【スプラトゥーン】ダイナモローラーの使い方。ギアパワーは安全シューズがおすすめ


プラトゥーン、ついにランク20まで上げて、念願のダイナモローラーテスラが解禁されました。(ダイナモローラーの解禁にはヒーローモードクリアも必要です)

zlCfzTbX1DYSD7ffCQ

もともと、塗り専門で、わかば→プロモデラーMG→プロモデラーRGという順番で使ってきたのですが、モデラー勢が増えてきて、面白みがなくなってきたので、ダイナモローラーに乗り換えました。ランク20までは、無印ダイナモローラーを使っていて、ランク20達成後は、解禁されるテスラのほうをしばらく使ってみました。それぞれの感想や使い方をまとめてみました。(※ガチマッチはまだほとんどやってません)。

スポンサーリンク

ダイナモローラーの使い方

ダイナモローラーは、最初の印象では、超パワー系で、装甲も厚そうな、スーパーロボット、という印象でした。特にテスラはブキ構成からして強力そうです。しかし、実際に使ってみると大きく印象が変わります。

ダイナモローラーは、だれでも使ってみて初めて感じる感想は、振りの速度が非常に遅い! 重すぎる!ということに尽きるでしょう。

わたしはもともとローラーを使っていたわけではないので、前より遅くなった、というイメージはないのですが、それでも、他と比べるまでもなく、圧倒的に遅いです。そのため、次のような信じられないようなミスが生じます。

■背後をとったので、バシャッとインクを飛ばそうとしたら、遅すぎて逆にやられた。
■着地狩りをしようと待ち構えていたら、振るのが遅すぎて、逆にやられた。
■ローラー同士の正面衝突を回避するため、後ろに下がりながらバシャバシャしようとしたら、遅すぎて逆に轢かれた。

とにかく対人は弱いです。距離を見誤ると振るのが遅すぎて逆にやられますから、攻撃する場合は、ある程度遠くからバシャバシャするか、背後から轢くかですが、そんなに成功率は高くありません。

となると、ダイナモローラーの立ち回りとしては、その塗り能力の高さを活用して、インク飛ばしで塗りまくるのがいいのではないか、という結論に達します。基本的には、高所からインク飛ばしでバシャバシャと広範囲を塗り、相手の隙をついてだれもいないところを塗りまくります。

まず無印ダイナモローラーは、裏をかくのにかなり役立つブキ構成です。サブはスプリンクラー、スペシャルはスーパーセンサー。スプリンクラーを投げて注意を引きつつ、自分はスーパーセンサーで相手のいない場所を見つけて一気に塗り替える、というのが鉄則です。隠密系のプレイに向いていると思います。

ダイナモローラーテスラのほうは、サブはスプラッシュボム、スペシャルはトルネードという、もっと攻撃的な組み合わせです。こちらも、とにかく相手にやられないように立ちまわって、インク飛ばしで塗りまくってスペシャルを上げ、トルネードを有効利用するのがポイントです。

稼げるポイント数は、意外にも両者それほど差がなく、勝利ボーナス込みで1000ポイント超えるかどうか、というくらいでした。わかばの塗り能力と同じくらいか少し劣る感じです。プロモデラー系にはかなり差を付けられます。

▼勝てばだいたい1000超え

2015-06-20 19.45.06

▼高台の多いモズク農園は塗りやすい

 2015-06-11-20.45.17

ギアパワーは安全シューズがいい感じ

ギアパワーは、以下のように構成しています。

 zlCfzTbX1yE1shhD3E

■インク効率アップ(メイン)
まず、ダイナモローラーはインク効率がかなり悪いので、メインブキのインク効率アップはかなり必要です。インク回復速度アップでもいいかもしれません。ローラーで速く塗るためにヒト歩行速度アップをしばらくつけていたのですが、実は塗っているときには効果が発揮されない、という衝撃的な情報を聞いたので、インク関係に落ち着きました。

■イカニンジャ
次のギアパワーは、イカニンジャです。ローラー系全般にいえることですが、イカニンジャとローラーは相性がいいです。ローラーは、戦闘になると撃ち負けるので、うまく相手の視界外にまわりこんで攻撃したり、裏を取って塗りまくるのが大事です。

相手に動きを読まれないためには、イカ移動時に、インクの軌跡がなくなるイカニンジャがとても有用です。逃げるときも、逃走ルートがばれないので、急いて動けば逃げ切って別の位置から塗り始めることができます。

残念ながらジャンプすると、相手に居場所が見えてしまうので、できるだけ平面移動しつつ、回りこむことが必要です。

ダイナモローラー以外の機動性の高いローラー、たとえばスプラローラーコラボや、今後アップデートされるという筆のパブロなどでは、イカニンジャで相手の後ろや高台にまわこんで、奇襲するのが良さそうですが、ダイナモローラーの場合は逃げ切ってしまってもいいと思います。

イカニンジャは、逃げる軌跡が相手に見えないため、相手としては、近くに潜伏しているのだろうと感じて、追ってこないからです。相手が見えない敵と戦っている間に一目散に逃げて、別エリアを塗りまくります。

また、相手が能力低下系のポイズンを使ってきたりする場合もあるので、やはり逃げるほうが確実です。敵を見つけたら、ボムなどを置き土産にしつつ、思い切って勢い良く逃げるのがよさそうです。

■安全シューズ
ダイナモローラーは、足元を塗ることが苦手です。高台などからインク飛ばしをする際、足元を塗る余裕がないことがしばしばあります。

またインク飛ばしをやりながら後ろや横に移動していていると、足元が見えないため、相手側のインクに足を取られることがよくあります。撃ち合いになって、相手のインクが足元に飛んでくることも。

そんなときに、チャージャーに狙われたり、シューターに接近されたりすると、身動きが取れなくなって追い詰められ、万事休す、ということになります。

その状況をできるだけ避けさせてくれるのが安全シューズです。相手側のインクに足を踏み入れても、かなり動きやすくなるので、結果的に逃げられる可能性が高くなります。イカニンジャと合わせて、生存率アップに役立つものと思われます。

最初は安全シューズなしでダイナモをやっていたのですが、安全シューズがいいという噂を聞いて使ってみると、なるほどダイナモには必須の装備なのではないか、と思うくらい動きやすくなりました。今回紹介したギアパワーの中で一番おすすめです。一度使うと手放せません。

※そのほかに良さそうなもの

■逆境強化
テスラを使っているなら、トルネードのために死なない立ち回りが求められます。それが自然にできるなら、生きてさえいればスペシャルゲージが溜まっていく逆境強化は役立つかも。使うならサブでインク効率アップがほしいところ。

■ステルスジャンプ
着地狩りされにくいので、着地したらすぐにイカになってインクにもぐり、イカニンジャの性能を活かして動きまわって、相手のいないところを探して突っ込んでいくのが良い感じ?

■攻撃力アップ
インク飛ばしは、遠くの相手は一撃で倒せない。攻撃力アップをつければ倒せる確率が上がる?

■インク回復速度アップ
インク効率アップ(メイン)をつけていても、サブを使ったらすぐにインクがなくなるので、メインとサブ両方に恩恵があるインク回復速度アップのほうが良い可能性があります。

■スペシャル増加量アップ
テスラを使っていればトルネードの回数が増える可能性があるので、ポイントアップやインクの回復に役立ちそうです。

このあたりはフェスで手に入るスーパーサザエなどを使って厳選するしかなさそうですね。

ダイナモローラーを使いこなすのに覚えておきたいテクニック

次に、ダイナモローラーを使うのに、覚えておきたい、いくつかのテクニックです。

■コロコロよりバシャバシャ
広い範囲を塗るときは、ジャンプ撃ちでバシャバシャしたほうが、よりポイントを稼げます。そのほうが相手に近づかれにくいというメリットもあります。高台からバシャバシャやっていると、けっこう相手を倒せます。ただし長時間居座るのは的になるだけです。一本道の通路や、限定的な範囲を塗るとき、また裏を取って隠れて塗るときはコロコロします。

■振り→ジャンプ
普通のローラーでは、ジャンプ→振りの順で、ジャンプしながらのインク飛ばしができますが、ダイナモローラーでは、動きが遅いので順序が逆になります。振った後に、少しタイミングをずらしてジャンプすれば、ジャンプしながら遠くにインクが飛ばせます。

このインク飛ばしの射程はなかなか強力なので、高台に陣取って、周囲にインク飛ばしをしまくって牽制したり、逆に高台下から、上に向けてインクを飛ばして、高台上を塗ったり、敵をやっつけたりすることができます。ただあまりそれをやろうとすると的になりやすいので注意です。

またインク飛ばしのインクは弧を描いて飛ぶので、相手に当てるためには飛ばす方向を上下に調節する必要があるようです。わたしはこれが苦手で、インク飛ばしをしてもなかなか相手に当たりません。

■即座に後ろを振り向く
スティック下+Yで、一瞬で後ろを振り向けます。Yはカメラリセットなので、スティックを倒した方向(移動する向き)に合わせて、そちらが正面になるということです。いざというときには混乱して意外と使えないものなのですが一応。たとえば、後ろから普通のローラーに追われていることに気づいた場合、即座に振り向けば、せめて相打ちには持ち込めます。スーパージャンプで逃げた方がいいかもしれませんが。

■スペシャルでインク回復
スペシャルを使うとインクが回復します。ダイナモローラーは、インク切れからのインク回復に時間を取られますが、インクがなくなったタイミングでスペシャルを使うと、継続して塗れます。特に無印ダイナモローラーのスーパーセンサーは、立ち止まることなくインク回復できるので強いです。この機能をうまく活かせば、スーパーセンサーのある無印のほうが、トルネードのあるテスラよりポイントを稼げることも多いです。

■トルネードは物陰に隠れて
ダイナモローラーテスラだけでなく、プロモデラーRGなど、トルネードを装備しているすべてのブキにいえることですが、トルネードを撃つときはしばら無防備になるので、物陰に隠れるか、前線からかなり後退するかしてから撃つようにします。

ちなみに終了まぎわにトルネードを撃つと塗り替えされずに一方的に得点を取れますが、終了を待っているうちにやられてしまってスペシャルが台なしになる可能性もあるので、(タイミングにもよりますが)わたしとしては溜まったら即撃つほうが好きです。

■スーパージャンプを活用する
敵陣深くに塗り進んでしまい、周囲を囲まれて身に危険を感じたら、ダイナモの速度では逃げ切れないので、とっさの判断でスーパージャンプで逃亡します。どの味方のもとに飛ぶか選んでいる余裕がないなら、スタート地点まで飛ぶボタンにタッチしてもいいと思います。

特にテスラを使っていて、トルネードが溜まっている場合、判断に迷ってやられてしまうより、スペシャルのゲージを持ち越したまま逃亡するほうが味方に貢献できます。スタート地点なら安全に撃てますし、もし裏を取られて攻めこまれていれば対応できます。

■敵を見つけたら、インク飛ばしよりもサブを使う
場合にもよりますが、敵を見つけたら、インク飛ばしで倒そうとするより、サブのスプリンクラーかスプラッシュボムを投げて、相手がひるんでいる間に逃げるか回りこむのがおすすめです。インク飛ばしをすると、遅すぎて近づかれてやられることがあります。しかし拠点防衛など高所に陣取っている場合は、インク飛ばしの圧倒的な範囲塗りで牽制するほうがいいです。

ダイナモのいろいろな戦い方

ダイナモの使い方は、人によってさまざまで、決して一種類だけではありません。以下に立ち回りの例を上げます。

■特攻型ダイナモ
前線に出て闘うタイプ。キル数を稼ぐなどガチ向き。ダイナモは動作が遅いので、前線で闘うには、無駄な動作をなくすことが必要。特に大切なのは、エイム。ダイナモのばしゃばしゃは当たる角度によって威力が変わる。相手を100%仕留めるためにはダイナモ特有のエイム(相手を正面やや下に見据えて、ジャンプして振る)を訓練することが大切。ギアパワーはイカニンジャ、安全靴など。

■防衛型ダイナモ
後方からインクの雨を降らせて味方を援護したり、塗りを稼いだりするタイプ。ナワバリ向き。とにかく高所に陣取って、ひたすらばしゃばしゃインクを降らせる。前線で闘う味方の足場を作ることで援護する。敵に威圧感を与えることで、侵攻を防いで拠点を守る。塗られた場所を即座に塗り替えす。ギアパワーはインク系特化。インクをなるだけ切らさないようにする。射程の長いブキには注意。

そのほかのブキの感想

最後に、これまで使ってきた、そのほかのブキの感想について

■わかばシューター
安定的な強ブキ。とにかく塗り能力とバリアが強い。塗り能力ではモデラー系に一歩譲るが、バリアのおかげで特攻能力がある。たとえばアロワナモールなど、一本道のステージでは、膠着状態になった前線をバリアで無理やり突破して塗りにいけるので、モデラーより点数がよくなることもしばしば。どんなステージでも安定して、勝利ボーナスがあれば1000ポイン以上稼げる。

■プロモデラーMG(銀色モデラー)
塗り能力の高さと、チェイスボム(いわゆるボムチュウ)が特徴。チェイスボムを使えば、中央地点を相手より先にスタートダッシュで占拠しやすい。狭い通路が多いハコフグ倉庫やホッケ埠頭では無類の強さ。通路にチェイスボムを放つだけで、奥まで塗ってくれる。ただし、まっすぐ放つように注意しないと壁に当たる。

スペシャルのスーパーショットは隙が大きく、塗りも弱いので、高台の敵などを落とすためだけに使うとよい。全弾撃つ必要はない。個人的にはRGよりMGのほうが使っていて楽しい。

■プロモデラーRG(金色モデラー)
塗装の鬼。とにかくジャンプ撃ちで周囲を塗っているだけで、1000ポイント取れる。うまい人は勝利ボーナスなしで1200超える。サブのトラップは、Bバスパークの高台や、ハコフグ倉庫の通路などに置いておけば、高確率で引っかかる。しかし不発も多いので、過信はできない。自軍に上手いプロモデラーRGがいるかどうかで、ナワバリバトルの勝敗が決まってしまうことも。

■スプラローラーコラボ
機動性の高いローラー。スペシャルのダイオウイカのおかげで、わかばと似たような使い方ができる。しかし、意外と塗り能力が高くなく、かなり活躍して、勝利ボーナス込みで1000ポイントがやっと。ダイナモローラーが塗りやすいローラーだとすれば、スプラローラーコラボは、塗りとバトルが半々の印象。多分パブロが出てきたら、さらに素早く動いてバトル用になりそう。

■そのほかのガロン、ザッパーなどのシューター、ブラスター、チャージャー
ザッパーだけ使って、下手すぎてがっかりしました。塗り能力は高くないので、バトルで貢献したい人向き。照準がうまくないと話にならない。ガチマッチでは強いらしい。

 

わたしは、照準がブレブレで、全然うまくならないので、塗り専門でやっているほうが楽しく感じます。本来血なまぐさいTPSは、そのような人には活躍の場はないのですが、スプラトゥーンは、照準が悪くても塗れば活躍できる、というゲーム性なのがすばらしいです。いろいろなタイプの人が活躍できる間口の広いゲームといえるでしょう。

ナワバリバトルはルールが単純なぶん、けっこう飽きがきやすいのではないかと思っていましたが、作り手もそれを考えていたのか、次々とアップデートを入れてくるようです。飽きさせず、売らせず、長く楽しませるという戦略もうまいなと感じました。ランク20に達したのでしばらくやめようかと思うのですが、またいいタイミングで上限が解放されたりするのでしょうね。

▼その後の報告(2015/08/)
ギアパワーはメインインク効率アップで揃えて、塗り特化の防衛型ダイナモとして楽しんでおります。後方からばしゃばしゃするのがメインで、デス数は0~1程度に抑えつつ、防衛線を突破しそうな敵の相手をしています。ギアパワーのサブも、これから厳選してインク関係で統一できればいいなあ…。

2015-08-07 21.43.20

2015-08-06 21.15.35

▼ヒーローモードの感想はこちら

 ▼パブロを使ってみた感想

スポンサーリンク


カスタムカテゴリー: 他の任天堂ゲーム