世界樹の迷宮5プレイ日記15F ギガゾンビとの対決!

世界樹の迷宮5のプレイ日記、前回の14Fでは、乱立される死亡フラグを見事に覆す、街の人たちの思いを一つにした、ソロルさんとリリちゃんの救出ミッションが発令! そして、敵の親玉が、ギガゾンビだかドラゾンビだか、なんとも残念な期待はずれのボスらしいことが明らかになりました。

絶望ムードから一転、やれみんなの力を一つに合わせて第三階層ボスを打ち倒せ!という中で、いよいよ第三階層の最後の階である15Fに挑みます。果たして第三階層のボスは予想どおりのヘタレなのか、それとも意外に強敵なのか…!?

wvw69jv56bav6trlxs

スポンサーリンク

15F「生と死を超越した亡者の王」

さあ、ついに足を踏み入れた、第三階層の最終階15F。

wvw69jv4ryaaxvppgg

階のタイトルは「生と死を超越した亡者の王」。

またまた直球なネーミング。というか、アンデッドキングとかいう小物臭ハンパない名前じゃなくて、この二つ名みたいなのを名乗っていればかっこよかったのに(笑) 

生と死を超越したってことは、例のルナリアの塔から不死者の指輪を盗み出したネクロマンサーであるクロウがアンデッドキングの正体と考えていいんだろうか? まだわからない。

15Fに入って一歩進んだところに、何か「調べる」アイコンが出てて、うわっ、また血文字のメッセージかいな、と思って身構えてから調べてみたら、

wvw69jv5gtyssamzqo

ん? この口調はソロルさんか。ギルド名を読んで貰えるのはなんだか嬉しい。しかも助けに来てくれると信じていてくれたのがまた嬉しい。

wvw69jv5hkeushor84

また単独行動でリリちゃんを探しているっぽい。一応生存フラグが立ったとはいえ、厄介なことにならないか心配だなー…。

wvw69jv5hmwovjjnnb

ソロルさんが置き手紙を残しておいてくれてた場所は、たき火として使えることに。階段から一歩進んだところに焚き火ってすごく便利でいいですね。もっとも、手軽に調理したい場合は、こんな気持ち悪い階層じゃなくて3Fとかでピクニックするけど。

さあ、墓場でパンケーキ焼いたことだし、いざソロルさんとリリちゃん探しに行くか! と意気込みましたが…。

wvw69jv5bko_nmb1lg

早速怪しげな部屋を発見。これは…状況的に世界樹3に出てきたペイルホースの野営跡を思い出すけど、ただ散らかしたままだったあのときとは違って、人骨が散らばっているとかこっちはガチである…。第二階層にもヤバそうな植物にからまれた遺体のある部屋があったけど、あれと同じニオイを感じるぞ…。

wvw69jv5b-8mm3zzjs

そして、逃げる間もなく、周りを怪しげな女性に取り囲まれる。第二階層のときは調べるか立ち去るか選べたのに、今回は有無を言わさない! この女性たちって、どう考えても、13Fで出てきた色白の女性と同じやつでしょ!! 完全にワナである。

wvw69jv5cbskdws1lu

ところが、明らかにワナだとわかっていながら、差し出された乳白色の飲み物を飲んでしまう一行。墓場で天幕張って寝たりしてからというもの、感覚が麻痺したままのようだ…。

wvw69jv5czaseelx3d

ちょっと飲んでみただけで、明らかに毒であるとわかる。一口飲んで死なないのが幸運なくらい。現実だったら、ここでもう死んでいる。

wvw69jv5dj86e_ed-a

それなのに、飲むのをやめず、全部飲もうとする御一行。これだからボウケンシャーというやつは…!

wvw69jv5dgkzrctb7d

完全にワナに捕らえられて、なんと自分たちもガイコツになってしまった!! ミイラ取りがミイラになるとはこのことだ!! ソロルさんとリリちゃん助けに行くとか息巻いておきながら、二人より先にガイコツになってしまったぞ!!  

あえなくゲームオーバーである。

きみたちが手にした世界樹の迷宮5のプレイ日記は、第三階層の半ばで途絶えている…。

wvw69jv5d5womt8ht6

とはならなかった! まだどうやら冒険は続くようだ。モンスターたちにも慈悲の心があったのか、はたまたゆっくりなぶり殺す気でいたのか、見物を決め込んでいたのか、正気を取り戻すまで待っていてくれたのだった。

wvw69jv5eyqnrkcc0f

そしてやっとバトルに。さっきの飲み物でガイコツになったせいで、全員がTP–140という大惨事。幸運のネックレス装備のゆめちゃんと、ハーバリストのまなきくんはTPがちょっと残っているのが不幸中の幸い。そしてさっきまでラリっててTPすっからかんなのに、先制でバンカー盛り上げるゆうきさんはなかなかの仕事っぷりだ。

wvw69jv5frcqygr9lo

幸い、ユニオンゲージはたまっていたので、一ターン目は防御に徹して、その間にマジックヒールでTPをわずかに回復 & ゆめちゃんの属性付与で反撃の準備。ニターン目に神託:乱舞で属性体制低下させて、急場しのぎのチェインを叩き込んで、3ターンで勝利。敵モンスターが弱っちいのばかりだったので助かりました。

ミイラ取りがミイラになりかけたものの、なんとか九死に一生を得て探索に戻ります。食材もいっぱいあるので、TPなくなったって回復できますしね。しかし、こんな有り様ではソロルさんとリリちゃんに独断専行するな! なんて、とてもじゃないけど言ってられないのだった。

そのあと、探索中に、謎の足跡発見。

wvw69jv5zzg_4gw-tw

結局なんなのかわからず、気味が悪すぎる。なんだろう、何かのクエスト用のものなのか、それとも狩猟術もってるセリアンを連れてきたらいいのか。

リリちゃん無事だった!!

さすがに広い15F。2回にわけて探索して、ようやく奥地までたどり着くと…

wvw69jv5uxeea2e0cx

おやっ?

wvw69jv5vfac8dccbv

おお!!!

リリちゃん生きてた!!

ソロルさんもよく無事で!!

あれだけフラグ立てて、心配かけてたから、次に会ったら死んでたとかアンデッドになってたとかいう結末まで、一時は覚悟しましたが、二人とも無事で本当によかった!! これで生存フラグ回収。

しかしそんなソロルさんに忍び寄る魔の手が…。

wvw69jv5vaqna7mslb

どっちみち戦うことになるので突撃!

wvw69jv5vwsrxnteef

すると、なんとソロルさんと共闘することに!! やっぱりソロルさんは敵対ポジションじゃなくて、味方として共闘できる仲間だったのね! 一時はレンツスやエスバットみたいに戦うことになるかもと思っていたけど、共闘できて本当に嬉しい。

それにしても、このデモンズコフィンとかいう敵は本当に自重してほしい。デザインが生理的に気持ち悪すぎる。世界樹やってて初めて、まともに見たくないと思うほどの気持ち悪さ。出てきたら目を背けながら討伐してる。

ソロルさんとの共闘で無事に敵を撃破すると…

wvw69jv5wscz1lykzz

アンデッドキングがなんか言ってる。今回もまた小物臭が漂うセリフだなぁ…。アンデッドの王様というだけあって、脳みそも腐ってるんじゃないだろうか。

そんなアンデッドキングはほっといてソロルさんとリリちゃんを追うと、おそらくボス部屋のトビラとおぼしきものの前で、なにやら言い合っている様子。

wvw69jv52qioyfze3i

なんだかわからないけど、いつもどおりのリリちゃんっぽくて何より。いや、むしろ、以前のリリちゃんは薄気味悪かったけど、街の人たちの反応見て、実はいい子だったと気づいたもので、以前よりもよっぽど可愛いと思えてしまう(笑)

wvw69jv53f8voe12i2

じつはリリちゃんはけなげな子で、ソロルさんを怪我させたくなかったから、巻き込まないよう一人で行動していたのだと。わからないでもないけれど、そういうことをされると余計に被害が拡大しそうだ…(^_^;)

wvw69jv53ho6_w4fpr

一人で第三階層ボスに挑むとか、フロなんとかさんの二の舞になるだけだった。ソロルさんが間一髪で止めてくれて本当によかった。

wvw69jv532io0wbjvl

そんな二人の様子を見守っていた我々も、ここいらで声をかけることに。どの選択肢も似たようなことだけど、まぁ、せっかくだから一番下のカッコいい言葉を選ぶぜ。

wvw69jv54okle6tbg4

結局、カッコいい言葉では納得してくれなくて、街の人々の依頼で来た、という言葉で初めて、心を動かされたリリちゃん。

リリちゃんがいつもやってたことって…ああ、あの受けているクエストを見抜いて素材を分けてくれるってやつか。ものすごく薄気味悪くて、絶対に裏があるとか監視されてるとか思ったけど、あれって困ってる人への親切だったのね…紛らわしい(^_^;)

まあ、そうやってソロルさんとリリちゃんを怪しく見せて、敵対する要注意人物みたいに思わせるのが、巧妙に仕組まれたフェイクだったということね。シリーズ経験者だったら、絶対にレンツスとかエスバットとかクジュラさんを想像するはずだ、というシリーズの伝統を逆手に取った引っ掛け。

wvw69jv54igdstkba

いつも単独行動で周りを困らせていたリリちゃんに、仲間と協力し合うよう諭すソロルさん。いや、単独行動してリリちゃん探しに行ってたソロルさんが言ってもあんまり説得力がないぞ(笑)

wvw69jv54zyrc2uhzj

でも、ここはソロルさん、しっかりとリリちゃんの心を動かしてくれます。

wvw69jv55iqkoeq0kx

ここも選択肢があるけれど、今回は、薄っぺらい言葉をかけるんじゃなくて、リリちゃんの真意をリリちゃんの言葉で聞きたいから、一番下を選ぼう。

すると…

wvw69jv55dew8rm0zd

ついに、みんなのことを頼ってくれたリリちゃん!

wvw69jv55w84bs-yfz

その言葉を待ってた。何も言わずに手を握るリーダー。言葉なんかいらないのです。ただその手に確信と勇気を込めて。

これって三番目の選択肢選んだら怒られちゃいそうだな…(^_^;)

wvw69jv56bav6trlxs

すると、ソロルさんは、また単独行動をするとか言い出す。ダメだこの人、完全に単独行動が染み付いてしまってる…(笑) まあ、ぶっちゃけ、ゲームシステム上、6人でしか戦えないから、ってことでしょうね。

あれ? もしパーティーメンバーが4人以下のギルドだったら…2人とも一緒に共闘してくれたりしないんだろうか。

wvw69jv56v0u75yhym

何やらカッコよく決めてトビラの前に群がる敵に向かっていくソロルさん。まあ、いつものことなので、大丈夫でしょう。

wvw69jv56psqcx5v6y

なんか嫌なフラグに思えなくもないセリフだけど…ここまでフラグブレイカーしてきた二人なら、きっと大丈夫でしょう。

wvw69jv568ynztgek6

というわけで、満を持してリリちゃんがパーティーに加入! リリちゃんの悲願達成に付き合わせてもらいます。

まあ、実は、うちのパーティーの面々はこういう相手と戦うのは慣れているんですよ。死神みたいな魔導師と、ひたすら戦い続けてきた過去があるので。だから、今回のアンデッドキングなんて楽勝のはず。目に物見せてやるとしましょう。

だけどその前に…

wvw69jv57zmlbwgmxd

ソロルさんを置いて一旦街に戻る薄情な冒険者たち。いや、だってボス戦前に、アイテムを大量に倉庫から引き出してこないといけませんしね。ソロルさんなら、ほっといても大丈夫だろう(笑)

wvw69jv57nc4whw3oq

15Fの地図も、ほぼボス部屋を残すのみに。中央部に通れない隠し通路があって気になったんですが…まあ、今は通れないんだから仕方ない。

第三階層ボスとの戦い

さあ、準備もできたことだし、いよいよトビラを開けて、アンデッドキングに挑む! ここからはボス戦のネタバレになるので、いつもの通り折りたたんでおきます。自分の足でたどり着いてから見ること推奨。

アンデッドキングとの戦い(※ネタバレ注意)

いよいよトビラを開けるとそこには…

wvw69jv58wqdkw-6q

うわっ、なかなかホラーな感じ。真っ暗な室内の雰囲気が相まって、おぼろげに見える巨大な何者かの姿が怖い。

近づいてみると…

wvw69jv59eygv24nfw

こいつがアンデッドキングか!!

…近くで見ると、あまり怖くないな…(笑) なんか肩幅が妙に狭くてヒョロリとしていて ひ弱そう…。

いやしかし、仮にも第三階層のボスであるからして、油断は禁物だろう。アンデッドということで状態異常を振りまいてくるのか、仲間呼びをしてくるのかは分からないが、一筋縄ではいかないことは確かだ。

いよいよ決戦のとき!!

wvw69jv59qobtls3b4

最初は前列にデッドソードマン二体がいて、後列にアンデッドキングが下がって巨大な翼で空を飛んでいる状態。ひ弱そうと言ったけど、翼を装着するとなかなかの威圧感である。

後ろのアンデッドキングを直接狙おうとしても、ゾンビシールドというスキルで前のデッドソードマンを盾にしてくる。しかし、それでも、チェインの攻撃対象には後列のアンデッドキングを選んだほうがいいっぽい。そうすれば、身代わりになったデッドソードマンを仕留めた後、攻撃対象が自動的にアンデッドキングに変わるので、引き続きチェインが発動してくれる。

アンデッドキングはデッドソードマンが長いこと生き残っていると爆発させてきたりするが、デッドソードマンはそれほどHPは高くないので、最大火力のチェインファイアで燃やしまくれば瞬殺できて、直接アンデッドキングに攻撃が通るようになる。なんとも力押し…(笑)

しかしデッドソードマンは防御陣形を使ってきて、全体の防御力を上げるので、この形態のときは基本的にダメージが通りにくい。

wvw69jv6c_ws-xk83l

デッドソードマンを倒してしまうと、翼がなくなって、アンデッドキングが前に出る。そして次のターンに、デッドボウマン二体を後列に召喚。

このときが攻撃の大チャンスで、前列に出ているアンデッドキングに最大火力でチェインファイアをお見舞いできる。いつものごとく、チェインプラスとアンプリファーを載せて、さらに神託:乱舞で炎耐性を下げたところに、フル火力のチェインファイアで燃やし尽くす。チェインダブルも最大レベルまで育成しているので、けっこうチェインが二回攻撃になって、うまくいけばこの形態のうちに一気に1/3くらい削れる。

ある程度ターンが経つと、デッドボウマンを爆発させてきて、毒や呪いを付与してくるので、一旦休止。回復に努める。そしてアンデッドキングはまた後ろに引っ込んで、デッドソードマン呼び出すモードに戻る、の繰り返し。

wvw69jv6dlcfyul5p5

途中、二回ほど回復が間に合わないシーンがあったけど、ちょうど温存してあったユニオンスキルのヒギエイアの杯と、イージスの盾をそれぞれ使って切り抜けた。今回はリリちゃんがいて、6人パーティーだったおかげで、5人で発動のイージスの盾を使っても、だれか一人ユニオンゲージが余る、という状況だったのが幸いしました。

ネクロマンサーを使ったことがないので、リリちゃんは、ほとんどアイテム係に徹してもらって、アンデッドキングが前列に出てきて総攻撃を仕掛けるターンだけチェインの着火役として攻撃してもらう感じでした。

使用したアイテムは、アムリタが3つ、ソーマが2つ、あとメディカとテリアカはそれなりに、という感じ。一人アイテム役がいるだけで、急な事態にも対処できるので、リリちゃんは大活躍でした。

最後は、聖なる贈り物を使って経験値アップを図って盤石の態勢で撃破。第一階層のゴーレムと違って、お供のデッドボウマンは倒さなくても自然消滅してくれました。

wvw69jv6d2qanz9m7p

平均レベルは39-40。適正なのか高すぎるのかはわかりませんが、今回もADVANCEで初見撃破できました。じっくり対策を練るのも世界樹の醍醐味だけど、初見で撃破すると、柔軟に対応できた気になって嬉しいですね。

だから言ったろ? こういう敵は慣れてるんだ、とリリちゃんに言いたくなる(笑)

wvw69jv6emwroz7y7w

そんなリリちゃんは、ようやく宿敵を倒して、不死者の指輪を取り戻した。

wvw69jv6edoqxk3jas

感極まって崩れ落ちるリリちゃん。

ここで長い旅が終わった、ってことは、アンデッドキングがあの塔から指輪を盗み出した双子の片割れのネクロマンサー、クロウだということでいいのかな?

正直どうにも腑に落ちない。アンデッドキングは、一度も自分がクロウだと名乗っていない。テキストでもそう言ってないし、リリちゃんもそう呼んでいない。

ソロルさんの話を聞く限り、クロウはかなり狡猾な感じだったけど、アンデッドキングは、どう見てもドラゾンビというか、小物でしかなかった。なんというか、アンデッドキング自身が、何かもっと強力なネクロマンサーに操られているただの死霊のような気がしたんだけど。

そして、リリちゃんの旅がここで終わるとか言ってるけど、それってメタな言い方したら、ゲーム的におかしくありません? まだ第三階層で、全体の半分しか来てないんだから、ここで終わられては困ってしまう…(笑) 

というわけで、まだリリちゃんの話は終わっておらず、スワンから命じられた不死者の指輪を取り戻すという意味では任務完了したものの、諸悪の根源であるネクロマンサーのクロウのほうは、まだ討伐できていないんじゃないだろうか、という予測を立ててみる。

wvw69jv6e2mszzf77g

でもまあ、リリちゃんの使命は、指輪の奪還だったから、それはそれでめでたしめでたしですよね。野暮な言い方をすると、その不死者の指輪が本物なのかどうかも気にかかるけど、気にしすぎかもしれないから、今のところは一緒に喜んでおこう。

何より気持ち悪すぎる第三階層とようやくオサラバできるってだけでも本当にめでたい。

wvw69jv6fgm65kfnx3

ソロルさんも無事にトビラの前を守ってくれてたみたい。多分FOEの乱入とかを必死に防いでくれてたんだろう…と解釈しておこう。リリちゃん、確かソロルさんに真っ先に報告するとか言ってたのに、喜びすぎてたのか、ソロルさんのほうから声かけてきちゃったじゃないの(笑)

wvw69jv6frufzj8snx

まあ、そんなソロルさんとリリちゃんのコンビだからこそいいのかもしれませんね。末永くお幸せに!

こうして無事に第三階層のボスも打ち倒して、ついに気持ち悪かった第三階層ともお別れだ! いやー、歴代でも最強レベルの気持ち悪さだった。

4の第六階層もなかなかのものだったけど、今回のは気持ち悪さのレベルが違ったから、ほんと早く終わらせたかった。世界樹に求めてるのはこういう殺伐とした方面ではないんだけどなー…次回作ではもっとマトモな雰囲気のダンジョン期待。

ということで、ボス部屋を歩き回って、第四階層への階段を探したのですが…

あれ…?

ない!

階段がどこにもない!

wvw69jwbtcq_ccwrva

改めて地図を見直してみると、ボス部屋に階段がないのだとしたら、階段があるのは例の中央部分の隠し通路の先としか思えない。しかし改めてそこへ行ってみるものの、やっぱり入れない。

これはミッション報告しないと進めないということか。残念だけど、一度街に戻って報告しましょう。

そんなわけで、今回の15Fの探索はここまで、第三階層も無事にクリアできました。いよいよ次回からは、気分一新、第四階層の探索を楽しめそうです。

スポンサーリンク
投稿日2016.10.27
かてごりー: アトラス系ゲーム