1/13のSwitchプレゼンテーション見てソフトやミーバースの今後について予想したこと


1/13のニンテンドースイッチのプレゼンテーションを見ながら、感じたことや考察したことについてのメモです。

タッチペンやカメラがついてないなどの仕様から、絵心教室などのソフトを出すつもりがないのでは?ということ、またSNSまわりの仕様から、ミーバースは廃止か別サービスへ移行するつもりなのでは?ということ、そしてそれらから見える、ニンテンドーSwitchというゲーム機の特徴と、ニンテンドーが今後やろうとしていることについての予想などを考えました。

スポンサーリンク

プレゼンテーションで気になった情報

まずプレゼンテーションを見て、一番わくわくしたのは新しいマリオ。ゼノブレイドという人もいそうですが、わたしとしては、ギャラクシーみたいなBGM、レゴシティアンダーカバーみたいな箱庭マップを冒険できるマリオ オデッセイが一番おもしろそうでした。

最後のゼルダのBGMもすばらしくて、あれをぜひオーケストラのコンサート会場で聞きたいなと。

あとマリカ8デラックス、アイテムに羽とテレサ追加されてるのが、初代やってた身として嬉しい。懐かしい。初代はバトルのときに羽でブロック飛び越えて逃げたりしたんですよね。

でも、最後まで見て、ふと我に返って気づく。あれっ? 宮本さんが知られたくないから発売直前まで明かさないって言ってた機能って結局なんだったんだろう…。ジョイコンのモーションIRカメラとHD振動機能なんでしょうか? プレイしてみないことにはよくわからない…。さすがにまだ明かされていないというわけではないと思うんですが。

とりあえず個人的に重要だった情報は…

■タッチパネルは静電容量式
■テレビとの二画面は廃止(スプラトゥーンのプレイスタイルの中になかった)
■リモヌンは復活
■ネット対戦は有料
■キャプチャボタン追加
■「みまもりSwitch」のクッパの持ってるスマホちっちゃすぎ!

あたりでしょうか。これらと、プレゼンテーション後に更新された公式サイトの説明を見ながら、Nintendo Switchで出るソフトや、方針などを予想してみました。

どんなソフトが出るか

◯二画面を活かしたWiiUソフトの移植は無理そう
スプラトゥーン2の説明から、パッドとテレビのWiiU的な二画面プレイは多分無理なのだろうとわかりました。すると、WiiUで二画面を積極的に使ってたソフト、たとえば101やスタフォゼロ、じっくり絵心、零、Wii Fit Uなどは移植できないはず。

101やスタフォゼロやWii Fit Uは、二画面を使ってるというより、タブコンのタッチパネルとジャイロ使ってただけだから、スプラみたいに修正すれば移植はできるかもしれませんが、簡単ではなさそう。

◯DSのバーチャルコンソールは出しにくそう 
WiiUの末期にDSのバーチャルコンソールが少しだけ出ていたので、Switchでも出す予定なのをテストしてるのかなーと思ってたんですが、どうもDSのバーチャルコンソールはSwitchでは出しにくいのでは?という気が。

というのも、DSと違って、何よりタッチペンがない! 本体に内蔵タッチペンがないし、別売り機器を見てもやっぱりないので、タッチペンを使うゲームは予定してないように思います。タッチパネルも感圧式から静電容量式に変わったので、細かいペン入力は向いてないですし。あとDS系列にあるカメラやマイク機能もない。

一応、モーションIRカメラがあるから、一部のカメラ使う系は対応できないこともない…のかな?

WiiUで出たDSバーチャルコンソールのように、パッド画面を縦持ちして疑似二画面にすることはできるかもしれませんが、パッドとテレビの二画面は無理なので、やっぱりやりにくそう。

DS系と似てるところがあったWiiUと比べて、Switchはまったく別物だと思ったほうがよさそうです。

◯絵心教室はSwitchでは出ないと予想
絵心教室シリーズは、WiiUでは据え置きで出たので、似たコンセプトでタッチパネルがあるSwitchでも続編が出るかなーと思っていたのですが、出なさそうです。理由はこれまで書いたとおり、タッチパネルを使うゲームが想定されていないこと。

静電容量式なので、市販のスマホタッチペンで操作できるはずですが、たとえそうできても、二画面プレイはできない。二画面ができないと、ビンス先生のお手本見ながら描くのが無理なので、絵心教室ではなくなってしまう。

いずれもし、Switchが人気になってきたら、他社ソフトの中から、各自タッチペン買ってもらうこと前提としてiPadのアプリみたいなお絵かきソフトや、Coloursとかは出る可能性もありますが、少なくともニンテンドーはやる気がなさそうだし、絵心教室はシステム上無理だと思います。

まあ正直言って、テレビの前に座って描くじっくり絵心はしんどかったから、もし絵心教室が存続するのなら、3DS新絵心みたいな携帯機で続編出してくれたほうがいいかとは思います。じっくり絵心、ぜんぜん売れなかったはずだし。

◯リモヌン操作のWiiゲームは復活?
WiiU時代のゲームが移植しにくいのに対して、リモヌンやポインタ操作に特化していたWii時代のゲームは復活するかも。

ジョイコン2つ持ちがそのままリモヌンですし、スプラのマニューバ操作などもそれっぽい。特に、スカウォみたいなポインタ操作を使わず、ジャイロだけで楽しむリモヌンのゲームは、そっくりそのまま楽しめそうです。むしろ、両手にジャイロが入るぶん、Wiiのリモヌンよりさらに進化したプレイが楽しめそう。

Wii Sports系はなんだかんだ言って無限パンチボクシングや、途中ちょっとだけ出てきた卓球があったから続投してそうです。もちろん名前は変わるでしょうが。あのジョイコンで卓球とかテニスをすごくやりたい。

個人的な意見ですが、Wiiのリモヌンゲーム作ってた時の宮本さんは生き生きしてたけど、WiiUになってからはさっぱりで、なんか無理して二画面楽しいとか言ってたように見えるんですよね。またマリギャラみたいなリモヌンゲームをどんどん作ってほしい。たぶん、体を動かす系ゲームを作るのが得意な方なので。

◯ポインタ操作のゲームも復活?
マリオギャラクシーみたいなポインタ操作は、センサーバーがないので、どうなるのかよくわからないですが、一応右のジョイコンにモーションIRカメラがついていて、このIRってのは赤外線のことなので、これを利用すれば、ポインタ操作はできるのかも? 

なぜかIRカメラは右ジョイコンの底面についてて、上ではないので、もしポインタを使うなら上下逆さまにする必要がありますが。でもリモヌン持ちするときはスティックをメインに使うために右ジョイコンを上下逆に持つのが普通なのかもしれない。まあストラップつけたら上下逆でも問題ないはず。

◯スマホアプリはできなさそう
Switchの通信はWiFiとBluetoothのみ。カメラもついてないことからすると、SwitchでポケモンGOはできない気がします。マリオランも今のところオンラインでし遊べない仕様なので、WiFiで持ち歩けるSwitchでプレイするには向いてないような。 

ミーバースは廃止or別サービスに統合?

続いて、ミーバースについて。

公式サイトのSwitchの機能・仕様のページを見ると、まずホーム画面にミーバースない。明らかに「アルバム」機能がミーバースの代わりになってます。

「アルバム」は、キャプチャボタンで撮ったスクショをSNSに上げる機能だそうで、おそらくTwitterやFacebookなどが使えるんだと思います。その投稿先のSNSの中にミーバースも含まれている可能性はありますがわからない。

Switchのアルバム機能は、今のミーバースに実装されているアルバム機能とは別物になるのか、共有できる仕様になるのか、という疑問も。

また、手書きタッチペンがないことからして、ミーバースの白黒のイラスト投稿は、Switchではできない気がします。というか、感圧式じゃなくて静電容量式なので緻密なドット絵は描けないはず。ミーバース自体、初期のころより、イラスト投稿機能を制限してきているので、いずれなくなるんじゃないかなーとは思っていました。

そして、何より、オンラインサービスのほとんどが有料化されるとのこと。公式サイトを見ると、フレンド登録、管理は有料ではないものの、オンラインプレイは秋から有料化。

今までみたいに、とりあえずニンテンドーのゲーム持ってるライトユーザーを誘って、気軽にオンライン対戦するのも難しくなるはずです。身の回りでもゲーム機は買ってもわざわざ有料サービスに入りそうにないフレンドが何人か思い当たる…。

たとえミーバースを無料で使えるとしても、知り合った人と気軽にオンライン対戦することはできない、ということにもなります。

だいたいオンラインサービス一覧表に、「撮影したゲーム画面のSNSでのシェア」があっても「ミーバースの利用」がない時点で、Switchはミーバースに対応していないような気がします。ミーバースは本来画像をシェアするだけのものじゃないはずなので。この中に含まれているとは考えにくい。一覧にない以上、有料化されて残るとも考えにくい。

3DSやWiiUのネットサービスは引き続き利用できるということだったので、もしかすると、3DSとWiiUが稼働しているうちはミーバースが使えて、Switchからも画像の投稿ができるのかもしれませんが、秋のネットサービス有料化か、あるいはその先のいつか3DSとWiiUのネットサービスサポートが終了するあたりで、ミーバースも一緒になくなりそうな気がします。

フレンド対戦は有料化されるし、ボイスチャットアプリはスマホだし、ミーバースの役割を外部SNSに委ねてしまう、というつもりなんじゃないでしょうか。今となっては、ミーバースの代わりにTwitterなどで連絡をとることは普通だし、わざわざ任天堂が自社SNSを持っている意味が薄いように思います。

もともとミーバースはSNSができない子どもを対象とした安全なSNSの予定だったのかもしれませんが、管理が行き詰まってそうですし、子どももLINEなどを普通にやる時代になったので、わざわざミーバースがある意味がない。

それに、ミーバースの後継サービスは、前に書いたようにミートモじゃないかと思ってて、ミートモにはすでにフレンドリストがありますし、メッセージ機能もついてますから、あとは掲示板機能でもつけば、フレンドたちとオンラインプレイを誘い合ったりすることは十分可能になるはずです。UIも、Miiがリアクションしてくれたり、着せ替えられたりして、ミーバースの発展系という気がしますし。

任天堂は、今まで、クラニン、Wiiの間、ニンテンドービデオ、その他もろもろ、さまざまなサービスを立ち上げては終了させるを繰り返してきた会社なので、ミーバースも終了に踏み切る可能性は十分あります。

しかし問題は、ミーバースはこれまでのサービスとは違って、個人のログが入っているということ。もしミーバースがサービス終了するなら、ミートモなどの新サービスに統合するか、外部にデータをエクスポートできるツールを提供しないと、ずっとミーバースで投稿やコメントのやりとりしてきた人たちにとっては大変なことになる気がします。

SNSに触ったことがなくて、敷居の低いミーバースに最初に触れた人たちの中には、もう何年もミーバースで投稿を積み重ねてきている人もいるので、廃止になったらそれまでの記録はどうなるのかと。これは他のブログやSNSなどのサービスが終了するときにも言えることですけどね。

▼追記
この後Twitter見たら、ミーバースなくなると思ってる人がわたし以外にもいるみたいなので一応書いときます。 わたしがミバの全ログ保存するのに使ったのは、Chromeの拡張機能の「Full page Screen Capture」。超縦長のスクショ撮ってくれるやつで、コメントも全部画像で保存しました。今はミーバースのアカウントは跡地状態です。

もちろん、いつかなくなるにしても公式でエクスポートツール配布したり、新サービスに継続されたりするかもしれないので、そんな手間かけなくていい気もしますが。単にわたしは早いうちに避難しときたかったもので。

少なくとも、いつの間に交換日記のサービスなど、終了したのにエクスポート手段がなくそのまま、という例はすでにあるので気になります。だいたい、しっかりしたSNSなら、終了するかしないかにかかわらず、Twitterみたいないつでも全履歴をエクスポートできる機能や、Tumblrみたいな他サービスへの移行手段があってしかるべきかと思うので、それが存在しなしミーバースを使い続けるのは激しく不安てした。

▼追記2
次の日のニュースによると、ミーバースとすれちがい通信はSwitchに実装されていないことが確定しました。

任天堂、Switchのボイスチャットやオンラインへのアプローチを語る – Nintendo Switch

3DSは別路線で続投?

ここまで考えてきて、気になるのは、3DSは3DSで、別路線のまま続投して、別の後継機が出たりもするのかなーということ。

これまでは、Switchが、携帯機と据え置き機を一本化するゲーム機だと思ってたんですが、蓋を開けてみると、あまりにDSや3DSなどの携帯機とは違うんですよね。Switchには、これまでのニンテンドーのDNAがすべて入ってるとは言ってたものの、WIiとWiiUのいいとこ取りして、あとはまわりの環境に合わせてきた感じ。

WiiとWiiUのいいとこ取りをした据え置き機、ではあるんですが、DSや3DSの要素はほとんど受け継いでいない。具体的には、二画面、感圧式タッチパネル、タッチペン、カメラ、マイク、立体視…などなど。たぶんすれちがい通信とかもなさそう。

そうすると、もしSwitchに一本化してしまったら、これらの機能をフル活用していたゲームのIPは行き場所がなくなっちゃうんですよね。途中で触れた絵心教室とか、二画面感圧式タッチパネルをフル活用した世界樹の迷宮とか、うごメモとか、イラスト交換日記、ミーバースの手書き投稿なども。ほかにも多分いろいろあると思います。

ここまで路線が違うとなると、これは携帯機と据え置き機一本化ではなくて、まだ携帯機は3DSのままで、据え置き機はSwitchで行くのでは?というように思えてしまいます。もしかしたらいつかは統一するつもりなのかもしれませんが、今世代じゃなくて、Switchの次のゲーム機、または3DSの次の次のゲーム機での話なのかも。

これだけ別路線だと、3DSとSwitchとスマホで別のゲーム作っていく体力が任天堂にあるのかどうかはわかりませんが、もし3DSが別路線で続いていくのなら、ミーバースも何らかの形で続いていくのかも? しれない。

Switchが成功したらその路線に一本化して、逆にSwitchがWiiUの二の舞いになったら据え置き機から半ば撤退して3DS路線を継続するつもりなのかも。もし3DS路線を別の柱として残して後継機を作るつもりなら、もうすでに計画的に動いているとは思うんですけどね。このあたりは、先が読めません。

▼追記
その後のニュースによると、レジー社長が3DSは存続することを明言したらしい。低年齢層向けと住み分けするみたいです。

「Nintendo Switchが登場しても3DSは退場せず」米国任天堂フィサメィ社長インタビュー – (page 2) – CNET Japan

Switchから見えるニンテンドーの今後

最後に、Switchというゲーム機を見てみて、ひしひしと感じるのは、独自路線をやめて歩み寄りをしようとしているということ。

これまでユニークさを重視して、二画面とかやってきましたが、Switchでは、他社が開発orマルチしやすいように、規格を合わせてきてると思います。

二画面、感圧パネル、立体視、(そして多分自社SNSも)などを全部捨てて、歩み寄ったのがSwitch。

その上で、リモヌン操作、モーションIRカメラ、HD振動など、他社がゲーム制作するときに無視しても問題ない部分にだけ、独自要素を入れています。独自路線にむりやり合わせるよう求めるのをやめて、オプション的にだけ残した感じ。最悪、独自要素は、自社でだけ活用すればいいと思ってるのかもしれません。

そうやって見てみると、奇をてらってないぶん、他社はゲーム作りやすいし、任天堂もWii時代のリモヌンのゲームが作れるしで、かなり成功しそうなゲーム機な気はします。

最近の任天堂は、スマホ参入、テーマパーク構想、IP活用など、まわりに積極的に協調してきてる印象でしたが、Switchもまさにそんなコンセプト。

だとすると、独自路線をやってたころの産物は徐々に手放していくのかもしれません。独自路線の最たるものである3DSやミーバースが別の柱として続いていくのか、それとも手放してSwitchに一本化するのかは、もう少し見てみないとわからないです。それに任天堂のことだから、バーチャルボーイの3Dみたいに、たとえいったん手放しても、いつかまた再チャレンジする可能性もあるでしょうし。

わたしとしては、Wii Uのソフト発表プレゼンのときは、これからほかにもあんなソフトやこんなソフトが!って期待したのに対して、今回は、Switch買ってオデッセイとBotWとドラクエ11だけ遊べたら、それで終わりでもいいや、って割り切ってる感じですね(^_^;)。 その3つで元取れる。

確かに他社ソフトが開発しやすいゲーム機なのはわかるし、マルチや移植もたくさんやってもらえそうだけど、WiiUでの自社ソフトの開発遅延を解消できる要素があるようには思えず。

Wii・DS時代みたいな多様で面白いソフトたくさんっていう未来は期待できないと思います…。定番タイトルの続編と、いくつかの新規IPは出るだろうけど、任天堂のソフト開発はWiiUのときと同じペースなはず。

でもそれでいいと割り切って買うつもりですし、Wii時代のリモヌン操作のゲームが好きなわたしは、今回のSwitchプレゼンテーションでものすごく楽しみになりました。

せっかくリモヌン復活なんだから、キャプチャや動画配信に対応させたWii時代の名作VCをどんどん配信してくれたら最高なんだけど(笑) わたしが大好きなフォーエバーブルーも、新作でなくていいから、Switchのキャプチャにだけ対応した移植版出てくれたらそれで十分なので。

補足:その後の情報集めいろいろ

この記事書いた後で見つけたいろんな情報のメモ

◯Switchの有料オンラインサービスでマルチプレイVC

ニンテンドースイッチのオンラインサービスをご紹介…今秋まで無料で体験、ファミコンやSFCのソフトをプレイ可能 | インサイド

ファミコンやスーパーファミコンのソフトが、発売当時にはなかったオンラインプレイにも対応して、月替わりで1ヵ月制限なく遊べるらしい。ちょっと気になりました。

だけどまあ、有料オンラインは、対戦型じゃなくて、トラ3みたいな協力型オンラインマルチが出たらやろうかな。 マリカもスプラもアームズも面白そうではあるけど、対戦型オンラインは過去にやりすぎて飽きたので。Wii Sports Clubのテニスもオンラインよりオフラインのほうが面白かったし。

◯コントローラーの操作性

「Splatoon2」少し遊びにくい? 「Nintendo Switch」を先行プレイしてきた | ORICON NEWS

「スプラトゥーン2」操作方法変わったけど実際どう? さっそくプレイしてきた – Ameba News [アメーバニュース]

スプラ2は、携帯モードは今ひとつみたい。画面持ちながらより、画面置いてジョイコン分離させて遊ぶほうがいいのかもしれません。マップは別画面じゃなくても慣れちゃうものなんてせすね…。WiiUの二画面にメリットってやっぱりなかったのか…(^_^;)

「Splatoon2」プレイレポート。Nintendo Switchでのプレイフィールと,新たなブキ「スプラマニューバー」やスペシャルウェポンをチェックしてきた – 4Gamer.net

大きく変わって感じられるのはマップ表示のみだけど、チャージャーとか各ブキの使い方もちょっとずつ変わってるみたい。

「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」をSwitchで実際にプレイ

携帯、据置、自由自在!スイッチして楽しむ「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」 – GAME Watch

ジョイコンのボタンが微妙と言われているのが気になります。確かに見ためからして使いにくそうな気はしてましたけど。

〇Switchのコンセプト

ニンテンドースイッチ、娯楽の原点に立ち返る

Switchのコンセプトは、他社ゲーム機が高性能ハイエンドへ傾く中、「任天堂は娯楽屋だと再認識」して、どこでも携帯して二人で遊べるよう、コントローラーを2つつけることから始まったとのこと。 「2人で遊んでね、と言いながらもう1個コントローラーを買ってね、とはいいづらかった」と。

スポンサーリンク


カスタムカテゴリー: 雑記・旅行記など