子供のころ挫折したロマサガ2をクリアして人生の宿題ひとつ終わらせた感動に浸った

ロマサガ2クリアしたー!!! エンディングが泣かせる・・・

スポンサーリンク

リメイク版についての感想

子供のころやって七英雄の強さに挫折したゲームだけど、今の時代にリメイク版プレイできるなんて感動だね。大変さ知ってるだけに発売れてからしばらく買うか迷ってたんだけど、ちょっとゲームする時間ができたのと、難しめのインディーゲークリアして今ならやれるって自信ついたのとで長き時を経て挑戦することにした。

もうね、オープニング音楽聞いただけで涙出るほどロマサガ大好きなの。バトル音楽聞くと鳥肌が立つ。七英雄バトルとかあらゆるRPGのバトル曲の最高峰だわ。ドラクエ7とかほかにも大好きなゲームは多いけど、ロマサガ2はクリアできなかったゲームとしては意外なほど思い入れ強い。

昨今、リメイクって色々出てて、例えばFF7のリメイクが発表されたり、聖剣伝説2リメイクが炎上したりしてるけど、ロマサガ2のリメイクはどうなのか。率直に言えば、最高のリメイクだった。リメイクってのはこういうのをリメイクって言うんだよ、みたいな。

『ロマサガ2』リマスター版スタッフが語る! 重要なのは原作をリスペクトし、再解釈すること【Unite 2017 Tokyo】 – ファミ通.com

『ロマサガ2』ベテラン皇帝も新米皇帝も必読! スマホ/PS Vita版の見どころを河津秋敏氏、市川雅統氏に聞く [ファミ通App]

当時のキャラやモンスターのドット絵のまま、違和感のない感じに背景含め綺麗に仕上げて、操作性を今の環境に合うようにちょっと改善してくれてる。たとえばマップとかメニュー画面が操作しやすく変更されたらしい。気づかないほど自然だったんだけど(笑)

ゲーム始めて最初は、ちょっと移動のぎこちなさに戸惑ってしまったけど、アナログスティックの操作には向いてないねこれ。十字キーじゃないと正確な移動ができない。十字キーしかないSFC時代に作られたから当然なんだけど、なんとSwitchっとて標準のコントローラーには十字キーついてないんだよね・・・。分割された形式の十字キーだから、操作がめちゃくちゃしにくい。途中で慣れたからいいけど、親指への負担が大きいから、気になる人はプロコンとか、十字キーついてる周辺機器メーカーのコントローラーとかでプレイしたほうがいいかも。

テキストとかシステムとかは当時のままほとんど手を入れず、必要最低限の修正だけ。だから、遊んでて、当時と雰囲気が変わらない。それなのに遊びやすい。もう最高。

追加要素の部分も、きっちり違和感なく組み込んできていてすごい。ドラクエ4みたいに、リメイクにあたっての追加要素が浮いちゃうゲームって多いんだけど、ロマサガ2リメイクに関しては元からあったみたいに馴染んでる。

追加されたテキストとかシステムとかが、リメイク前のSFC版のときの雰囲気そのままなんだよね。なんというか、飾り気がなくて無骨で、あえてサービスせず言葉足らずな感じ。そのそっけなさが最高にいい。最近のゲームみたいに製作者のエゴが出てなくて、必要最低限だけ語って、あとはプレイヤーに委ねている感。

追加要素のおかげで、難易度が緩和されてるのもありがたいね。いつでも引き継いで強くてニューゲームできるから絶対クリアできるし、金策とかアイテムとか経験値稼ぎとか楽になるお助け要素があるから詰まらないし。かといってあの伝説の難易度はそのままだから、お助け要素あってもそう簡単にはクリアさせてくれないから、うまくバランスがとれてる。追加ダンジョンでとれるアイテムが、SFC版にデータだけあった没アイテムを流用してるってのも、ちゃんと当時の雰囲気を引き継いでくれていいい。

モンスターのグラフィックは、一部ボスだけアニメーションしてるから、アニメーションしない他の敵に混じって浮いてるって言われるけど、プレイしててあんまりそうは思わなかったな。七英雄のグラフィックのアニメーションとか、当時のドット絵のまま自然すぎるアニメーションしてて、もう最高によかった。お気に入りはボクオーン第二形態と、ラスボスのアニメーションかな。秀逸すぎる。もちろん全部の敵がアニメーションしてくれたほうが違和感なくてよかったのかもしれないけど、特別な敵にアニメーションがついてるとなんか豪華さが増すから、それはそれで悪くなかったよ。

同じくSwitchで出た聖剣伝説コレクションが、特段変化なくそのまま移植されて、アスペクト比も画面と合ってないのに対して、こっちは違和感なくぜんぶ修正されてるからね。ほんとすばらしい。一部SFC版と効果音が違って完全再現はできてないらしいけど、そこまでマニアじゃないから覚えてないし(笑)

総じて、今まで見た中で最高のリメイクの一つだったと思う。ロマサガ3のリメイクも超楽しみなんだけど、今年中に出るかなー??

恒例のエンディング年表

さて、では恒例のエンディングの年表をもとに、プレイ感想を語っていくよー。

まず年表にはないけど、初代皇帝レオン。命を犠牲にしてソウルスティールを見切って伝承法により七英雄と闘ういしずえを築いた偉大すぎる御方。バトルではひたすらライトボールを投げていた。

第2王子皇帝ジェラール

二代目皇帝ジェラール。父と兄の死を乗り越えて見切りを受け継ぎクジンシーを撃破。その後、龍の穴の格闘家と協力し南バレンヌ制圧。シティシーフと協力し、運河解放まで成し遂げる。 バトルでは火の玉投げまくってた。

初代皇帝レオンのソウルスティール見切りを受け継いで、ここから1000年に及ぶ七英雄との激闘が始まった! ジェラールは術士としてライトボールで活躍してくれて、特に継承後は強くて頼りになった。シーフのキャットさんとのロマンスも。

仲間は初期固定キャラの帝国重装歩兵ベア、帝国軽装歩兵男ジェイムズ、帝国猟兵女テレーズ、そして風術水術担当の帝国魔道士男アリエス。この中ではディープワン道場で空圧波とか巻き落し閃いてくれたジェイムズがダントツで強かった。次世代ではジェイムズの子孫のリチャードがパーティーインすることに。

宮廷魔術士皇帝アメジスト

三代目は宮廷魔術士皇帝のアメジストさん。術士皇帝として術法研究所とアバロンの園を建設。物腰柔らかな交渉術を生かして武装商船団と同盟、さらにカンバーランドの和平と謀反阻止をなしとげる。 バトルでは術法を駆使しながら時々 硬い敵に空圧波をかました。

あまり強いイメージはないけど、さっそく術研究所作って、武装商船団とかカンバーランドの揉め事を解決した折衷型の才媛な印象。

仲間はシティシーフ女のビーバー(小剣、水術)、格闘家フリッツ(体術)、フリーファイター男オライオン(大剣)、帝国軽装歩兵男リチャード(剣)。格闘家のフリッツの体術が特に強かったから次世代でもフリッツの子孫をパーティーインした。リチャードと主に先代のジェイムズから受け継いだ空圧波で活躍してくれた。まだ強い技がない時代なので、強敵に割合ダメージ削れる空圧波は強い。

帝国猟兵皇帝チャールズ

四代目は帝国猟兵皇帝のチャールズ殿下。狩人である彼はテレルテバを武力により解放して移動湖でノエルと和解、またサバンナの地下に巣食っていたアリを殲滅した。しかし人魚の美貌に惚れて行方をくらます。弓を得意としたが、地属性の魔法で味方を強化したり、敵(主にアリ)をスタンさせる頭脳プレイも。何気に帝国大学を建設したのは彼である

ゴツくてイカツイ武人っぽいけど、弓使いとして全体攻撃を駆使したり、地属性術を駆使したり意外と頭脳派だった。なんか年表もそんな感じに。 テレルテバ解放して白アリのクイーンも撃破してるんだけど、人魚薬イベントで人魚と駆け落ちして行方不明に(笑)

仲間はホーリーオーダー男ピーター(剣)とホーリーオーダー女アガタ(主に太陽光線)の兄妹、先代で強かった格闘家フリッツの子孫テリー(体術)、フリーファイター男のシーシアス(大剣)。みんなかなり強くて、皇帝が微妙にヘタレっぽかったのを補ってくれた。

ただピーターとアガタ兄妹はLPの減りが早くてギリギリだった感じ。最終的にはチャールズ殿下もLP1になって人魚と駆け落ちエンドにしたというオチ(笑) 海の主とその娘と和解したのもチャールズ殿下だったから、何かきっと人外の水生生物に惹かれる性癖があったんだろうたぶん。

サイゴ族皇帝ハールファグル

五代目はサイゴ族皇帝ハールファグル。サイゴ族出身の異色の皇帝は必殺の削岩拳を武器に、氷海の遺跡を守る巨人に勝利、さらにサイゴ族の子どもを助けるため、自ら編み出したムーフェンスの陣形を駆使して七英雄の1人ダンターグを打ち破った。 ていうか、わりと低レベルで挑んだと思うけどムーフェンス強いな笑

陣形のムーフェンス習得して、本人の削岩拳がめちゃ強かったこともあって、三代目に比べてバトルで超頼りになった印象。 最初に七英雄倒したのは彼の時代だし。あのダンターグを無視して通り抜けようとして、怒ったダンターグに呼び止められたけど返り討ちにしたというね。

次世代の皇帝を武装商船団にするつもりだったから、武装商船団反乱イベントのギャロンを鎮圧したのも彼。これで晴れて武装商船団が仲間入りしたとともに、次世代の皇帝がギャロンの亡霊と対決するのが確実となった。

最後にコムルーン島の火山イベントもこなしたけど、寒い地方から暑い地方に行ったせいで死んだのかも・・・(-_-;)

仲間はデザートガードのネマーン(大剣)、帝国軽装歩兵女のオードリー(剣)、フリーファイター女のヒッポリュテー(斧)、軍師のハクヤク(天火地術)。この中だとオードリーさんが1人だけめちゃくちゃ強くて頼りになった。その影響で次世代の皇帝のときもオードリーの子孫がパーティーインすることに。

武装商船団皇帝マゼラン

六代目は武装商船団皇帝のマゼラン。武装商船団出身の彼は何者をも恐れぬ豪胆な性格で、沈没船に乗り込み、コムルーン海峡を開拓、火山に乗り込んで噴火を食い止めた。その後海の王者アルビオン道場に通いつつ、東方の国ヤウダまで通商を確保し、七英雄の1人ワグナスを撃破。バトルでは必殺の高速ナブラが唸った。

陣形のラピッドストリームを習得して高速ナブラで戦う、先代とは別ベクトルで強い皇帝だった。 コムルーン海峡を開拓して火山制圧したり、沈没船行って同じ武装商船団としてギャロンの亡霊と決着をつけたり、最後は東洋のヤウダで浮遊城まで行って七英雄のワグナスを仕留めるという、マゼランの名に恥じぬ冒険家っぷりだったね。

幽霊船でギャロンを無言で高速ナブラして後始末つけたり、火山イベントで危険な任務をこなしてサラマンダーから一目置かれたり、ヤウダでセクキシュウサイと一騎打ちしたりしたところは豪放磊落な冒険者でもあり司令官でもあるというマゼラン皇帝の印象を方向づけるかっこいい一幕だった。

仲間はハンターのクワワ(弓)、ホーリーオーダー女のバルバラ(棍棒と天術など)、帝国軽装歩兵女のグレース(剣使い。先代のオードリーの子孫)、そして次世代の皇帝にするために仲間にしたコッペリア。この時代ではコッペリアは自動操縦だからほとんど役に立たなかったけど、それでも七英雄のワグナスを完封できるくらいに強かったマゼラン皇帝。

マゼランは腕力強いので発明家ヒラガからもらった人力風起こしでワグナスの浮遊城に突入できたんだけど、次世代のコッペリアで人外のイーリス族を仲間にしたかったから、あえて詩人の楽器収集イベントを終わらせてチカバ山ルートで浮遊城に乗り込み、次世代でイーリス族仲間にできるよう遠回りしたりもした。

この時代にインペリアルガードも結成したけど、男女共にグラフィックがあまり好みじゃなくて、結局一回も仲間にしなかったわ(笑)

人形皇帝コッペリア

七代目は人形皇帝コッペリア。機械人形として前皇帝と共に冒険した彼女に人の魂が宿った姿。世界各地から人ならざる者たちを集め異色のパーティー結成。七英雄スービエを打ち破り、古代人から伝承法の秘密を聞く。最後は七英雄の人形使いボクオーンと対決し、もはや自らが人形ではないことを証明してみせた。

特殊な皇帝だからぜひ使いたかったの。仲間もネレイド族のメリテー(水術と棍棒)、モール族のレゴ(地術と小剣)、サラマンダー族のタンボラ(火術と斧)、イーリス族のクラウディア(風術と弓)という人外パでまとめたから思い入れ強い。このために先代のマゼラン皇帝の段階で火山と東方制圧して、イーリス族やサラマンダーを仲間にできるよう計画しておったのだよ。

人外パは正直言うとあまり強くはなかったけど、先代、先々代の武闘派皇帝の遺産を継承して七英雄二人撃破。特に、人形使いのボクオーンはぜひコッペリアで撃破したかったから取っておいた。元人形のコッペリアが自我を得た人間になって、人形使いボクオーンを打ち破るとか、もう完全にロマンシングサガでしょ!!

ちなみにコッペリアでクリアしたイベントが、コムルーンの魔導士を館で問い詰める、古代人の町でオアイーブと再開して伝承術の限界を聞く、マイルズでだまされて身ぐるみ剥がされる、軍師に依頼して地上戦艦に乗り込む、ボクオーンと対決するなどなど、皇帝がよくしゃべるイベントばっかだっったから、なんか歴代皇帝の中で一番セリフが多かった気がする。元人形のコッペリアが一番自我を持っている感があって感動した。

あと各属性得意な人外パを生かして術開発も頑張った。この代のうちにクイックタイムとリヴァイヴァまで極めて、技も弓とか小剣の最高位をアルビオン道場で閃かせてもらった。

最終皇帝ゆきざうるす

そして最終皇帝ゆきざうるす。 伝承術最後の皇帝は、七英雄の残された3人を打ち破り、ついに1000年に及ぶ七英雄と帝国の長き闘いの歴史に終止符を打ったのだった。2000年代入らずクリアしたのはこだわり。中世の物語だから過去っぽい感じ出したかったし。

パーティーもかなり強いメンバーを選りすぐった。謀殺はしない主義だし、一度入れたメンバーも死なせない主義なので、今加入できるキャラから最終メンバーを選抜するんだけど、最終メンバーはこうなった。棍棒使いホーリーオーダー術士のマリアさん、斧使いサラマンダーのアウ殿、槍と小剣使いリボンの騎士補正の宮廷魔術士サファイアさん、大剣使いの軍師ハクゲン様。 全武器をまんべんなく入れて、個性あるキャラを起用したつもり。

最終決戦前に攻撃的陣形として優秀なアマゾンストライクは習得できんかった。まあ完全に思い通りにいかないのが毎回歴史が変わるロマサガ2の魅力よね。でもリメイク版は似たような効果のゴブリンアタックがあるから、実はアマゾンストライクいらんかったりする(笑)

あと最強術のクリムゾンフレアも開発間に合わなかったー!! とか思ってたら、最終皇帝になっても、残ってる七英雄撃破による年代経過前に依頼してけば合成術作れたのね。知らなんだ。ロックブーケ撃破のときに合成術ぜんぶ開発しときました(笑) だけど実は最終決戦で火術はリヴァイヴァ使いまくる必要があったから、結局クリムゾンフレアなんて使ってる余裕なかったんだけどね。ザコ戦で、火属性ハクゲン軍師の主力として活躍してもらいました。

強スキルそろってるから残りの七英雄も楽だった。 さすがにRPG史上最強と言われるラスボスは手ごわかったけどね。リヴァイヴァを始め、ソードバリアとか金剛術といった強力な補助術を開戦直後にかけておくって戦法を攻略情報見て知ってたから、クイックタイムなしでも倒せた。

攻撃手段はゆきざうるすは線切りで4000-5000、アウがヨーヨーで3000-4000(高速ナブラは命中率悪くて微妙だった)、サファイアが無双三段で2000、マリアがギャラクシイで4000-5000、ハクゲンが無明剣で3000ダメージくらい、という感じだった。サファイアさんがちょっと攻撃力低めだったけど、命中率高いし色々できるしで、決して弱くはなかった。

リメイク版で追加された。クイックタイム効かない裏ボスのドレッドクイーンも無事撃破。

二連戦で合わせて10万以上のHPを削ることになるから、最後はリヴァイヴァ役のJPが切れたけど、なんとか押し切れた。

第一形態の戦法としては、全体麻痺の「動くな」が厄介だから、持ってたエルブンスキンとラピッドイヤーを回復役二人に装備しておいて麻痺を防ぐ、あと催眠見切りとテラーボイス見切りを全員に装備して、リヴァイヴァとか金剛力とかの補助を切らさないよう戦う感じ。ロマサガ2は補助術は生きてる限り永久にかかっているが死んだら切れる。しかしリヴァイヴァで即復活すれば消えない。

第二形態は、地獄爪殺法対策に、全員がまずソードバリアを使う。そのあと初戦と同じくリヴァイヴァかけてまわるけど、1ターン目にひとりやられてしまって、立て直すまで後手後手でちょっと時間がかかった。あとは超音波以外一撃死するような攻撃はないから、エリクサーで回復しながら戦えばなんとかなる。

陣形はラピッドストリーム。ラピッドストリームは毎ターン必ず先制をとれる陣形だけど、1人でも死んだら先制取れなくなるから、常にリヴァイヴァを切らさないようにして、だれか死んだままターン開始にならないよう気をつけることが大切。それさえできれば、毎ターン先制で回復できるわけだからまず負けない。今回リヴァイヴァ役がハクゲン軍師とアウしかいなかったからちょっとつらかったかな。どうせクイックタイム使えないんだし、3人火術2人水術のバランスのほうがよかったとは思う。でも勝てたからいいや。

子供の頃残した人生の宿題を終わらせたよ

エンディングはもうちょっと細かい年表があったらよかったし、仲間にしたキャラを反映させてくれたらもっと感動しただろうけど、それでも達成感は十分。

人間をはるかに超えた力を得たけれど、その力を疎まれて追放され、今度は自らが人類の敵となってしまった七英雄に対して、同じく伝承術で人間をはるかに超えた力を得たけれど、ひっそりと歴史から姿を消すことにして、七英雄と同じ末路に歩まなかった最終皇帝との対比がもう最高にすばらしい終わり方だった。七英雄の物語は悲劇だったけど、違う道も選べたはずだ、ということを皇帝が身をもって最後に示すんだね。人から救世主として崇められることを望んで、そうならなかったせいで歪んでしまった七英雄に対し、皇帝はもう自分は忘れられた存在だと述べる。でも、かつて共に戦った仲間たち、そして歴代の皇帝たちが現れ、自分たちは最終皇帝といつまでも共にあることを物語る終わり方。ぐうの音も出ないほどカッコいいロマンチックな結末でした!

昔クリアできなかったけど大好きすぎたRPGを今になってクリアできたのは感慨深い。大げさだけど、なんか人生の宿題ひとつこなしたみたいな(笑) あのころ、あんなにやりこんでもクリアできなかったから、どれほど難しいかは肌で知ってて、なかなか再挑戦できなかった。 でもこの前、Earthlockクリアして、今ならこういう難しいRPGもやれそうって思ったんだよ。最後までやれてよかった。昔もロマサガ2大好きだったけど、今はもっと大好きだ。

情報なしで独力でプレイするとまずクリアできないとか、システムが超複雑だとか、テキストがシンプルすぎるとか、万人受けゲームでは絶対にないんだけど、悲劇の七英雄を皇帝が代々能力を継承していきながら打ち破るというロマンの塊みたいなストーリーとゲーム性はいまだにRPG最高だと思ってる。てかこんなすばらしいストーリー思いついた人は天才だと思う。自分もRPGツクールとかやってたことあるけど、こんなストーリーは逆立ちしたって出てこないや。

ロマサガ3も大好きだしリメイク版でたら買うけど、2と3どっちか選ぶなら思い出補正で2かな。 ロマサガ3とかFF6みたいな群像劇やドラクエみたいなストーリー重視系も好きなんだけど、ロマサガ2の代々の皇帝と仲間を自分で選んでひとつの国の歴史を作っていくという自由さはまさにロールプレイングだった。この時代に原作の良さそのままにリメイクしてくれて、ほんとにありがとう!

スポンサーリンク
投稿日2018.03.26
かてごりー: ドラクエとか懐かしのJRPG