スプラトゥーン2ヒーローモードのクリア感想! ラスボス戦のあの展開はズルい!!

スプラトゥーン2、今回はゆっくりプレイしようと思ってて、ほんとにゆっくりプレイしていたつもりだったんですが、ふと気づいたら発売から一週間も経たずにヒーローモードクリアしちゃってました(笑) おかしいな…今回はヒーローモードを後回しにしてサーモンランに夢中になってたはずなんだけど。

まあ、それだけサーモンランだけじゃなくて、ヒーローモードも熱中しちゃうすばらしいできだったということで、早速、クリア感想を書きたいと思います。ネタバレ部分は折りたたんであるので、まだの方はその部分はプレイ後に見るのを推奨。

スポンサーリンク

消えたデンチナマズ(とアオリちゃん)の謎を追う

今回のヒーローモードの目的は、前作と同じく、タコ軍団に奪われたオオデンチナマズを取り戻すこと。プレイヤーはカラストンビ部隊4号になって、ホタルちゃんの指示でタコ軍団と戦います。ちなみにアタリメ司令と3号は旅に出てるとか何とか。3号…いったい何者なんだ…?

で、表向きの目的はオオデンチナマズ取り返すことだけど、途中でアオリちゃんを探すという目的もホタルちゃんが打ち明けてくれます。いやみんな最初から知ってたけど。

前作のアタリメ司令ポジションにホタルちゃんがいるので、スタート地点ほか、各ワールドにホタルちゃんがいて、話しかけるといろいろアドバイスくれます。インクで塗ろうとすると、和傘でガード。あれ、これって前作のアタリメ司令の杖が14式竹筒銃だったことからすると、ぜったいに新カテゴリのパラシェルター系列のブキだよね(笑)

ホタルちゃんのセリフはやたらとバリエーションあって話しかけ続けると楽しい。

やっぱアオリちゃんいないとなんか物足りないよね(笑)

ホタル&ブキチのやりとりが楽しい

アオリちゃんが行方不明になってるせいで、前作みたいな1号2号のノリのいいツッコミ実況?聞けないのかと思いきや、今作でもプレイ中の楽しいやりとりは健在。というか前作よりバリエーション豊富で楽しくなってた。

今作では、アオリちゃんがいない代わりに、まさかのブキチがナビゲーター化。ホタルちゃんといっしょに、プレイ中の4号を見守って、あれやこれやアドバイスをくれたり、しょーもない興味深い話題をいろいろ繰り広げたりしてくれます。

前作同様、各ステージにミステリーファイルがあるんだけど、それ以外にもイリコニウムという一ステージにひとつのブキ強化用アイテムがあったり、ナワバリバトルの経験値やお金が上昇するフードチケットや、イクラが大量に入ってる隠し宝箱みたいなイクラパックがこっそり置いてあったりして、前作の3倍くらい隠し要素がステージに散りばめられている。そういうのをうまく発見したら、ホタルちゃんが感心してくれたり、わりかし反応があるのでおもしろい。

前に岩田社長あたりが、ゼルダの謎解きできた時の「俺って天才だな」感が大事って言ってたけど、それをホタルちゃんが言ってくれるみたいなもの。

それだけじゃなくて、丁寧にスプリンクラー破壊してたら几帳面だと言われたり、状況に応じて、かなりバリエーション用意してあるみたい。特殊な状況でのみのセリフも多そうなので、ぜったい一回プレイしただけじゃぜんぶ見れない。自分のやったアクションに対して、丁寧にリアクションが返ってくるから、なんか一人用モードなのに、友だちとやってる気分になるというか、寂しく感じさせないのはさすがだと思う。ネット動画の実況プレイみたいな感じを擬似的に体験できる。

それぞれのステージでのホタルちゃんの反応はいちいちおもしろいし、かわいい。さすが前作から続投してるだけあってキャラが立ってる。面白いから、アオリちゃんモードとかも実装してくれないかなーと思っちゃう。次回作ではホタルちゃんが消えるのか…?

タコ軍団のキャラのバリエーションも前作からかなり増えてて個性豊か。

業務用インククリーナーって…

そっか! こいつがナワバリバトルの後、毎回ステージを掃除してたのか! このかたちってハコフグ? 掃除屋さんならセンジュナマコたんとかでもよかったけど、まあインククリーナーは前作からすでに出てたしなー。

なんだこの業務用インククリーナー推し(笑)

 

ぜったいこれからイカ界隈で業務用インククリーナー萌えが流行するに違いない(確信

イカフライ(笑) 

ほかにもボウリング形状のタコボールとかよくこんなん思いつくなと。前作から続投してるタコゾネスとかタコスナイパーのほかにも、スピナー持ってるタココマンダーとかも出てくるし、ほんと顔ぶれ豊か。すっかりイメージ確立されたなー。

にしても。

南の島っていったいなんだっけかな…。

ミステリーファイルは、毎回、こんなとこに隠したか!ってうならされる場所においてあって、見つけたら、してやったり感がすごい。一回で見つからなくても、あー、こんなとこにあったんなら仕方ないわって思えちゃう。まだ全部は集めてないけど、かなり楽しい。遠くから、ああたぶんあそこにあるんだなーってわかるんだけど、どうやってそこに行くのかがわからないとか、アクションが難しすぎて初見ではあきらめるといった場合も。

一応、ぜんぶのミステリーファイルとイリコニウムコンプしましたが、ステージ25のスピナーでデンデン太鼓まわすステージはほんとしんどかった。クリアするだけでも難しいので、探索は二回目以降のブキセレクトできるようになってからやったけど、それでも足場が不安定だから、わりと簡単にミスする。そしてどれだけ探してもミステリーファイルが見つからない! あんな場所にあるなんて誰がわかるか!!!

以下ちょっとだけミステリーファイルの内容になるので、ネタバレ配慮して閉じときます。

ネタバレ有りなのでクリックで展開
ステージクリアしてると、ホタルちゃんがこんなこと言い出して、ははーん、ってなるんだけど。

これってストーリーだけやってると、これ以上つっこまれることはないけど、ミステリーファイルのほうでしっかり補完されている。

なんかこういう、想像力が刺激される裏話的な内容いいなーと(笑) ストーリークリアだけすると、タコ軍団とイカはやっぱ敵対してる勢力なのかなーって思うけど、こんなの見ちゃうと、けっきょくトムとジェリーか! マリオとクッパの関係なんだな! と思わずにいられない(笑)

だいたい、前回のヒーローモードが、なんと、

イカタコ合同の伝説の地下ライブ扱いになってるし! バトルでも抗争でもなく、奇跡のコラボレーション! イカ陣営とタコ陣営仲良すぎだろう(笑)

その一方で、今回やったらコワモテの第三勢力として登場したシャケ軍団。サーモンランのみの登場かと思いきや、ちゃんとミステリーファイルで補完されている。

クマサン商会のマニュアルにもあったけど、なんか中世のころから侵略されとるっぽい。いったいどうなってるんだイカ世界の歴史。そしてシャケ軍団何者? なんとなく次回作でシャケ軍団の歌姫アイドル出てきて、イクラ奪い合いしてるけど実は仲良しみたくなってる気が…(笑) ちなみに、シャケから子どものイクラ奪うなんてイカが非道すぎるって人がいますが、なんか公式設定だとイクラって石油みたいな資源の扱いみたいですね、この世界では。

あとスペシャル総入れ替えの経緯が書いてあったり、

     

いま現在スペシャル格差問題が炎上してて、インクアーマー弱体化しろとかハイパープレッサー死んでるとか言われてるけど、たぶんイカ研究所はの関係各所は対応に追われている真っ最中なんだろうなー。

アオリちゃんブログやってたんかい! その顔文字! イカ!

とか、いろいろ面白い小ネタが多くて、イカ世界の理解が深まるミステリーファイル集め超楽しい。ジャッジくんとコジャッジくんの謎に関わってるっぽいミステリーファイルもあったし、くすりと笑わせる意味深なネタが多い。座ってるだけで稼ぐ方法のウニ頭さんとか(笑)

歯ごたえあるギミックいろいろ

ステージの内容のほうは、前作に負けず劣らず、絶妙な難易度。任天堂はほんと、3Dマリオとかやってても思うけど、この難易度調整がうまい。初見で突破しようとすればできるけど、かなりギリギリのところもあって、ステージによっては、何回かミスしちゃう感じ。チェックポイントごとに残機が1回復したり、時間経過でアーマーの耐久度が回復したりするからとっても親切設計なんだけど、それでも難所では3ミスしてゲームオーバーも何回かあった。

特に今回は、ステージごとにブキチからのブキリクエストってのがあって、初回は必ず指定されたブキでクリアすることになる。ふだんチャージャーとか使ってなくても、無理やり持たされる。ほとんどのブキは楽しいし、サーモンランと同じで、普段使ってないブキを使うことで新鮮味があってよかったんだけど、苦労したのがスピナー面。なぜかスピナー面ってアクションがやったら難しくて、スピナーでうまく塗った後、落ちそうな足場をタイミングよく駆け抜けていくギミックが多くて、かなり手こずりました。なんで鈍足スピナーでそんな激しいアクションさせるん? こういうのはホクサイ面とかでさせてよ!と思いながら、慣れないスピナーで手がつりそうになってなんとかクリア。

一回クリアしたら、その後は、すでに使ったことのあるヒーローモード用のブキならどのブキでもステージに挑めるようになります。ヒーローモード用のブキは全種ひとつずつ9種もあるので、同じステージでもなんと9回楽しめるという超ボリューム。前作だとアミーボ買わないと、ヒーローモードを別ブキで攻略ってできなかったのに、今回ははじめから9倍ボリュームとかすごすぎ。ミステリーファイルとイリコニウムのコンプも合わせて、前作の何倍もやり込める簡単には終わらないヒーローモードになってて、もうやり込みあきらめました(笑)

今のとこ、ヒーローモードでしか使えないブキが、このヒーローシェルター。

スプラトゥーン2ダイレクトでチラ見せされたパラシェルター系列の新カテゴリのブキですね。たぶんホタルちゃんが持ってる和傘もこの仲間。パブロと同じくアップデートで追加する予定なのか、今はまだ、ヒーローモードでしか使えない。

軽く使ってみた感じでは、ヒーローモードでは使ってて楽しいけど、ナワバリやガチマッチではどうだろう?という感じ。サーモンランではヒーローモードと同じく輝くかもしれないし使いにくいかもしれないという気もする。

操作は、ZRでインク発射のガンモード。連射性能は低く、塗りには期待できない。まあ塗りもできるカサが出てくるかもですが。そんでZRを長押しするとカサを開いて防御スタイル。そのまま押し続けると、カサを発射して、カサ部分がチェイスボムみたいに直線を塗りながら飛んでいく。チェイスボムと同じく、その後をイカになってついていって敵のふところに飛び込める。ただ。チェイスボムと違って、カサを開くという準備動作があって、ワンテンポ遅れてカサが発射されるので、対人バトルだとすぐに準備動作を覚えられてしまって、対策されそう。カサが開いたら逃げるとか、背後にボム投げるとか、いくらでも対処法はありそうで、対策されたら使いにくいブキだろうなーと思いました。カサを一回射出すると数秒間カサ機能が使えなくなって無防備になるのも難しそう。

いろんなブキを練習できて、苦手ブキでも感触が変わってくるのは楽しくて、サーモンランと同じくスプラトゥーンの奥深さが感じられるゲーム性でした。ちなみにサーモンランのほうで初めてブラスター使って、これ意外と向いてるんじゃ?と思ったんですけど、恒例のタコゾネス戦ステージでは毎回ブラスターで戦ってました。塗りはできないけどバトルになるとブラスターは楽しい。

ステージギミックのほうは、前作も出てきた回転床とか透明床とかのほかにもいろいろ追加されてました。前作であったかなかったか覚えてないものも多いけど、蓋らしく追加されたギミックの中で特に推されてるのはライド。

PVでもマニューバー持ったガールがインクライドをかっこよく決めてるシーンがありましたが、これはほんとに楽しい。ネタバレなるからここでは伏せておくけど、最後もライドが出てきたから、イチオシなんでしょう。

ライドで高速移動するのは、前作のインクレールと違って、乗りながらイカにも人にもなれたり、カメラで見回して射撃できたり、果てはジャンプしてイカフライくぐったり、他のレールに飛び移れたりして、滑りながら自由に操作できるので快適。ジャンプしたからといって転落したりはしないし、爽快さが突き詰められている。これってどこかで体験したことあったなーと思ったんですが、そうだゴーバケーションにこんなレールライドあったよねと。はっきり言ってあっちのほうが飛び移るのが難しかったんですが(笑)

各ステージのボス敵も相変わらず個性的だし、どれも倒し方を考えながら戦うゼルダみたいなプレイスタイルが楽しい。

このあたりは前作でもすでに完成されてましたが、今回はどのブキでも9種類全部で挑めて、しかもちゃんとクリアできるようになってるのがすごい。最初は指定されたブキで戦いますが、別ブキで再戦したほうが楽だったりするのもおもしろい。

あの盛り上げ方はずるいラスボス戦

そんなこんなで全27ステージ+ボス戦5ステージの計32ステージ。最後の最後で待ち受けるのは…、

これ以上はみんな薄々わかってるだろうけど、ネタバレになるので、折りたたんでおきます。やっぱ自分でプレイしてこその感動なので、未プレイの人は誘惑に負けて見てしまわずに、自分でクリアしてください(笑)

ラスボス戦のネタバレ含むのでクリックで展開

まず、ついに出てきたラスボスステージに行くと…

なんかこのステージ名だけで超ネタバレしてるし感動してしまう。ラスボス戦にこれ持ってきたのか!!という。入る前からわくわくが止まらない。

ですよねー、ということで、アオリちゃんがラスボスポジション。なんか途中の感じでは、自分から進んでタコ軍団に協力してるのかと思ったら、じつはDJタコワサ将軍にサングラスでセンノウされていたという事情。やっぱタコ軍団は極悪非道だな!ってなるんだけど、じつはクリア後再戦してみたら、あれっ?じつはやっぱり…ってなる。さっきのミステリーファイルの内容もそうだったし、いったいどっちなんだ(笑) タテマエとホンネってやつか!

ラスボス戦は一番最初のブキ、ヒーローシューター渡されて戦うんだけど、あまりに連射性能が悪くて、地面ほとんど塗れないわ、タコワサのパンチを打ち返せないわで散々。あれっ、今回のラスボス戦難しすぎない?と思ったところでホタルちゃんが、

そっか、そういうことか(笑) 今回のヒーローモードはブキチ参戦のおかげで、イクラとイリコニウムを消費してブキを強化してもらえるんですが、ここまで一度もそのシステムを触ってなかった(笑) 仕方なく一回ゲームオーバーになって、ヒーローシューターを強化してくる。イクラもイリコニウムもたまってたので、いきなりレベル3MAXまで強化してきたら、あまりの連射性能に愕然。もうさっきの面影がどこにもないんですけど! 完全に違うブキになってしまった。実際、強化したらブキのグラフィックも変わるし。

強化ヒーローシューターに持ち替えたら、プロモデラー的な驚異の塗り速度で地面を塗れて、逃げる足場を確保できて、タコワサのパンチも一瞬で打ち返せるので、途端に攻略が楽に。これレベル3まで強化せずに、レベル2でも十分だったんじゃないかなー(^_^;)

バトル自体は、前作のDJタコワサよりもよっぽど単純かつ簡単。とにかくロケットパンチしてくるので打ち返すだけ。ドリルプレッシャーパンチはグレートなので打ち返すことはできない。アオリちゃんが時々トキメキボムラッシュしてきたり、タコワサ将軍がタコヤキボムラッシュしてきたりするけど、地面を広範囲に塗っていればじゅうぶん避けられる。逆に言うと、地面ちゃんと塗れてないと逃げ場なくなって詰む。

だけど、前作みたいな足場が狭くて落ちて一発ミスになるところはどこにもなくて、かなり親切なラスボス戦。前作が一作目で慣れてなかったということを抜きにしても、今作のラスボス戦はわりと平凡で、ぶっちゃけあまり面白みがない。道中のワールドのボス戦のほうが工夫しがいがあって面白かった。なんか単調だなぁーとちょっとやる気がそげかけていた時。

ホタルちゃんがアオリちゃんを救出するイベント発生!! このときのホタルちゃんの立ち姿がほんとにカッコイイ。決まりすぎ! というか担いでるバズーカみたいなブキ何だろうか?

そして、

シオカラーズ復活からのいきなりテンションマックスのシオカラ節!! こんなのずるい!! どんなに単調なラスボス戦でも、こんな演出入ったら、もう強制的に感動まっしぐらじゃん! ほんとずるい! 前作からのプレイヤーがシオカラ節で燃えないはずがない。

それどころか

最後にブキチが支給するブキがガチホコとか!! しかも特別仕様のバッキバキ!! ヒーローモードの最終ブキがこれとか燃えないはずがない! ほんとずるい! 正直言って、ラスボスの攻略のおもしろさとかで燃えさせてほしかったのに、シオカラ節とガチホコで無理やり感動させてくるスタイル。もうずるいとしか言えない。

そして最後はガイドレール滑走でガチホコ撃ちまくる超爽快なラストバトル。

だけど、ほんとにこれ、ほとんどただのイベント戦なんですよ。制限時間とかないし、相手はロケットパンチかドリルプレッシャーパンチしかしてこないからジャンプボタンで避けてガチホコ打つだけだし、こんなところでゲームオーバーになりようがない。前作のヒーローモードはこうじゃなかった。シオカラ節流れて負ける気がしない状態になっても、タコワサが猛攻撃してくるのと、足場が狭いのとで、普通に最後の最後で負けるとかあったんですよ。あの緊張感が、ちょっと冗長だった前作のラスボス戦を名シーンにしていた。今回はただイベントと演出で盛り上げてるだけ。インク塗ってカベ登るとかいうアクションも一切ないんですよ。でも、その演出があまりにうますぎて、狙い通りに盛り上がってしまう。ほんとずるい。

ガチホコのタッチダウンでタコワサ将軍にトドメをさすと、ガチマッチの演出で勝利!! ここまでほんとよくできてる。よくできすぎてるだけに、ぐぬぬ!って感じ! こんな単調なラスボス戦なのに、イベント見たさで再戦してしまうカッコよさ。ほんとずるい!!

こうしてスプラトゥーン2のヒーローモード、エンディングへ。

アオリちゃんは無事帰宅。今回のヒーローモード、てっきりヒメとイイダの話になるのかと思ってたら、テンタクルズはまったく絡んでこなくて、前作メンバーだけで話が終わってしまった。賛否両論ありそうだけど、個人的にこれはすごくいいと思う。後釜としてのテンタクルズが出しゃばり過ぎないで、きっちり前作のアイドルの顔を立てたことで、シオカラーズのファンは大満足なはず。世代交代しちゃうのかなと危惧してたら、これまでどおりのスプラトゥーンで安心した、みたいな。アイドルや主人公の世代交代しようとして大失敗したゲームもアニメもたくさんありますからね。テンタクルズのバックボーンや、シオカラーズとの絡みについては次回作かあるいは今後のアップデートに期待かな。

エンディングのスタッフロールは前作同様、インクで塗れるんだけど…

前作よりめっちゃパワーアップしてるし!! イラスト大量の上、全員手描きのサインですよ! 君島社長のサインまであるし! 岩田社長も生きてくれてたら手描きサイン見れたのになぁー、いや、任天堂のサイトの会社の理念か何かのページにに載ってましたけどね、昔。

ゲームのスタッフロールって基本BGMの余韻を楽しむ時間で、今回もシオカラーズの新曲が聞けるんだけど、スタッフロールの画面をこうやって楽しく賑やかにしてくれるアイデアはすごいなと思う。スプラトゥーンのスタッフが既存のテンプレにとらわれない発想豊かな人たちなんだなーって改めて感じました。

以下はおまけ の ラスボス再戦。

前作同様、一回クリアしてからラスボス戦にもう一度行くと、イベントの台詞回しが変化しています。ビジュアルはまったく同じなのに、セリフが変わるだけで、全然雰囲気も変わるここの不思議(笑) これもまたいいアイデアだと思います。

ストーリー本編ではアオリちゃんを捕まえて洗脳したタコワサがアクの親玉っぽかったのに、再戦では、楽屋のサングラスすり替えられたことに気づかないアオリちゃんがポンコツなだけになってる。というかアオリちゃんワザとやってる疑惑。

そして、シオカラ節が流れたときのタコワサ将軍のこの反応。

ここで少し前のスクショを見返すとわかるけど、本編では「ギギ…シオカラブシ! カラダガ イウコトヲ キカナイ…」とか言ってるのと同じ場面。なんか本編だと、シオカラ節で力を封じられた悪の親玉みたいになってるけど、じつは踊っとっただけか!! 前作もあったなこのネタ(笑) まあ、イカとタコ仲良しすぎでしょ! というオチ。多分次回作の2年後には、イカとタコの伝説の合同ライブ第二弾として語り継がれてるんだろうなー(笑)

それにしてもDJタコワサ将軍と、ハイカラニュースでDJやってるタコのイイダさんの関係が気になるんですけど! アタリメ司令の孫がホタルとアオリだったってことはやっぱり…いや、推測でモノを言うのはよそう。

こうして今回も、スプラトゥーン2、ヒーローモード無事クリアしました! ミステリーファイルとイリコニウムもコンプしたので。あとはやりこみ目指すなら、全ステージを全ブキでクリアするという果てしない道のりが残っていますが、苦手なスピナーのステージだと、一回のプレイで25分くらいかかったりしたので、さすがにそれは無理。これからはフレンドと一緒にサーモンランを中心にスプラトゥーン2を楽しんでいきたいと思います。アプデでどんなの追加されていくのかも楽しみだ!

スポンサーリンク
投稿日2017.07.26
かてごりー: 他の任天堂ゲーム