世界樹の迷宮5プレイ日記20F 果てしなき45ターンの激闘!

世界樹の迷宮5のプレイ日記、前回の19Fでは、水晶ワープギミックでのFOEとの追いかけっこを楽しみつつ、ジェネッタさんのお弁当が実はオヤジのワキおにぎりだったという衝撃の事実が明るみに出る中、無事に第四階層の最後の階、20Fに到達しました。

今回はいよいよ、第四階層のボスとの対決。いまだまったくと言っていいほどストーリーの進展がなく、謎の解明の糸口が全然見えてこない第四階層ですが、この20Fで色々と新事実が明らかになるのでしょうか。そしていったいどんなボスが待ち受けているのでしょうか。

wvw69jxllgy-ceuzkg

スポンサーリンク

20F「煌きを纏い鎮座する水晶の竜」

ようやくたどりついた、第四階層の最終階。

wvw69jym7tkmvuv8bw

サブタイトルは「煌きを纏い鎮座する水晶の竜」。水晶竜との戦いが迫ることを物語る名前ですね。やっぱり第四階層ボスは水晶竜なのだろうか。水晶竜とやらが何者なのか、全然見えてこないんですが。

相変わらずの水晶ワープを駆使しながら早速進んでいくと…

wvw69jxkzfq8xuhxge

なんかまためんどくさそうな衛兵たちを発見…(^_^;) まさかの衛兵のアナザーカラーである。しかも、やっぱりここまでの第四階層の衛兵たちと同じく、お金目当てで採掘してるし。いったい評議会の給料って、どんだけ少ないんだ。

wvw69jxkaqei-zkqjo

金の鎧の衛兵さんのほうは弱気。うんうん、衛兵が樹海なんてうろうろしてたら、ロクなことにならない。

wvw69jxkawyrilkex0

銀の鎧の衛兵さんは、やたらと強気。そう思うだろ?なんて言われても困るし…!

wvw69jxkbdaeoiocrm

当然「危険だから帰ったほうがいい」を選択。もちろん、意味は、(冒険者にとって)危険だから帰ったほうがいい、ということですけどね! 衛兵が樹海をうろついてたら、多数の冒険者がとばっちりを受けて厄介事に巻き込まれてしまうのは目に見えている。だからさっさと帰ってくれー!

wvw69jxkbzkaigpbbl

すると、とりあえず今日のところは帰ってくれるようだけど、また次の休みには来ると言ってるからには、このイベント、これで終わりではなさそうだ。クエストに続くのか、第五階層に続くのか、それとも第四階層の隠しエリアあたりと関係してくるのかは不明だけど、どれにしても嫌な予感しかしない…(^_^;)

鉱石マニアを満足させろ!

一方、クエストのほうで、ずっと達成できなかった「水晶の輝き」がそろそろ達成できそうに。大きな本を持った女の子が第四階層で取れる水晶を集めて見せてほしいというもの。

この大きな本の女の子というのは、ノーラと刻の工房に出てくる、鉱石大好きっ子のエルシーさんでしょうね。ていうか、自慢のハンマーで、樹海に潜れば、すぐ採ってこれるだろうに…(^_^;)

赤青黄の水晶モンスターのドロップを集めていったんだけど…

wvw69jxtwuusrnkcvj

3つじゃ足りないっぽい…(^_^;)

wvw69jxtxeaad9dibj

そのまま終わってもいいし、さらに集めて来てもいい、というニュアンス。

もちろんここで終わるわけにはいかないので、報告せずにおいたけど、どうやら、情報屋ハンスケさんによると、水晶のモンスターには2つほどレアドロップがあるらしい。さすがエルシーさんは、通常ドロップくらいではダメだったか(笑)

それぞれ、盲目状態と麻痺状態で撃破、というわかりにくいもので、しかもうちのパーティーは搦め手役がいなかったので気づかなかった。仕方なく、麻痺の香と盲目の香を買い込んできて、レアドロップをゲットしたら…

wvw69jxt7lkt0jwud6

あっ、天の声がそろったと言ってくれた…(笑) 長かった…第四階層入ってすぐごろからずっとこのクエスト受けたままでしたが、5つ集めてようやくエルシーさんを満足させられるのか…(笑)

ということで、エルシーさんの鉱石鑑定のはじまりはじまり。

wvw69jxtskseh5wlvg

もともとモンスターの核なので…カットしたら形もよくなるんじゃないですかね。

wvw69jxucg40vh62ku

甘い匂い? 麻痺させたら甘くなるのか(笑) こんぺいとう?? しかしこれ、なんとアムリタの材料みたいなんですよね。採るのめんどくさいけど集めずにはいられない。

wvw69jxtuqwtyp7ofe

赤いやつってツルツルしてたっけ? ずっとなでたくなるって、さすが鉱石マニアですね。にやける顔が思い浮かぶようだ。

wvw69jxtvmgpwzl1ol

いやー、それレアドロップだから苦労したんですれけど…盲目の香わざわざ買って淀ませたというのに、今ひとつな反応…。

wvw69jxtv-ulgmvkue

こちらはレアドロップじゃないほう。こっちのほうが明らかに喜ばれているとは、む、報われない…。

wvw69jxuduasbkn23c

というわけで、鉱石マニアも満足してくれて、一件落着。

wvw69jxueg4secqzh

冒険者目指して、って、むしろセンパイ冒険者みたいなものじゃないのかなぁー(^_^;) もしノーラと刻の工房の続編が出たら、けっこう腕が立つ鉱石マニアのお姉さんに成長してそうな気がする。

wvw69jxukyksydyfwf

報酬はなんと30000円! さすが武器屋の娘、太っ腹である。珍しい鉱石のためには金に糸目をつけない大物感が(笑) これは本当にノーラの続編が楽しみなんだけど、いつ発売されるんですかねー??

第四階層ボスとの激闘!

そうこうしている間に、第四階層の北エリアに到達。東西南北をワープしながらの、わりと楽しい道のりでした。

まだ中央にでっかりエリアがあるので、渦巻き式にぐるぐるまわっていくのかなーと思っていると、

wvw69jxkku0_fdmg87

あれっ? 謎の少女が登場。よくここまで来たものだ、ってもうボス部屋?

wvw69jxkkoygrhckee

いやいやいや、この前言われるまで、世界樹の伝説とかいうの、すっかり忘れてましたから。ゼルダの伝説の伝説って何のことかよくわからないのと同じレベルで。うちのギルドは、とりあえず新しい世界樹が発見されたらバカンスがてら登ってみることにしているだけで、伝説とかあんまり興味ないんですよ。

wvw69jxkk-gylmtbzf

そんなことは意に介さず、なんか高みの見物っぽいセリフを残して、またもや消えていってしまった。いったいこの少女ほんとに何者?

レムスさんがこの前…

wvw69jw1y0aqcdx7no

なんて無責任なことを言っていたけど、結局何もわからなかったぞーー!!!

昔の戦争の関係者の末裔で、ルナリアとセリアンの混血の一族では? なんて考えていて、てっきり、一族郎党がモリビトみていに出てきて、爬虫類たちと戦っているのかと思いきや、そんなことはぜんぜんなかった…。というか、少女以外に誰もいないんですかね。

第三階層のほうは、残念なアンデットキングさんが名乗っちゃった時点で肩透かしだったけど、第四階層は謎を引っ張る引っ張る。いつまで経っても全体像が見えてこないですね。

そして、地図のほうはこんな感じ。

wvw69jxlah4qcfq-0o 

てっきり、まださらに中央エリアをぐるぐる探索して行くのだと思っていたら、もうボス部屋みたいなことを言われたので、一回帰還して準備を整えることに。ボス部屋のトビラは見つからなくて、ワープするっぽい水晶しかなかったけど、これって水晶に触れたらボス部屋直行パターンですよね、アブナイアブナイ…。

いよいよ第四階層ボスですが、いつものようにネタバレに配慮して、内容は折りたたんでおきます。すでにクリアした人だけ見るのを推奨します。

第四階層ボスとの戦い(※ネタバレ注意)

街に帰って、アイテムを大量に引き出して準備万端。今回も初見撃破を目指します。竜というだけあって、属性ブレスをしてきそうなので、一応絶耐ミストあたりも持っていくことに。

ボス部屋に入ってみると…

wvw69jxlbus0tp1bar

いた!

というか部屋広っ!? あの残りスペースが全部ボス部屋!?

wvw69jxlcgkcusvs24

これまた まがまがしい姿。ポケモンとかナナドラにこれと似た感じのがいたようないなかったような…。

wvw69jxlcdstggwr20

さらになんと、ウロコの水晶をミサイルで打ち込んできた! 4のホムラミズチみたいにウロコ壊せば弱体化するのか?と思ったんですが、そうではなくて、範囲攻撃でダメージをうけるというマップ兵器でした。

wvw69jxlc6s53uvi3b

マップ兵器で攻撃してくるので、それをかいくぐってボスまで近づく必要があり、戦うまでが一苦労。斜めにジグザグに歩いて近づいていけば、なんとか接近できました。ダメージを受けた分を食材で回復してから、いざ水晶竜とのバトル!

というわけで水晶竜との決戦なのですが…。

初戦で戦ってみた感じでは、水晶竜は二つのモードを一定ターン?で行き来するようです。最初は三色属性攻撃モードで、次に物理属性攻撃モードになって、また三色属性攻撃モードに戻るという。

三色属性攻撃モードでは物理属性が、物理属性攻撃モードでは三色属性が弱点っぽい。うちのパーティーでは、ダメージソースがチェインなので、どちらでも弱点をつけるという美味しい感じ。

どちらのモードでも、全体攻撃が少ないので、とりあえずバンカーを盛っておけば、どんな攻撃でもかなり軽減してくれます。バンカーはレベル10まで上げてあるおかげで、やたらと強固でなかなか崩されず、バンカーと同時にマテリアルガードなどの対策もできるので、バトルはかなり安定します。

しかし…

結論から言うと、最初の闘いは負けました(^_^;)

ほとんど順調だったのですが、三色属性攻撃モードのときに、クリアブレスとかいう超ダメージ技を使ってきて前衛が全滅。なぜか後衛はさほどでもない。マテリアルガードも使っていたのに、貫通、ということで、どうやら無属性攻撃。

いったんは立て直して、三色属性攻撃モードの初手で打ってくるのかな、と思ってイージスの盾で防いだのですが、次のターンにまた打たれて壊滅。やっぱり前衛だけ大ダメージという謎。

そこで生き残った後衛の強化が消えているのに気づいて、やっと意味がわかって納得。そうか、「クリアブレス」って名前のとおり、強化のバフがかかっているのを解除(クリア)して、強化の数が多いほどダメージが上がるのね。

前衛は祈祷:焔に加えて、アンプリファーもかかっている。しかもリーダーはリンクプラスもかけているので必ず落とされていたということでした。前衛が2-3個の強化がかかっているのに対し、後衛は祈祷:焔の1つだけだから、後衛は無事だったのかと。

かなり削ったものの、クリアブレスにやられたぶんの立て直しでアイテムなどが足りなくなり、ジリ貧で初戦は負けました。悔しい。

だけど、クリアブレス対策さえできれば、問題なし、ということで二戦目。

wvw69jxljjmrnxkdxc

順調に削りきることができました。戦法としては単純に、強化をかけるのをやめて、地道に削っただけ。強化をかけなければ、クリアブレスを含め、どの攻撃も大したことなくなるので、ターン数はかかるものの、ピンチになる場面もなく。

強化をかけない場合、シャーマンが暇になりますが、ゴルゴンアローの石化打ちでチェイン着火を担当していたら、二回ほど石化が決まるというおいしい場面もありました。

wvw69jxljswfwdahqh

ということで無事、全員生存で撃破。

45ターンもかかってしまった(^_^;) 第一階層のゴーレムをさらに超える泥仕合というか、淡々とした持久戦でした。

一回は全滅させられているので、強かったというば強かったのですが、クリアブレスを除けば、今までの階層ボスで一番手応えがなかった…。

wvw69jxlj_q3eixuh3

撃破レベルは全員50。適正レベルなのか低いのかよくわからず。第三階層ボスのときはリリちゃんが41レベルだったから、それくらいが適正だったのだとすると、そこから5階上がって50というのはどうなんでしょうね。手応えがないように感じたのも、ドラグーンのバンカーのおかげな気もしますし。

wvw69jxlkzs9khfwc6

そしてこのテロップである。「いつ終わるのか知れなかった戦い」って、完全に見透かされてますね(笑) クリアブレスがある時点で、バフが使いにくく、長期戦になるのは必至だということなんだろうか。

でも、バフの代わりにデバフ入れてダメージ底上げしているパーティーだったら、さほど長期戦にならない気もしますけど。うちもシャーマンが神託:禊あたりを覚えていて、好きなときに味方全体のバフを解除できるようだったら、もっとアグレッシヴに立ち回れたのかもなー。

まあ、長期戦とはいえ、勝てたので結果オーライ。

すると、どこからともなく…

wvw69jxlkxa6vmq44q

謎の少女の声だ。んん? なにそのラスボスみたいな口調!? 謎の少女って第五階層の人? そしてもしかすると2のオーバーロードみたいな役どころ? 「私の期待」って何なんだろうか? ラスボスというよりは、ラスボスを食い止めている賢者みたいな役回りだったり?

wvw69jxlllcx25dk0s

謎の少女の声に導かれて、いよいよ第五階層への道が開かれる。第三階層のときとは違って、ちゃんとボス部屋に階段あるみたい(笑)

wvw69jxllgy-ceuzkg

やっぱり、謎の少女は第五階層の人だったのか。そして、一人で第四階層を歩いていたり、突然消えたりしていたのは、本体は第五階層にいて、ホログラム映像みたいなのがうろうろしていただけ、ということっぽい。

そうすると、本人は第五階層から出られない呪いというか、封印みたいなのに囚われているんだろうか。そして、その封印の主であるラスボスを倒してほしい、ということなのかな。あるいは、全力でラスボスを食い止めているために動けないとか?

wvw69jxln7wixa-wsy

これが第五階層へのトビラ。なんだかものものしい雰囲気である。第五階層…いったいどんなところなんだろう。

wvw69jxloxqfxmfyjo 

いつものような階段ではなく、ワープ?というか、軌道エレベーター?みたいな感じで、一気に上へと引き上げられる。いったいどんな階層が待ち受けているんだろう…?

そういえば、結局、水晶竜っていったい何者なのか、ということは最後までわからなかった…(^_^;)

これで、第四階層は終了。

wvw69jym7j0o75cfp1

第三階層と比べると、気持ち悪さがなかったぶん、精神的に楽で、水晶もキレイで楽しかったですね。敵もコウモリが出てきたら即逃走していましたが、爬虫類たちは、ドラグーンで守りながらニターン目にチェインで仕留める方法で危なげなく倒せたので、通常バトルも楽でした。

なんとなく第三階層より、敵の先制が多かった気がしましたが、ハーバリストにキリングショットを装備させておいたおかげで、スキルの不意打ち警戒が発動して、8割型は防いでくれました。敵先制や味方先制のときにBGMに追加される前奏がやたらカッコいいので、それはそれで楽しかった(笑)

ストーリーのほうは全然進展がなく、記憶に残ったことと言えば、再三再四、樹海にお金稼ぎにやってきては冒険者にとばっちりを食らわせる衛兵が大量出没したことくらいかな…。歴代の第四階層と比べても、びっくりするほど内容の薄い階層でしたね。そこは正直つまらなかったです(^_^;)

謎を引っ張るだけ引っ張って、いよいよ第五階層、ということになってしまいましたが、結局、どんな結末が待ち受けるのか…。エンディングまで残り5階。じっくり楽しみたいと思います。

世界樹の迷宮5プレイ日記21F 熟練ボウケンシャーへの心理戦
世界樹の迷宮5プレイ日記21。新たな階層での心理戦

▽ギルドカード(第四階層突破時点 レベル51)

wvw69jym798y53taczwvw69jym8mqt2cb7oh

スポンサーリンク
投稿日2016.11.08
かてごりー: アトラス系ゲーム