ポケモンサンのクリア感想! アローラ観光の楽しい思い出がなごり惜しい!


去年の発売日に買ったポケモンサン、半年経ってやっとクリアしました!(笑) つまらなかったわけではなくて、ずっと忙しくてゲームじっくりやる余裕がなかったための放置状態でした。同じく放置状態のゲームが幾つかあるけど、飽きたわけじゃないので、時間かかってもクリアはする予定。

ポケモンやったのは、初代以来ということで、ものすごく久しぶりでしたが、よくわからないことだらけでも楽しめるのがポケモンのいいところですね(笑) クリアしてみて、よかったところ、悪かったところの感想を書きます。

   

体験版の感想はこちら。

ポケモン サン・ムーン特別体験版の感想メモ
ポケモン サン・ムーン特別体験版の感想
スポンサーリンク

良かった点

プレイして良かった点いろいろ。

臨場感たっぷりのBGM

何を置いても、1番よかったのは間違いなくBGM! 体験版の最後のムービーでもBGMカッコいいな―と思ってましたが、最初の島でヤドキング…じゃなくてコイキングでもなくて、しまキングのハラさんとバトルしたときのBGMに感動しました。イントロはいかにも強敵、ボスという威圧感があって、でもバトル進んでくと楽しげなパートが入って、背景がお祭りの舞台なのもあって盛り上がりました。

ぬしポケモン戦の曲のほうは、RPGのボス敵っぽい雰囲気だから、なおさらにギャップがよかった。ポケモンが巨悪と戦うRPGじゃなくて楽しい冒険モノなんだと気づかせてくれる。

あと最後のク◯◯博士とのバトル曲は最高に盛り上がりますね! 初代ポケモンのメロディも織り込まれてて、しかも壮大で燃える。この曲聞いた瞬間、あっ、ポケモンサンやってよかった! ってふと思いました。そして、ここで終わりなのは寂しい! とも。

これはいつかオーケストラで聞きに行きたいんですが、ポケモンってオーケストラコンサートやってくれないのかなー??

懐かしのポケモンたちとの冒険

最初のポケモンは、御三家の中から、決めていたとおりアシマリを選択。

名前は迷うことなく「まうまう」に。特に意味はないけど、「まうまう」ぽかったので!

初代でカメックス好きだったし、やっぱ水ですよ。御三家の最終進化形、最初知ったときは違和感あったんですが、プレイしてみると、どれもかっこいいしかわいい。動いてるの見るとかなり印象変わりますよね。フレンドがモクローくださったので、手持ちはアシレーヌとジュナイパー、ライバルポジションのハウくんがガオガエンということで、全御三家堪能できました。感謝です!

次は、最初に配信でもらったゴンベが優秀で、Kビゴンも好きだったので、そのままレギュラーメンバー、というかチームの大黒柱になってもらいました。

おまもりこばん装備して、「ハッピータイム」かまして、トレーナーからKつあげする役割(笑) Zクリスタル全然使わなかったからカビゴンZも使ってなかったんですが、「てかげん」を覚えさせて、野生のポケモンゲットに毎回大活躍でした。

最後のエンディング前のカプクケコもKビゴンの「てかげん」で削ってハイパーボールでゲットしましたし。トレーナー戦では、「ハッピータイム」やったあと、「ギガインパクト」ぶちかまして一撃必殺して、後続に交代というポジションでした。

それにしてもでっかい。家に入らないとウワサの等身大クッションほしくなるほどでっかい。

ハラさんとの対戦とか、チャンピオン戦だと、もはや大相撲ポケモン場所かよ! 状態。よこづなアローラいち! (※次のターン ハリテヤマのインファイトで瞬殺されました)

Kビゴンとまうまうはタッグバトルでもよき相棒として活躍してくれました。まうまうの「うたかたのアリア」でKビゴンが毎回ずぶ濡れに…。

その他のポケモンは、特にこれといったメンバーがいなかったんですが、フレンドからもらったオムナイト、ムンナを選択。

オムナイトは、初代プレイしてたときのパーティーの大黒柱だったので、また冒険できて嬉しい限り。フレンドがくれたオムスターとムシャーナはものすごいレベル上がりまくるので、他のポケモンより頭一つ強い感じ。普段は後ろに控えててもらって、ピンチのときにお願いする先生ポジションを務めてもらいました。ピンチでオムスターに交代したときの安心感はすごい。初代のころ思い出して感無量でした! ありがとうございます(^^)

 

そのほか、最後の一枠は、たまたま途中で捕まえたムウマに。なんだか、FF3のラスボス「くらやみのくも」っぽくていいなーと思ってたら、そのまま使い続けて、ラストまで居残りました(笑) ラスボス前にムウマージに進化させましたが、Kビゴンが手も足も出ないゴーストタイプ相手に意外と活躍してくれたり、しっかりパーティーメンバーの一員として活躍してくれました。

Zワザはモーションかわいいし、もっと使いたかったなーとは思うけど、ポケモン同士のわざの属性相性とかほとんど知らないままにプレイしてて、Zワザ出しても属性不利だとあんまり役に立たないのも相手の攻撃で体感してたので、自分のパーティーに取り入れる機会を逸してしまった。「おまもりこばん」とか「せんせいのつめ」が便利すぎたのもありますが。

そうそう、なんか途中でポケルスとやらに自然感染したらしく、フレンドさんに指摘されてびっくりしました。なんかその直前に、ポケモンセンターでウイルスがどうのこうの言われて、ああストーリーに絡んでくるイベントなのかなーとか思ったんですよね。スクショ撮っとけばよかった!! 指摘されなかったら、ありがたみに気づかず、スルーするところでしたよ(笑) ちゃんと感染拡大させて、培養体制作っときました。

個性豊かなキャラクターたち

ポケモンって初代から濃いキャラが多いなーという印象ですが、今作も濃すぎですね! 特に印象的だったのは、やっぱク◯◯博士かなー。あっ、別に伏せ字にしなくてもよかったか。

  

「はかせのふくめん」見つけたとき爆笑でした。

肉体派だけど暑苦しくなくて、爽やかなナイスガイなところがまたカッコいいですね。肉体派博士っていうと、なんかすごく古いネタで申し訳ないけど、ぷよぷよの魔導物語に出てきたシュテルン博士思い出しました(笑) だれやねん!とかツッこまれそう…。

ヒロインのリーリエ一家も見てて面白かった。ウルトラビースト狂のお母さんも濃いし、いつもカッコつけてるわりに、なぜかスカル団に使われてるヘタレになってたり、出てくるたびに今ひとつパッとしない噛ませ犬だったりする愛すべきグラジオさんとか。

ほしぐもちゃん専属輸送係のリーリエちゃんも、最初のうちは空気読めない不思議っ子でしたが、後半本気出してからは、イメージ変わってなかなか味のあるキャラでした。

ライバル?のハウくんは…和みますね! なんだあの喋り方、つい癖になるし、真似したくなってしまう…。どことなくつかみどころがなくて、魔性の魅力があって、主人公の行く先々に現れるって、ポケモンじゃなかったら、絶対に裏がある立ち位置のキャラですね! 黒幕!

カキの試練は…いやもう、多くは語るまい。

あんなの販促でしょ! いや反則!

感動のエンディング最中でもファイヤーダンスして笑い取りに来るのやめてくださいよ!! 

天文台でいきなり出てきて驚かせるマーマネもたいがいでしたが…。てっきり不思議の国の住人かと思ってたら、なんで現実にいるん!?みたいな。あとアセロラちゃんの試練のミミッキュのホラー演出はよかった。あれは現実にあったら怖い。グズマ戦後にクチナシおじさんがやってきて、ゾンビみたいな顔で無表情の主人公と対面して沈黙が流れるシーンももはやホラー。

そういやエンディングで、アロハっぽい女性が出てきて、あれっ、このキャラどっかで見たけど誰だったかなーとか思ってたら主人公の母親だったのは内緒です。プレイ開始が半年以上前だからすっかり忘れてた!!

王道の冒険ストーリー

任天堂系列のゲームにストーリーはまったく期待してないんですが、思いのほか楽しかった! いや、ストーリーなんてあってなかったような気もするんですが、南国の島巡りをするってだけで、ちょっとバカンス気分だし、リゾート地を観光してるみたいな楽しさがありました。今までのポケモンにあまり興味がなくて、今回買おうって思ったのも、南国リゾートだったからですしね。ウルトラサン・ムーンもアローラ舞台みたいだから買いたいかも。

島巡りしながら成長して、その中でスカル団のいざこざ解決して、ウルトラビーストのオカルト事件にも巻き込まれて、でも目的は一人前のトレーナーになることで、最後はポケモンリーグで決戦!というのが、ストーリーの流れとしてとてもよかった。魔王倒して終わるRPGじゃないポケモンならではだなーとしみじみ感動しました。だって最近のRPGって、後半に行くにつれて、どんどん話が大きくなって、魔王とか神とか倒して「俺たちは自由だ!」みたいな展開ばっかりで飽き飽きしてたもので。ややこしい哲学とか思想とかいらないんですよ。しかもそれでエンディングは投げっぱなしのRPGも多いし。

等身大の自分を越えていくと感情移入できないし、なんか興ざめする。その点ポケモンサンのストーリーは、最初のうちは単調に思ってたけど、進めるにつれてどんどん楽しくなっとて、最後には昔ながらのRPGの冒険を思い出させてくれて、プレイ後感がとてもよかった。エンディングもしっかり作り込まれてて、こういうクリアして満足感が残るRPGがやりたかったんだと思いました。この王道さが今でもポケモンが愛される理由なのかな。

ポケモンたちが身近になるサブシステム

あと、最初はおまけ程度に考えてたサブシステムいろいろがわりとよかった。

まずポケモンライドは、わざわざ「なみのり」とか覚えさせなくても、専用のポケモンが乗せてくれるシステム。どのポケモンも乗ったときの操作感がいいんですよ。システム上、バンバドロとかはあんまり使わなかったけど、ケンタロスとムーンライドにはお世話にらなりました。サメハダーで岩壊すの爽快だし、カイリキーはお姫様抱っこしてくれるナイトだし。

ポケリフレは言わずもがな。オムスターが可愛すぎて卒倒しそう。喜んだら目が細くなるの可愛すぎるだろー!!

ポケリゾートは、これまでうっすら気になってた、ツッコんだら負けだった、預けてるポケモンってどうなってるの?を解決してくれた素晴らしいシステム。ポケモン乱獲してセンターに凍結してる主人公としてはエーテルパラダイス代表に自分勝手だと責められてもぐうの音も出ないわけですが、ポケリゾートで楽しんでくれてるならいいよね! とかちょっと気が楽になりました(^_^;) じっさいポケリゾートのポケモンたち楽しそうだし(笑)

悪かった点

悪かった点も少しだけ。

スクショ撮れない

ポケモン進めるのが中々気が進まなかった理由のひとつは、スクショが撮れないこと。大逆転裁判とかもそうでしたが、なんでスクショ撮れないんでしょうね。スクショが自由に撮れるってだけで、ミートピアのほうがサクサク楽しめたんで、先にクリアしちゃいました。

本体機能でスクショが撮れないと、横にスマホ置いとかなきゃいけない。一時停止もできないから、わざわざホームボタン押して、ゲームメモ起動してスクショ撮るしかないのがめんどくさい。そこまでしてスクショ撮らなくてもいいじゃん、と言われちゃいそうだけど、SNS時代の今は、スクショ上げてやりとりしたかったりもするんですよ。

もっとも、3DSのソフトはスクショ撮れるやつでも、ほとんどミーバース起動してアルバムに保存しないといけないので、手間としては似たり寄ったりか。New3DS買って少しは早くなったけど、それでもひどい。Wii Uが終了した今、ミーバースはSwitchでは消えてたから、いずれサービス終了になるだろうし、そうなるとほとんどポケモンみたいにスクショ撮れなくなりますね。(追記:インターネットブラウザ経由でスクショ保存できるの忘れてました)

その点、ミートピアは、たぶん3DSのゲームでは唯一、どんな場面でも一時停止できて、上下どちらの画面でもスクショ撮れるという神ゲー。ぶつ森でさえ上画面撮れるだけなのに、ミートピアは格が違う! あのシステムを全3DSソフトで標準にしてもらいたい。

3Dの意味がない

3DSのポケモン全体に言えることみたいですが、立体視非対応は悲しい。3DSって画質が荒いけど、立体視で見ればきれい、っていうハードなので、立体視なしだとジャギーがひどくて一時代前のゲームみたいに見えてしまう。最近ニンテンドー自体が2DS推しだけど、ポケモンが3D対応してれば、印象は違ったんじゃないかなーと思ったり。

個人的な印象ですが、3DSのカメラ機能使ったときに1番感動するのは、もっふもふの動物撮ったときなんですよ。ネコ動画とか3Dで見たら超かわいいはず。一応ニンテンドッグス出したとはいえ、そういうソフトってもっと出せなかったのかなーと思うくらい、ゲーム以外に3D機能活用できてない。ポケモンもたぶん3Dで動いてるの見たらもっとかわいいんだろうなーって思うと残念。

主人公の無表情が怖い

どんなイベントでも無表情で迫ってくる主人公が怖い。なんで表情つけなかったのか意味がわからない。とにかく怖い。ホラー。

仲間呼びがめんどくさい

野生のポケモンの体力削ってボール投げようとしたら、行動済み関係なしに仲間呼びして、下手したら、延々とループして捕まえられない。たまに仲間呼びするならともかく、毎ターン50%くらいの確率で呼ぶのはやめてもらいたい。捕まえにくくしたいんだったら、こんな単調なシステムじゃなくて、もう少しバリエーション持たせてくれてもいいんじゃないかなー。

あと、どうしてもバトルのテンポが悪いから、途中からアニメーションはオフにしてました。もったいない気もするけど、サクサク遊べるほうが好みなので。ミートピアみたいに任意で早送りができたらちょっと違うのかな。でもそれはそれで雰囲気が削がれそうな気も。

また冒険したくなった

そんな感じで、初代ポケモン以来のポケモンサンクリア! まだエンディング後の世界もいろいろあるみたいだけど、やりこみ派ではないから、ミートピアみたいにぼちぼちやるくらいかな。楽しめるかわからなかったけどク◯◯博士のうさんくさい誘いに乗ってよかったです!

ついこの間、続編?のウルトラサン・ムーンが発売されたけど、やっぱウルトラとつくからには、本編で顔見せ程度だったウルトラビースト関連のストーリーを煮詰めていくのかな。アローラが舞台っぽいですし、続報見てから、買うかどうか決めようと思います。今回の続きみたいにして楽しめるんなら、また冒険するのも楽しそうだな―と思ったり。もし続編じゃなくパラレル世界だったら主人公はまなくんにするか。Switchで開発中のRPG新作も気になりますね。

初代を楽しんだのはもうずっと昔だけど、童心に帰って冒険できた、とても楽しいアローラ観光でした! いやー、アローラ最高!

スポンサーリンク


カスタムカテゴリー: 他の任天堂ゲーム