお題も、意図的にやりやすく調整してある感じ。WiiUのNewマリオのルイージUみたいに、ステージが本編よりも短いから、失敗しても気軽に挑戦しなおせるのがいい。

ステージでは、チャレンジ開始時にNamacoポイントというのを消費して、クリアできたら報酬としてその倍近くがもらえるという仕組み。遊園地のアトラクションみたいで楽しい。一回のチャレンジの残機数で攻略できたらNamacoポイントが倍増だし、ゲームオーバーになって二回目のチャレンジでクリアできたらトントン、3回以上かかったら赤字。

しかし2回ゲームオーバーになると、無理やりそのステージをクリア扱いでスキップできるお助けモードが出るので、Namacoポイントなくなって詰んでしまうことはない。初心者でもクリアしてエンディングみられるように、最後までちゃんとお助けモードが設定されている。(ラストステージでは、選んでないけど、たぶん死にまくったら出てくる「激闘する」とかいうのがそれかも)

それがしは一度もお助けモード使わなかったけど、序盤にひとつだけ何度チャレンジしてもクリアできず、10000ポイントくらいあったのが2000ポイントくらいまで減って、破産寸前に追い込まれたやつがあったよ。それがC04「一定時間よけろ!」。

200ポイントで挑戦できる簡単なはずのチャレンジだけど、毎回30秒ギリギリでやられてしまって、クリアできそうなのにできなくて大変だった・・・。コツは正直よくわからん。ただ逃げ回って運に任せろとしか・・・。

似たようなお題で、C-10の「ジェットパックで3一定時間よけろ!」ってのもあって、そっちのほうは移動が速いから、わりと少ない挑戦回数で攻略できたんだけどね・・・。丸腰でセンプクも使えずよけつづけるのがいかに無理ゲーか思い知らされたわ・・・。

あと難しかったのは、I09/B02の「レールに乗って風船全部こわせ!」のライドレールに乗りながら、的をぜんぶ壊すやつ。自分が静止しているタイプの的当て(射的系)は得意なんだけど、本編のときから自分がライドレールに乗ってる的当てはほんと苦手だったので辛かった。

選べるブキが3種類あって、最初は一番難易度が高いチャージャーにカーソルがあってるもんで、それ使って挑戦してたら、あまりに難しくてクリアできず。仕方なく、一番報酬の安いジェットスイーパーでやったら、連射がきくのでスムーズにクリアできたよ。チャージャーでクリアは未達成だったけど、全クリ後に再度やってみたら意外と楽にいけた。もしかして上手くなったんだろか。

もうひとつI05/B08の「レールに乗ってマト全部こわせ!」の竹は、アクションうまいフレンドさんがオクトの最難関だと言ってたからクリア後に挑戦してみたけど、確かにこれはむずいわー。クリアに数時間かかって20000ナマコポイントくらい溶かしてしまった・・・(-_-;) マト全部壊せ系はひとつも逃せない上にチェックポイントないから必然的にむずくなるね。

B07「時間内にマト全部こわせ!」のカーボンローラーでのチャレンジも、ほぼノーミスでも残り時間1秒切るようなギリギリなのでなかなかむずかった・・・。どっちも下に動画載せとくよ。

ブキを複数選べるところは、どれ選んでも簡単なところもあったけど、簡単なのと上級編とにわかれていることも多かった。たとえばE09「業務用インククリーナーを乗りこなしゴールせよ!」はボムのみでクリアするほうはかなり難しそう。

F07/C12の「同じ形にせよ!」のピクロスみたいなやつも、ボトルガイザーだとラクラクだけど、チャージャーだと照準出ないから誤爆ありそうで怖かった。いかに一列貫通を使いこなせるかが鍵だった。J02にも難易度上がったバージョンの「同じ形にせよ!」はコツコツと慎重にやればなんとかできたけど、ブラスターでの攻略は怖かった・・・。

エイトボール系のチャレンジは、なんか最初はマリオギャラクシーの玉乗りのイライラ加減を思い出して、あー、これ神経使って大変なやつや!と身構えたけど、最後までやってみたら、特に難しいのなかったよ。エイトボールを敵の大群から守り抜くやつを数回失敗したくらいかな。たぶん制作陣がこういう系はストレスになりやすいのをよくわかってて、難易度調整してくれたんだと思う。

個人的に一番楽しかったのはG03のタコスナイパー軍団とリッター4Kで市街地戦やるやつとか、チャージャー関連かな。さっきも書いたけど、射的系はわりと得意だし緊迫感があって面白い。C08の大量にメリーゴーランド的に回転してる敵を全滅させるのなんかも、マルチミサイルとかプレッサーも使えるとあって爽快だった。これに限らず、ハイプレが手に入ると切り札っぽくてめちゃ嬉しい。チャージャーじゃなくてスイーパーとかブラスターでの攻略になると途端に難易度跳ね上がるのもやりごたえあった。

ジェットパックやスフィア限定で戦うステもわりとあって新鮮だった。特に本編のボスの改造版相手に戦うチャレンジはかなり面白かったな。常時スペシャルだと楽になるのかと思ったら、スフィアでタコツボザムライとかジェットパックでタコツボビバノンとか、コツつかむまでわりと苦戦して楽しかった。

ふだん遊んでないガチホコとかヤグラでタコゾネスと戦うステもよかったな。一人で大群相手にするから忙しいんだけど緊迫感がたまらない。対人線だと難易度きついのであんまりやりたくないけど、こうしてCPU相手に楽しめるのはいいね。

そのほかにも巨大建造物を登っていくステージとか、ほんとに多彩で面白いのが多かった。限られたインクでクリアするとか敵インクに振れたらアウト系はちょっとめんどかったけど、物資限られた敵地の潜入ミッションみたいで緊迫感あったな。なんか挙げ始めるときりがないけど、全部面白かったの一言に尽きる。

▽苦労したところの動画など(Switch本体機能の動画なのでラスト30秒のみ)

前作ファンも納得のストーリー最高!

でもそれより何より最高だったのは間違いなくストーリー面だった。というかここまでしっかり作ってあるとは思ってなかったのでびっくりした! はっきり言って本編のストーリーよりさらに燃えるし、曲もすばらしいし、本編のほうで不満だったラスボスの単調さとか難易度の低さみたいなのもなくて、文句のつけようがなかった。本編ストーリーのほうは、シオカラーズやガチホコの演出だけよかった感じでゲームとしては微妙だったからなー。

オクトエキスパンションのストーリーは、えー!そこまで切り込んじゃうの!?ってな世界観深く掘り下げる感じがすごかった。てっきりいつまでもヒメはイイダの正体知らないままですっとぼけていくのかと思ってた。もし伏線回収されるにしても次回作以降だろうなーとか。本編のほうはシオカラーズのための、そしてオクトエキスパンションのほうはテンタクルズのためのストーリーなんだなーとしみじみ思ったよ。テンタクルズのための濃密なストーリーを追加コンテンツの中でやっちゃうというのはちょっともったいなくもあるけど、太っ腹だなーって思うよね。

深海メトロの駅の背景は、めちゃくちゃ作り込まれてて、いっそう完成度が上がってる。そこかしこに遊び心があって、地下鉄構内まわって背景見てるだけでも楽しい。最初、列車内部の座面低すぎ!つり革高すぎ!って思ったけど、メトロの乗客出てくると納得した。なるほど、グソクさんとかになると、足短くて胴長だから、あの高さがぴったりなのね。列車内にいるキャラは路線ごとに変わるんだけど、フクロウナギとかブロブフィッシュとか、深海生物モチーフのキャラばかりで楽しい。クリオネがまさかのマッチョマンになってるとか(笑)

   

80個のチャレンジ攻略の時点だと、ストーリーなんてあってないようなもんだけど、4つのアイテム集めてラストステージに入ってからが本番。地下から大脱出するかなり長丁場のステージと、最後にボス二連戦が待ちかまえていてひたすらに熱い。

今作の不満点のひとつが前作のスプラを象徴するテーマ曲ともいえるSplattrack!がなくなってたことなんだけど、それがまさかあんな形で流れるとは・・・熱すぎるし前作ファンは嬉しすぎる。3号もめちゃくちゃかっこよくて惚れた。

ラストバトルは、本編はガチホコオマージュだったけど、今回はナワバリバトル。実際に陣地を競うわけではなく、ラストバトルというよりは時間制限付きのアクションステージとなっているんだけど、これがけっこう苦労したー!!攻略順を頭に叩き込んで先回りしてかないと時間制限が厳しすぎる! 途中でちょっとでもミスしたら時間怪しくなってくる。クリアしたときはラスト1秒でギリギリいけたみたいで、てっきりまたやり直しだと思ってたらクリアしててびっくりした。

ラストのストーリー演出すごいよね。まさかあんな形でスプラトゥーンのイカ世界の成り立ちが明かされようとは・・・ヒメとイイダの伏線?みたいなのも回収されるし、二人がかっこよすぎる。主人公のハチのストーリーも熱いよね。クリア後の裏ボスとの対決も含め、ああ、前作のあの戦いを見てシオカラ節のグルーヴを宿したわけだから、ハチにとって3号はヒーローなんだなーって。3号は男キャラにして、ハチは女キャラにしたから、なんか運命の出会いチックでちょっとドキドキした(笑) 3号がかっこよすぎるのが悪い!

そんなこんなで、配信早々クリアしちゃったオクトエキスパンション。ほんとはもっとじっくり楽しんでもよかったんだけど、積みゲーが押してるのでね。今はハロウナイトとナインパーチメントとヨトゥンやってるし、ほかにもやりたいゲーム色々あるから、一気にクリアして次行くことにしました。まだ裏ボスは攻略してないから、気が向いたらそこもやろうかな。特にコンプ要素みたいなのなさそうだけど。

アプデ継続は発表されたけど、大きな動きとしてはこれが最後で、次なるストーリー展開は次世代機かスピンオフ待ちかな。一気にクリアしちゃってちょっと寂しいけど、最高の追加コンテンツだったよー! ありがとう!

スポンサーリンク

 



カスタムカテゴリー: 他の任天堂ゲーム