世界樹の迷宮5プレイ日記6F 冒険者の魂をかけた時を越える戦い


界樹の迷宮5のプレイ日記、前回の5Fでは、ついに、第一階層のボスのスモウレスラーたちを、37ターンもの長期戦の据えに、土俵に叩き伏せることができました。

今回はその足で、さらなる世界樹の高み、第二階層へと初めて挑みます。第二階層の入り口で待っていたのは、思いもよらぬ強敵たちとの再会、そして時を越えて幕を開ける、冒険者としての魂をかけた戦いだったのでした…。

WVW69jhVAXMCMjTjCw

スポンサーリンク

6F「高きを目指し歩み続ける大地」

ゴーレムを倒したその足でそのまま第二階層へ。これまでの世界樹通りなら、樹海磁軸くらいまでならたどり着けるはず。TPも枯渇してボロボロだけど、磁軸までなら大丈夫だろう、糸ももったいないし、ということで、階段を登りました。

すると、また第一階層突入時のようなモノローグが。

WVW69jgYzF0BjVVrLj

なんだろう?

しかし第一階層のやつもモノローグ詐欺だったというか、結局冒険者を惑わす石像なんてどこにもいなかったので、単に雰囲気出すための演出と思っておくのがよさそう。

第二階層の名は…

WVW69jgY0Pk6Dj0kux

「奇岩ノ山道」。

その名のとおり、奇妙な岩がある山道ということかな。第二階層ボスは岩ポケモンみたいなやつだったりして(笑)

WVW69jgY01UUtqxApa

6Fの名前は「高きを目指し歩み続ける大地」。

相変わらずよくわからないんだけど、ここって、世界樹のどこに当たるんですかね(笑) 第一階層の森は世界樹のふもとに広がる森だったのかな。

すると森を抜けて、世界樹の外周を進んでいるのが第二階層? まだ世界樹そのものにはたどり着いていないということなのか? 世界樹シリーズでこれを気にしたら負けのような気もしますが…(笑)

でも一応、世界樹3とかでは、徐々に潜っていく雰囲気が出ていたので、多分それなりに位置関係は考えられているのだろう、とは思うんですが。そこをまた想像で補うのも楽しい部分かな。

それにしても、世界樹4あたりから、屋外のダンジョンが出てきましたよね。セカダンのときも、確かこんな山道マップがあったなーと思いつつ進む。昔の世界樹といえば、常に森や遺跡の中のダンジョンだった気がするから、屋外ダンジョンはちょっと違和感があるのだけども。それでも新世界樹のグラズヘイムよりはよっぽど雰囲気が出てていいかな。新世界樹のSF要素はげんなりしました…。

少し進んでいくと…

WVW69jgY2asF_sSPM9

ああ、またリリちゃんか。ここできっとミッション報告してないから街に戻れって言われるのね。

WVW69jgY3hsl_M-dvr

違った!

だれ!?

WVW69jgY4JgTDAodAI

ソロル? 死神? 一人称オレ? 

また変な人が出てきた…。死神ということは、アースランのリーパーですよね?

そうか…これで樹海に登場するNPCとしては3人目。アースランはソロルさん、ルナリアはリリちゃん、そしてセリアンはジェネッタさん、ブラニーはまだ樹海では見かけてないから、これからNPCで登場しそう。ほかに樹海で会ったNPCといえばギルド長がいるけど…まさかなー(笑) 謎多きギルド長の正体がブラニーとかだったら唖然としますよ。

WVW69jgY4yU2NPNwD2

ソロルさんは、近くにある樹海磁軸を教えてくれました。やっぱりあれで帰れということか。ということで樹海磁軸でセーブして、アイオリスの街に帰…

…らずに、もうちょっとまわりをウロウロしてみる(笑) セーブできたから、もし全滅しても大丈夫ですし。さらに進もうとしたら、ソロルさんに通せんぼされるんだろうなー、と思いきや、なぜかそのまま進んでいけます。どこまで行けるんだろうこれ。

途中、イベントがいろいろ。

WVW69jgY7D4iKkyJWZ

ナイトビジョンなんて持ってないので、中を覗けず残念。力持ちもいないので岩も動かせず。力持ちってあれかな? 種族スキルの「肉体強化」? それだったら、もう取得できそうだけど、スキルポイントがないので後回し。

さらに進んでいくと、

WVW69jgY9pU44W2K7u

すんでのところで落石事故を回避! なにこれこの階層怖い…。岩が降ってくるダンジョンなんてこれまでなかったような…。いや、なんとなくどこかであった気も。

WVW69jgZADgbdamrqy

そしてこんなところに樹海鵜が。どう見てもここ、「樹海」じゃないんですけど! 樹海って言うのは、森のことでしょ? ここは木なんて全然ない岩山じゃないですか! …なんてことを言い出すと、もはや世界樹の迷宮でもなくなっちゃうから、ツッコまないでおこう。

樹海鵜もふもふしてるまなきくん可愛い。

WVW69jgZAoUny-u4BN

樹海鵜にエサやりして、なんか喜ばれたところで、再び探索へ。ニワトリと違って、お持ち帰りはできないんですね(笑)

さすがにボス戦の後そのまま探索していて、TPが枯渇していてザコ敵からも逃亡せざるを得ない状態なので、樹海磁軸への抜け道が開通したタイミングで、一度街へ戻ることに。結局ここまで通せんぼされず。

WVW69jhUh3kUDxDyT9

地図は、どう描くか悩みますね。奈落の部分はとりあえず壁なしで描いてるけど大丈夫かな?

デスストーカーさんFOE昇格おめでとう!

さすがにボス戦で疲れたまま、深夜4時まで探索し、もう朝の5時なので、宿屋で一泊したい冒険者たち。(←ゲーム内時間のこと)。

しかしコンビニエンスストアも真っ青の24時間営業のアイオリスの大市に持ち帰った素材を売りに行きます。

WVW69jhUjak6OTvumb

おおおおおお!!!

プレイバント出た!!!

懐かしのプレイバント!!!

プレイバントといえば、味方一人の攻撃力を上げるアメちゃんですよ。初期の世界樹では、ボス戦に毎回買い込んで行きましったけ。うちのパーティーは毎回、攻撃役一人を他のメンバーで強化しまくって一点集中の構成なので、味方一人の攻撃を強化できるアメちゃんとは相性がいいのです。世界樹3では、攻撃役のゾディアックに舐めさせて、圧縮メテオしまくってました。

今回もほぼリーダー一人で攻撃してるから、プレイバント買っとくべきかもしれない。アメちゃん舐めながらFOE撃破こそ、世界樹の醍醐味ですよ。

…なんか今回の説明からはアメちゃん部分がカットされていますが(笑) もしかしてアメちゃんではなくなってしまったの?(^_^;)

そしてようやく宿屋に行って、夜まで休みます。昼夜逆転生活の冒険者たち。たぶんまだ日が開けてなかったので、一泊する、を選んだほうがよかった気がするけど、間違えた(^_^;) 

WVW69jhUkNoytA23LS

ジェネッタさんは相変わらずですね。(他人事

クエストもいろいろ出てたので引き受けます。

WVW69jhUmjcPOaUEhR

このクエストはわりと面白かった。マインスイーパ?みたいな感じで爆弾探知するんだけど、今回は5Fの狭い部屋で3つの爆弾を見つけるというもの。魔力探知機で難しければ、ルナリアの魔力感知使えばいいよ、ということだったんですが、それほど難しくなく無事クリア。

だけど、これ、今後もっと広い場所で上級の難しいクエストが出てきそうな予感が…(笑) 絶対、今回は入門編だろう…(笑)

再度樹海の探索へ。今度は万全の状態なので、ザコ敵とも積極的に戦っていきます。今のところそれほどやっかいな敵はいない様子。注意するのは、撃破時に麻痺を飛ばしてくるセミくらいだろうか。

初回探索時に、何かイベントがありそうだったけど、バトルになるとヤバいので放置していたスタート地点近くのガケを調べてみると…

WVW69jhUqBsHiJfETn

押すなよ! 絶対に押すなよ!

WVW69jhUqkI_wzT9C8

危ないってば!!

WVW69jhUrDca3-U8yu

不器用で有名なゆうきさんが何やってるんですか!! 前に木に引っかかった袋取ろうとして樹海イラガの幼虫に刺されまくったのを忘れたの? 性懲りもなくまた袋取りに行くなんて!!

WVW69jhUrkQsrSBhJV

落ちたら死ぬって!! 落下ダメージで墜落死してもすぐ再開できるゼノブレイドじゃないんですから!

WVW69jhUsHQssS6SJX

結局、袋を取るのはあきらめて、後回しにすることに。危なっかしすぎです! 

にしても、今後のクエスト用なのか、それとも種族スキルが足りないのかどちらだろう。身軽でないと取れない、とか言ってたので、試しに装備外してみたけど、違うっぽい。

もしかすると、セリアンの種族スキルの「軽業」かな? セリアンがパーティーにいないのでなんともですが。聞きかじり組のほうにいるから、そのうち連れて来てみるか…?

もうひとつ、後回しにしていたポイントに行くと、そこにいたのは…

WVW69jhUvLIbHPL-hw

げげっ!? 衛兵さんじゃないですか!? これはバトルフラグ。また衛兵さんのうっかりで手負いのイノシシに突撃されたりするんだわ。衛兵さんの二つ名が「徘徊する災いの化身」なのはダテじゃない!! 後回しにしてよかったー。ボス戦突破直後で話しかけてたら完全に死んでた。

…と一瞬のうちにの脳裏にかけめぐったけど、じつは、ただのたき火ポイントで、バトルなんてなかった(笑) 衛兵さん=トラブルという印象がですね…。

親切な「徘徊する災いの化身」さんのところで少し休んで、体力回復してから、さらに先に進む冒険者たち。すると…

WVW69jhUyGQDayau-h

デ、デスストーカーさんじゃないですか!! 久しぶり!! めちゃ懐かしい!! 世界樹2以来ですかね?

※世界樹2のデスストーカーさんの参考画像

スクリーンショット_081816_011412_PM

なんか、当時よりも立派になって、まさかのFOEに昇格していらっしゃる!  世界樹2が発売されてから、今年で8年ですか。きっとたゆまぬ鍛錬のおかげで、FOEになれたんでしょうねー。うう、なんという立派な精進。

じつはわたしらも、デスストーカーさんに間違われたことがありまして…。ハイラガードの街で、ヒマワリちゃんに、「デスストーカーさん!」なんて呼びかけられたんですよね。まあヒマワリちゃんは、冒険者の名前を覚えられず、色んな名前で呼ぶことで有名な子でしたけどね! まあ、今思えば、こんな立派になるデスストーカーさんと間違われるなんて光栄でしたね!

そんなFOE版デスストーカーさんは、今回は、4方向を順繰りに監視するタイプのFOE。そして視界に入ったらストーカーしてくる、デスストーカーの名に恥じない粘着っぷりを見せつけてくれるのでした。

その後の道のりでは…

WVW69jhU1QwsT40hX1

樹海オオウズラだと!? ここはどう見ても樹海じゃないと何度言えば…。しかもさっきの樹海鵜にはエサやりしたのに、樹海オオウズラは捕食するとか、冒険者ってほんと怖い。

WVW69jhU1xIoX0jS9g

しかし命拾いした樹海オオウズラ。狩りに長けたセリアンがいないとダメっぽい。種族スキルの「狩猟術」かな。今回種族スキルが使われる場面多いなー。パッシブスキル系の種族スキルはバトルでも役立つからいいんですが、こういうタイプはスキルポイントがもったいなくて取りにくい。いっそのこと、樹海探索術や採集術とかのスキルでも、何らかの能力底上げのパッシブ効果があればよかったのに、そんなに採集専門チームを分けてほしいんだろうか…(笑)

さらに先に進んでいくと、またデスストーカーさんがいたので、気をつけて視界を避けつつ進んでいったつもりが…

WVW69jhU47w5x98RCT

あっ…

追い詰められた(笑)

初期の世界樹なら、ここは間違いなく糸を使う状況ですよね。そして糸がなかったら、全滅しかない。

しかし!!

最近の世界樹はヌルくなったので、なんと! 後ろが壁でも、FOEから逃げれるのです! …正直いってこの仕様変更は緊張感が削がれるからいらなかったと思うけど、せっかくだから、使わせてもらおう。

ということで、横に一歩進んで、FOEと接触。

WVW69jhU6KUSJLcq3A

デスストーカーさんの新たな二つ名は「見据える捕食者」だったのか。世界樹の魔物として考えたら、らしい名前だなーと思うけど、現実世界に存在するデスストーカー(見据える捕食者)をイメージするとシャレにならない。夜道でもネット上でも、デスストーカーには気をつけないと…。

そして捕食者の名に恥じぬ強烈な攻撃で、1ターン目早々大打撃を受けますが、ユニオンスキルの守備の号令を発動しながら、全員が逃げるを繰り返して、無事に1ターン目で逃走成功。

後ろが壁だけど、なぜか逃げることができて、そのまま先へ進むことができました。うーん、便利だけど、緊張感には欠けますよね。後ろが壁で逃げられない!が世界樹あるあるの一つだっただけに。

史上最凶の魔獣ふたたび

しかし、ここで世界樹2以来の再会となるのは、デスストーカーさんだけではなかった…。まさか、この後、あの史上最凶の敵と再会することになろうとは、このときまだ知るよしもなかったのだ…。

WVW69jhU8FgDOwy4Ep

少し進んだ場所で見つけた高い壁。何やらガケの上で、金色に光っているものがある、ということで、パーティーの誰かが登ることに。ここはもちろん、リーダーが、と思いきや、なぜか手が滑って、りいなさんを選択してしまう。

WVW69jhU8uYP83FZ0g

ちょちょ、一番向いてない人を選んでしまった! パーティー随一の魔法要員なので、肉体労働には完全に不向き! 手が滑って申し訳ない、ごめんなさい! という感じでしたが…

WVW69jhU9_cUYcF-3l

意外にもガケを登れてしまった(笑) 魔力で肉体強化でもしているんだろうか。これがゆうきさんなら、ガケから落ちそうになって引き返してくるところだわ。

しかしそのとき…

WVW69jhU_FAVfNLDNc

?????

!!!??!?!?!?

そ…その姿は…

忘れもしない…世界樹史上、最悪最凶の難敵、世界樹プレイヤーなら、決して忘れることができない、因縁の相手、つぶらな瞳で惑わし、冒険者にとって最も大切なものを奪い去っていく、最後の魔獣…!

リス!!!!!!!

WVW69jhU_jwOml6n53

「ぼくと契約して樹海の肥やしになってよ」と言わんばかりのその視線。

そのつぶらな瞳にどれほどの冒険者が惑わされ、無念のうちに樹海に散っていったことか…。墓標のように残された地図には、「リスーーーーー!!!!!!!!」と断末魔の悲鳴が書き殴られていたとか。

WVW69jhVAXMCMjTjCw

たいていの熟練冒険者であれば、もはやこの小さな悪魔を目の前にして平静を保てない。そして小動物に挑みかかり、その魔の手にかかって、冒険者としての資格をまんまと奪われてしまう。

だけど、今回、なぜか手が滑って、ガケを登ることになったのは、パーティーの頭脳かつ良心、いつも冷静で理性的なりいなさんだった。それは決して手が滑ったわけでも、偶然そうなったわけでもなかった。そのときさとった。

これは運命だったのだ、と。

WVW69jhVBasggoFrvO

りいなさんはマジックシールドによって精神攻撃から思考を守ることができるので、いかにリスが残酷で凶悪で慈悲なきマインドコントロールを仕掛けてこようと、魔獣の術中にはまることはありません。

逃げることも、挑みかかることもなく、ただ冷静にコムギを差し出す。

リスにとってこれほど予期せぬ行動はなかったに違いない。リスは冒険者が我を忘れてパニックになったそのとき、アリアドネの糸を盗んでやろう、ということだけを考えている悪魔なのだから。

WVW69jhVCjsnARp9ej

リスはあまりに意外な行動をとってきたりいなさんに、自分のマインドコントロールが通用しないことを悟って、敗北を認めて立ち去っていきました。数々の冒険者を屠ってきた魔獣を退けることに成功したのだ!

WVW69jhVEE0SghWnhX

晴れがましい気持ちに満たされた一行。いかに強力な難敵であろうと、それを退けて危機を乗り越えてこそ、真の冒険者といえるのだ!

…まあ実は、こんなこともあろうかと、アリアドネの糸は常に2つ持ち歩いているので、たとえ1つ取られても大丈夫だったんですけどね!

手持ちの糸をすべて奪っていくような、さらに進化したリスが現れたら知らないけど。

難敵を退けたその先は、またデスストーカーさん地帯。

WVW69jhVFqgYFxY28z

しかし今回は失敗せず、しっかり視界をかいくぐって突破に成功。同じ過ちは繰り返さないのが真の冒険者ですよ。

そして…

WVW69jhVJ3wRxv43NC

意外にも、そのまま7Fへの階段までたどり着いてしまいました。

あれれ?まだミッション報告してないのにどこまで行けるのやら(笑) もしかして次のミッション発令まで行けてしまうのだろうか。とりあえず、通せんぼされるまではミッション報告せずに進みますよ。

こうして、第二階層最初の6Fは、恐怖の敵との再会がありつつも、無事に生き延びて踏破することができました。次回は7Fを攻略してきます。

世界樹の迷宮5プレイ日記7F リンゴ収集狂と宝の地図の謎を追え!
世界樹の迷宮5プレイ日記7F。イベント多めの探索編。
スポンサーリンク


カスタムカテゴリー: 世界樹・ナナドラ