スプラトゥーン2試射会の感想! 操作が慣れないけどSwitchと相性はよさそう!


プラトゥーン2の試射会のお知らせが来たので参加してみました! 初代スプラのときの試射会が懐かしい…。あのときはガッチリハートをつかまれましたね。今回は…どきどき…操作方法とか完全に忘れたからやられまくりそう…。

一回目感想―なんか慣れない

時間になってソフト起動すると、まずはシューターでの操作練習から。あれっ? ジャンプってBだっけ? ゼルダのせいでXだと思いこんでた? そしてXボタン押すと、マップ出てくる?と最初から戸惑いまくり。そのまま慣れない状態で操作練習が終わってしまって対戦へ。

最初はとりあえずローラーを選択。感想は…下手すぎるけど楽しい。楽しいけど下手すぎる(^_^;)

ローラーは縦振りが便利。物陰に隠れて、ジャンプしながら縦振りで牽制というのは塗りやすさの点でもいい感じ。スーパーチャクチは、スーパージャンプがよくわかっていないせいで使い所が難しかったです。

スーパージャンプがWiiUの時と違って、xで開くマップ使わないといけないので、操作が直感的でなくなってやりにくい。慣れれば大丈夫なんだろうけど、複雑な感じは否定できない…と思っていらマップ開いて十字キーでスーパージャンプできたのか! マップ開くの忘れて無差別にナイス!送ったりもしましたが(笑)

そして次はスプラマニューバー。操作の仕方がぜんぜんわからん…(^_^;) 火力が低すぎて正面から戦うと撃ち負けるから、ダッシュで避けながら当てるのが前提なのね。塗り性能も低そうで難しい。玄人向け。

スペシャルのジェットパックは、意外と楽しい。今のところ、対応に慣れてない人が多いのか、チャージャーが少ないせいか、的になって狙われたりもしにくいし。シューターのスペシャルのマルチミサイルが一番使いやすい。スタート地点からロックオンできるので安心安全。しかもわりと塗れるし、たまに相手を落とせる。、

サブウェポンは存在すら忘れていました(笑) もともと初代スプラのときから、サブウェポンの頭がまわらないこと多し。

プレイスタイルは、最初は携帯持ちでやったけど、ジャイロ操作のせいで画面ごと振り回すのはきつい。 テレビモードは首が疲れる。スタンドモードのリモヌン持ちが一番やりやすい。ジャイロは右側のジョイコンで判定。というわけで右手だけ動かせれば左手は固定でもOK。そういう意味では、ういゆからSwitchになったことで遊びやすくなった印象はある。

とりあえず数戦やってみたけど、全然慣れなかった…(^_^;) スプラトゥーンってどうやってプレイするゲームだっけ?ってな状態。

製品版買いたいか?と言われるとかなり微妙だ…。初代スプラのときは買うつもりなかったのが、試射会楽しすぎて買ったんだけど。なんだろう。初代の試射会は、みんなはじめてだったから、初々しくて楽しかったんですよね。下手なのが当たり前で。 今回は上級者に翻弄されるから、ああ上手くないと楽しめないのね…と思ってしまう。

対戦系アクションゲームの宿命というか…。初心者おことわりの空気を感じる。スプラ2買うとしたらやっぱりヒーローモードのために買いたいなーと実感。 オンラインマルチプレイは、実力差がしんどい対戦系じゃなくて、トラ3たいな協力系がやりたい。しかしマリカもスプラもARMSもスマブラもぜんぶ対戦系なんですよね(^_^;)  チョキっとスニッパーズがオンライン対応してれば…。

でも、一回やってそう感じただけなので、もうちょっとやってみないとスプラトゥーン2は判断つきかねる。とりあえず、あと何回か参加してみてから考えたいです。

二回目感想―楽しくなってきた

スプラトゥーン試射会二回目参加できましたー。

イカの見た目は、試射会は性別、髪型、肌の色すべてランダムっぽい。パリエーション豊富。

今回はシューターメイン。マルチミサイルのおかげで一番使いやすい。マルチミサイルならスタート地点からトルネードっぽく安全に打てるので…。

高台からシューターで塗ってマルチミサイルが一番楽しいなー。ダイナモのときと同じでエイムはまったく上達しないけど。

マニューバーは打ちながらジャンプできず、高速移動になっちゃうのが慣れない。二回高速移動すると硬直しちゃうし。

チャージャーは、自分では使えないけど、ハイパープレッサーだっけ? あのチャージャーのスペシャル、突然飛んでくると怖い。落ち着いてよければいいけど、太いし貫通してくるしほんとに心理的に怖い。

ローラーは、とりあえずスペシャルたまったら敵地に乗り込んでスーパーチャクチかまして帰ってくる感じ。生還率は50%くらい。スーパーチャクチはスキが大きくてカウンターされやすい(^_^;) 

なんとなくリスボンに戻るスーパージャンプも前より飛び立つまでのスキが大きくなったような… 。 スペシャルたまったからリスボン戻ろうとして、ええと、まずX押して、次に…下押してええと…ってやってるうちに何回かやられた。X押してあとは十字キーだけじゃだめだったんだろうか。わざわざaボタン同時に押すのが混乱する。

スペシャルは四種とも楽しくなってますね。性能よりも楽しさ重視な感じ。使ってておもしろい。

それにしてもカメラ操作が下手すぎてやり方がよくわからない。以前どうやってたかな…(^_^;) オプション見てみるも、よくわからん…。

Xボタン誤爆問題を解決するためにゼルダのオプションでXとB入れ替えとくべきかなやっぱり。しかしそれやるとパラセイル開きそこねて落下死する未来が見える。

コントローラーの使いかたについては、携帯型、リモヌン、ジョイコングリップで、それぞれなんか別ゲーみたいに感じる。それぞれにメリットがあるからどれにするか難しい。携帯型は前作のゲムパっぽい馴染み感がある。リモヌンはとにかく楽。肩こらない。 ジョイコングリップは持ちやすいからカメラ操作が安定する。特に右スティックが操作しやすくなる。

あと、今更だけど、BGMがすばらしい。PVの時点では、前作に比べてパンチないなーと思ってたんですが、実際のゲームで流れると、よくマッチしていて、カンペキな出来のBGMでした。前作に負けず劣らずノリノリで、これは癖になりそう。ゲーム音楽って単独で聞くように作られているんじゃなくて、ゲーム画面とセットで真価を発揮するんだという当たり前のことを再認識しました。

二回目やって、一回目よりおもしろくてちょっと気持ちがゆらいでおる感じです。

三回目、四回目感想―楽しすぎた

せっかくなので、次の日も参加。

スプラトゥーン2、回を重ねるごとに楽しくなってきました。最後はフルで参加してしまった(笑) 

一番大きかったのは、やっぱり最適なプレイスタイルが見つかったこと。テーブルモード&ジョイコングリップのプレイがこれでもかと快適。WiiUの時と違って、テレビの前に陣取って、重いゲームパッド振り回さなくていいのがすばらしい。スタンドモードなので、見やすい位置に置けるし、コントローラーはジョイコングリップのおかげで握りやすくてカメラ操作が快適。

最初はジョイコングリップ外してのリモヌン持ちのほうがいいかなーと思ってたんですが、なぜかカメラがあっちゃこっちゃ向いてダメですね。ジョイコンをそのまま手に持つのと、グリップつけるのとでは角度が変わることが原因なのかな。とにかく、この新しいプレイスタイルのおかげで、WiiU版の何倍も快適に感じられました。

戦績は相変わらず、3割も勝ててなかったかも…(^_^;) でも、負けても、リスボン地点まで攻め込まれないようなマップデザインになってるおかげで、防衛戦もまた楽しいと思えるのがすばらしい。レート戦はともかく、フレンド戦ならやりたいかもと思えました。回を重ねるごとに買うかどうか気持ちが揺らぎまくる。

それにしても意外だったのは、カペを塗らない人が多いこと。わたしはちょっとでも高台あったら、カベ塗って登って、高台から全方位に塗りまくるのが、ダイナモ使い時代からのスタイルなんですが、少数派なんだろうか。

この数回の試射会で上達したのは逃げ足の速さ。最初はマップに慣れなかったけとど、次第に、追い詰められたら引き際よくスーパージャンプで逃げ帰れるようになりました。打ち合いになったら下手だから負けるので、逃げ足の速さは肝心。ギリギリで逃げ切れるのが、一試合一回はあるので、相手は悔しいだろうな、してやったりと(笑) シューターでやってると、マルチミサイルはリスボン地点から撃つほうがいいので、逃げ帰るスタイルとよく合ってます(笑)

オン対戦はそんなにできないかもしれないけど、ヒーローモードやりたいし、今の感じだと、多分買うんじゃないかな、と思えるようになった試射会でした。一回目からは考えられないほど気が変わってしまった(笑)

なんだこのジャッジくんたちかわいい(^^) あの小さいほうのはいったい何者なんだ…。

一夜明けて…Switchのゲームニュースから試射会関連の記事が撤去されていて、そうか、記事はたまっていくんじゃなくて期間限定でいずれ読めなくなるんだ、と気づきました。マリオオデッセイの発売前のニュースとかも、発売したら読めなくなるんだろう。

それにしても、あれだけ楽しくなってきたとこで夏までお待ち下さい、というのは生殺しなのなー。たぶん夏発売ということは、7-8月だから、まだ一、二回試射会ありそうだけど、長いな―(笑)

そして試射会おわったということは4月はじめにでも、Switchの次なるソフト発表ダイレクトとかやりそう。そちらも楽しみですね。

▼試射会のレポ記事読んで

【プレイレポ】『スプラトゥーン2 先行試射会』の6時間はあっという間だった…!イカした正統進化でより奥深く | インサイド

「スプラトゥーン2」試射会でわかった面白さ | 赤木智弘のゲーム一刀両断 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

マッチングのときに遊べるのは気づかなかった。そういや前作もイカジャンプとかあったんだった。

ダイオウイカやバリアなどの無敵系はなくなってる? スーパーチャクチがそれに近い気はするけど。でも、どのスペシャルもハイリスク・ハイリターンに調整されている気はした。スーパーチャクチもタイミング決めれば強いとはいえ、生還できるかはかなり怪しいし。

ジェットパックのジェットにも当たり・塗り判定あるとか、カーリングポムの使いみちとか参考になりました。

スポンサーリンク

 



カスタムカテゴリー: 他の任天堂ゲーム