ニンテンドーラボVRキット買ったので感想メモ

ニンテンドーラボVRキット買った!

まずVRキットのゴーグル組み立てたけど!すごいけど!でも! 人が遊んでる間なんもわからんくてつまらんすぎる!

作るとこまでは家族でわいわいできるが、完成してしまうと一人用になってしまうのがニンテンドーラボと相性悪くないかなぁ。VRと立体視はすっごくよくできてるけども。

とりあえず、VRゴーグルだけ作った段階で、ミニゲームいろいろ解放されるけど、ゴーグル単独でやるゲームは微妙かなぁ・・・。 3DSの立体視はそんなことなかったけど、これは妙に目が疲れるな。

初期のVRゲームはたくさん出るわりに楽しめるのが少ない。あくまでお試し版な感じ。UFOキャッチャーとかブーメランあたりの挙動が楽しいかな。

しかし映像粗いから、ゼルダとかオデッセイ言うほどきれいじゃないかもな。やっぱ立体視と360度パノラマがメインか。 家の回転椅子がかつてないほど役立っている。

ゴーグルを手で持つタイプでヘッドセットじゃない仕様なのは、使ってみると、これでいいような気がする。解像度が荒くて疲れるので、簡単に頭から取り外しできるほうが楽。疲れたから他の人と交代、ってのも分離型だからこそやりやすい。わざわざバンドつけ外ししたりするより、手で構えるほうがいい。

重い気もするけど、目の負担からも、そんな長時間遊べるものじゃないから、ちょっと遊んではだれかと交代しつつ楽しむスタイルでいいんじゃないかな。

ゼルダVRが一人称視点じゃないことががっかりされてたけど、これぜったい三人称視点で正解だと思う。三人称のUFOやラジコンカーを操作するゲームは最初は違和感があるけど、操作に慣れてくると意外と熱中してしまう。 逆に、一人称視点は、(あとで出てくるが)没入感はあるけど非常に酔いやすい。

トリToy-Conでけた。羽わしゃわしゃ楽しい

最初に作ったのは、発売前から評価高かったトリtoycon。

複雑だけど作ってておもろい。組み立てるときのデジタル説明書が、以前やったラボvol1のころよりもさらにはっちゃけてて笑えるから、組み立てにストレスを感じない。複数人で組み立てるとちょっとイライラするけど、一人で組み立てるとびっくりするほどスムーズで無心になれるね。

VRゴーグル単体だとそんなことはなかったが、トリToy-Conは、人が遊んでるの見ると笑える。

さっそくプレイしてみると、羽をバサバサする動作と、ゲーム内の連動感がめっちゃ自然で、没入感がすばらしい。

だけど、今までゲームで酔ったことなんてないのに、これはめっちゃ酔う。 ほぼ一人称視点に近いゲームで空を飛ぶんだけど、頭を左右に傾けて旋回したりすると気分悪くなる。

   VR映像で空飛べるのはかなりすごいし感動するけど、酔うのと解像度粗すぎなのとでちょっとプレイしたら休む感じ。改めて、ヘッドセットにせず手持ちになってるのは正しい判断だと思う。

これVRゴーグル単体のミニゲームだと全然楽しくないから、ラボの一貫として出したのは正解だと思う。ただのVR映像だと面白みもないものが、トイコン連動してわしゃわしゃ動かせるようになった途端に楽しくなってくる。

VRゴーグル単体で遊べるゲーム→しょぼい
VRゴーグルにToy-Con装着して遊ぶゲーム→すごい

そういう意味では、わざわざVRゴーグル造らせる手間とかいらんかったんじゃないかなぁ・・・。VRゴーグルは最初から完成して、Toy-Conだけを作るキットのほうがよかったかも。

最初にトリToy-Con作っちゃったけど、やっぱ最初は、安いバージョンのほうにも入ってるバズーカとかの定番作るほうがよかったみたいかな。

それにしても、知り合いに買ってる人がだれもおらんくて寂しい。みんな家が狭くて置く場所がないとか言うんだろうけど、それがしだったらワンルーム住んでたころでもこれ買ったけどなぁ。新しいものやらない人は、何かと言い訳つけて結局やらんよね、もったいない。

とか言ってたら、買ってるフレンドさんいた(笑)

カメラToy-Conやばい。ダイビング最高

次に造ってみたのは、カメラToy-Conだったんだが・・・

作るのは簡単。一番必要時間少ないから、1時間もかからずできる。

そしてゲームやってみると、超すごいんだけど!!

うわー!!

これこそ、WiiUのころ求めていた、カメラ持ってダイビングできるFOREVER BLUEやん! (※FOREVER BLUEとは任天堂のスキューバダイビングゲー。Wiiで二作でた)

ゲームパッドをカメラに見立てた零と、FOREVER BLUEのコラボを待ち望んでいたが、今それが実現するとは!

釣りトイコンとかでもあった、カリカリカリカリってダンボールの音が鳴るだけの仕組みも、カメラズームするときの雰囲気をめちゃ出してくれてるのもいい。

さすがに、キット付属のダイビングゲーだとボリューム少なくてちょっと残念な感じがあるんだけど、もしこれが本家FOREVER BLUEに対応したら、大変なことになる。

FOREVER BLUEがSwitchにHD移植されて、トイコンVRカメラに対応したら、二度と現実に戻ってこれなくなるくらいやばい。絶対プレイしてみたいんだけど!

ちなみに、ほかのモードのVRだと、画面についたホコリが邪魔で汚い(ふいても全部取れない)んだけど、ダイビングモードだと、ゴミがついてるのがそれっぽくてリアルになっちゃうのが笑える。ダイビングするとメガネにいろいろ水中のチリがつくんだよ。

あと、おまけでついて来るシュノーケリングメガネが一発ネタ的におもろいね。メガネかけてる人がカメラの前にいると魚が反応する。VRが一人プレイ用なのをちょびっとカバーしてくれてる感じ。

ぞうトイコンはちょっと微妙だった・・・

3Dお絵かきとかパズルができるというぞうトイコンはちょっと楽しみにしてたんだが、期待に合わなかった感じ。

3Dお絵かきツールはめっちゃ充実しまくってるから、おもしろげではあるんだけど、複雑すぎるというか・・・VR版絵心教室かこれ? 新しい色を作るのにインクの混色からしなけりゃならんってさすがにめんどすぎない?

それにVRお絵かき全般に言えることだけども、せっかく作っても、VRゴーグルつけてる人しか鑑賞できないってのが究極の自己満足すぎて辛い。VRでクリエイトした世界を、普通にゲームで探索できるとかそういうのだったらよかったのにな。

パズルのほうは操作が地味というか細かすぎて難しい。イライラする。ビジュアルの地味さも手伝って、かなり微妙な印象。

それにしてもこのネタ・・・なんだっけかな・・・古そうな(知らないふり)

風トイコンは気持ちいい人力扇風機

風トイコンは作る過程がかなりおもろかった。なんかワッフルみたいな形のばっか作らされると思ったら、踏んだときに壊れないようにする骨組みだったのね。

完成して使ってみたら、足で踏んだら顔にめっちゃ風がくるから、ゲームの爽快感あって、かなり気持ちいい。カメラトイコンも気に入ったが、風トイコンもなかなかやろこれ。

暑い夏には、足踏み扇風機としても使えるし! いや使えないかな。

風トイコンとトリトイコンを組み合わせて遊べるんだけど、あんなに酔いやすかったトリトイコンが、不思議とかなりましになってた。なんでだろう。トリトイコン単独だとつまらなく感じたけど、両方併用するとけっこうおもしろかったよ。本音言えば、もっとリアルな風景の中飛べたら最高なのだが。

ゼルダの伝説BotWのVR感想

解像度も立体感も3DSっぽい感じ。プレイできなくもないが物足りなさ強い。

立体感もそこそこあって、今まであんまり意識しなかったハイラルの鳥とか花とかに目が行く ・・・なんだけどディスプレイのドットが見えるほど解像度が粗いのがダメすぎて残念。

副次的効果というか、Switchに頭近づけてプレイするせいで、効果音の臨場感がすごい。リンクの足音がめっちゃリアル。

最初ただ歩いたり走ったりしてるときは「あれ、全然酔わないやん」って思ってたけど、壁のぼりしたりするとカメラが高速で移動するせいで目がおかしくなりかけた。でも、慣れてきたら、わりと普通にゲームできる感じになってきたや。

だけどたぶん、これは、それがしが3D酔いしたことない人だからだろうなぁ・・・。みんなに当てはまるわけじゃないけど、意外と遊べて楽しいなって思える。 大多数がまともに遊べないと感じるものをリリースしたのは失敗だろうけど。

だれかの感想で、このVRでバトルとか絶対できないとか書いてあったけど、それがしは敵陣飛び込んでバトルしても全然酔わないし、臨場感めっちゃすごいよ。これは楽しい。

モリブリンとかデカイ敵とバトルしてるときの迫力がものすごい。矢とかちゃんと立体視で奥から飛んでくるし。

一回VRでハイラル城突入とかしてみたいけど、ただでさえ操作しにくい上にめっちゃシステム忘れてて、精密なアクションできない・・・パラセールの開き方さえ忘れてた。

酔いやすい人が何割くらいおるんか知らんけど。酔わない人は画質のあらさ以外はわりと楽しい。

やっぱそれがしは、ジャイロオンでも、右スティック操作しても、バトルしても全然酔わんけどなぁ・・・ ニンテンドーはまず酔いやすい人の原因をつきとめて、3D酔いやVR酔いがなくなるQOL事業に取り組んだほうがよかったんじゃないの?(笑)

こういう中途半端なアップデートで批判を招くより、本格的な3DやVRに対応したゼルダ新作出したほうが任天堂らしくてよかっただろうなーって思うけど・・・。

ゴーグルのみでブレスオブザワイルド全体に対応させるんじゃなくて、リンクのボウガントレーニングみたいなのをバズーカーキット込みで楽しめるようにしたほうがよかったんじゃないかなぁ。やっぱトイコンあってこそのニンテンドーラボの良さだから。

SwitchのVRはトイコンありきの出来だと思うので、トイコンなしでゴーグルだけでやるゼルダVRの悪評のせいで、VRキット全体が否定されると悲しい。

個人的には、没入感はいいんだけど、「あのめっちゃきれいだったハイラルの世界が、解像度のせいで粗すぎてきれいに思えない」というのが致命的かなぁ。 VRで細部まで観察できる=ドット単位で粗が見えるってことか。

画質が3DSにそっくりだから、もういっそゼノブレイドみたくNew3DS対応版として出したほうがよかったのでは?って思っちゃう。 というか全編立体視対応とかやっちゃったのはそういう計画でもあったんだろうか。でも今さら3DS売っても仕方ないしっていう

3DSのときも思ったけど目の機能の個人差って強すぎるから、やっぱり視覚以外にも訴えるトイコンなしで、3D立体視やVRゴーグルのみで万人に訴えるのは無理があると思う。 トイコンVRキットはすごくよくできてるだけに、無理にゴーグルのみゼルダ対応させて宣伝したことが裏目に出ちゃったかもね。

またほかのも作ったら続き書こ。

「わかる」を読むのは楽しいけどボリューム多し

毎回のニンテンドーラボに収録されてる、「わかる」を読むと、仕組みをいろいろ教えてもらって楽しい。

けど、基本的に、ジャイロとか赤外線センサーの話ばっかになるから、全部のトイコンで読んでると飽きてくるかなぁ。

でも、ちゃんと「わかる」を読まないと、教えてくれない操作機能とかが多いから、読まなきゃならんのだけどね。

一番おもろいのは、時々語られるツクルト室長の超深い過去話だったりする。

これなんのゲームだっけ?

でもゲームは現実に近づけば面白くなるわけじゃない

最後に、なんかめっちゃ根本的なこと言ってあれなんやけど・・・ VRやればやるほど思うのは、「これ現実でいいんとちゃう?」って感じが強い。

リアルな感覚ですごいけど、現実で山登りしたりするほうが楽しいしもっとリアルやん。身も蓋もないけど。

これはゲームを否定してるんじゃなくて、「ゲームは現実に近づけば面白いわけじゃない」ってことだと思う。

昨今のリアルなゲームより、SFC時代のゲームのほうが面白かったりするのは絶対そこだと思うんだけどな。

たとえばロマサガ2とかドラクエ5とか今だにめっちゃ好きだけど、あれはバーチャルなリアリティがあるから面白いんじゃなくて、現実とは全然違うけど、ゲームならではの深みがあるから面白いんだと思う。

めっちゃリアルに3Dモデリングされたキャラより、ドット絵のキャラのゲームのほうが遊んでて楽しいのもそうだけど、ゲームは現実を越えようという勝ち目のない戦をするより、現実とは別ベクトルの魅力を突き詰めていったほうがいいんじゃないかなぁ。ARとかインディーゲームみたいにね。

やっぱVRは医療とか一部の超日常を体験する意味がある分野でしか、あんまり需要がないんじゃないかなぁ。 もっと性能の高いVRだと違うとも言われるけど、そういうのだって売れてないのは事実だし。

仮想現実なんて現実には絶対勝てないんだから、ポケGOみたいに拡張現実のほうが良い気がしてきた。

投稿日2019.04.16
かてごりー: 体感型ゲーム