【ゼルダ三銃士】フレンドと挑んだ天空エリア、ラスボス戦、そしてエンディングの感想!!(ネタバレ注意)


レンドさんたちとのオンラインマルチプレイで進めていたゼルダの伝説 トライフォース三銃士。ついにエンディングを迎えました!!

WVW69ijiCt8ocMLQwd

早々とクリアしようと思えばマネビトでもできましたが、やっぱりフレンドさんたちとの初見プレイをやってこそ価値があると思ったので、毎日1時間ずつくらい、じっくり進めてきたこの一ヶ月。ついに、この日を迎えるときがやってきたのですね。

この記事では、天空エリアに全員初見で挑んだときのリアルタイムの思い出と感想を、わたし視点で、ラスボス戦、エンディングまで書き残したいと思います。当然ネタバレ満載になるので、未プレイの人はクリア後に閲覧されるようお勧めします。

2015-11-15 12.00.441

スポンサーリンク

天空エリア攻略の思い出

とてもうれしく、そしてとてもありがたいことに、トライフォース3銃士を発売日に初めて一緒にプレイしたフレンドさんたちが、天空エリアの初見攻略を一緒にやっていただけることになり、とても光栄に感じました。天空エリアの初見ともなると、非常に大事な思い出の一ページに残るところなので、だれとプレイするか、というのは大切ですが、わたしを選んでくださったこと、すごく嬉しかったです。

8-1 空中庭園

天空エリア、最初のステージは「空中庭園」。始まってすぐに流れ出すBGMが、メインテーマを織り込みつつ躍動的でかっこよく、気持ちが否が応でも盛り上がりました。テンション上がる!!

WVW69ijbuZ0AglzEE_

強風吹き荒れる中、どうやって進めばいいのかをみんなで手探り、試行錯誤して進んでいくのが最高に楽しいです。落ちたりゲームオーバーになったりしながらも、みんな少しずつうまくなって行くんですよね。

わたしのアイテムはアームショット。服は何がいいのかわからなかったので、仲間のサポートにとチアリーダー。

じつはアームショット、かなり大事な役どころでした(笑) 途中、バクダンをアームショットで引き寄せるのがなかなかわからず、しばらく悩みました。でも気づいた時には、めちゃ嬉しかった!! 「アイテム」アイコンと、アームショット飛ばすのとでフレンドさんもすぐに気づいてくれて、その阿吽の呼吸が気持ちよかったです。

なぜか途中の難しいアクションは、かなりの率で成功できました。コッコで小さい足場に飛んで行くのとか、強風の中でアームショットでカギ取るのとかほぼ100%の成功率。意外と瞬間アクション得意なのかも?

でも、ややこしいアクションとなると慌ててしまって自滅するというのは相変わらず。ボスのヒップループ戦では、仮面を引っぺがすという大事な役割をあまりうまく果たせず、あえなく全滅…。

WVW69ijbzzEqrtoyEN

でも、再チャレンジでは、ラッキーパジャマを着ていって、なんとか突破しました。三人の連携があってこそ突破できるボス戦楽しい!!

8-2 カラクリ浮遊城

続いてカラクリ浮遊城。これが難しいのなんのって。

WVW69ijb7uI-CQCUJV

最初のほうから、どうやって進んでいっていいのかわからず、アモスに乗ってる敵は強いし、謎解きも分からず落下しまくりでボロボロ(笑) 今回はわたしは空気ツボだったんですが、これまた重要な役どころ。謎解きとかアクションとか、成否の要を握っていました。プレッシャーすごい(^_^;)

回転床で鉄球兵士らと戦うところは、とりあえず空気ツボで右側の兵士を片付けたんですが、残りは空気ツボ持ちだと手も足もでず。暇してたのでトーテムかなーと思ったんですが、結局フレンドさんたちが自力で片付けたほうが早かったみたいです(笑)。頼もしい方々で何より!

WVW69ijj6YcuwzRWea

何より難しかったのが、後半のバランス床。何度もゲームオーバーになりました。バランス床は、みんなが同時に連携しながら動くことが求められるので苦手です…(>_<) そもそもバランス床をどう進んで行けばいいのか、謎解きに気づくのにも時間がかかってしまいました。バクダンリレーも難しくて、なんとか奇跡のチームワークで突破(笑)

しかし、待ち受けていたボス攻略の糸口がつかめず、逃げ惑うばかり、ひたすら逃げていたところ、これはおかしいぞ…とステージをじっくり観察。扇風機みたいなものの下に隙間が空いてることに気づいてひらめく。

そこで「いいね」アイコン連打したので、フレンドさんたちは、何事かと思ったかもしれませんが、それだけ「これは!!」というヒラメキだっんです(笑) 空気ツボで扇風機起動させて、やっとステージ攻略の意味がわかりました。空気ツボ持ちなのに、全然役割に気づけず、かなり申し訳なかったです(^_^;)

でもまぁ、そんなところもゼルダの謎解きの醍醐味だし、それをわかってくれるフレンドさんたちだったのでよかったです。これがオンラインだったら、指図されたり、ひどい場合は回線切られたりしているかもしれませんが、初見のフレンド同士だからこそ、こうして悩む時間もまた楽しいのですね。

WVW69ijjyKkfDPOa57

結局ボス戦ではあえなく敗退しましたが、次の日に再チャレンジして、なんとか撃破できました。再チャレンジのときの連携がすさまじくよかったです。やっぱり指に経験値たまるゲームだなぁとつくづく思います。

8-3飛竜の砦

残すところあと2ステージ。次は飛竜の砦。わたしはブーメランで行きました。

WVW69ijj8QYgekswIK

なんか謎解きもなく簡単だなぁ…と思っていたんですが、ここはバリバリのアクションステージですね。難しい謎解きところはなく、ひたすら、強風の中でシビアなアクションを成功させていくというステージ。

前の空中庭園もそうでしたが、わたしはなんかこういうタイプのアクションはわりと得意みたいです。そんなわけで、フレンドさんたちが様子見しているところに切り込み隊長を務めて、先に様子を見てくる人柱役を買って出ました(笑) わたしが先に進めば勇者パネルタッチでフレンドさんたちも先の状況がつかめますから。突撃と玉砕は大得意の専売特許ですよ!!

後半、コッコで飛ぶところはこの面唯一?の謎解きがありました。てっきりアクションだと思っていたので、果敢に挑戦したら、ぜんぜん飛距離が足らず、シビアすぎてゲームオーバー。

再チャレンジのときは、じっくり観察してみて、謎解きに気づいたのでフレンドさんたちに「こっち来てー!」と連打して、スイッチ起動! ここのひらめき、すごく気持ちよかったですね。これもやっぱり、フレンドさんたちと全員初見でプレイしているからこそだー!!!

WVW69ijj-XQXxG5Ycb

最後に待ち受ける三体のボスのガーナイル。これが強すぎでした(^_^;) そもそも攻撃が当たらないという…。基本的に、ブーメラン持ちのわたしが、瞬間的にブーメラン当ててマヒさせるのが大事だったみたいで、何度かゲームオーバーになりながら、なんとか成功して倒しました。かなり時間がかかったかと。ブーメランの命中率悪すぎでしたが、温かく見守っていただいて、ついに突破できたときは相当うれしかったです!!

いよいよ、これで残すところあと一つ!!

8-4 天空の神殿

飛竜の砦クリアから一週間ほど空いて、ついに天空の神殿へ!! いよいよこれでラスボス、そしてエンディングなのかーと思うと、わくわくすると同時にちょっと切ない気もしたり。それだけこのトラさん、楽しかったんですよ。それはきっとフレンドさんたちも同じではなかったかと。その最後の最後、クライマックスの冒険をご一緒できること、本当に感謝の気持ちでいっぱいでした。

一時間余裕があったので、これっきりでクリアするつもりで、スマホも傍らに置いて、写真撮る用意もバッチリでした。

とりあえず、服はみんなハートクイーンを選択。終盤は敵が強すぎて、ハートクイーンご用達でしたから、今回もその流れで選びました。

序盤は、アイテムを好きに選択できるという、なかなか悩ましい仕様。わたしはとりあえず迷わず空気ツボマニアとして空気ツボ選びました。

…が、あまり役に立たず(笑) 

どうやら、森林エリアから順番に、殲滅系マップが続くみたいで、序盤は空気ツボがないエリアの敵なので、弓矢とかのほうが効果的みたいでした。あえなく全滅したので、2回目からはウォーターロッドを選択。これがけっこういい感じでした。

後半は、要塞エリアとかの敵も出てくるので、空気ツボにチェンジ。

WVW69ikZA6MBxPtCET

兵士などのやっかいな敵は、空気ツボで奈落にふっ飛ばします。でも風使いの服でないので、命中率もふっ飛ばし力も弱くて、いまいち使いづらい…。火炎鉄球兵士がいるくらやみの部屋は鬼門で、何度も全滅しまくりました…。タフすぎ!!

WVW69ikZDVIOv0viWc

その後、金色の鎧の兵士たちのエリアではそれなりに空気ツボが活躍しましたが、なんとなく使いにくいので、最終的には空気ツボを裏切って、最初から最後までウォーターロッドで通すことにしました。空気ツボごめんね(笑) 

最後に待ち受ける二体のガーナイルも相変わらず強すぎ。空気ツボもロッドもハンマーも効かず、なんとかゴリ押して倒すことに成功し、ついに…ついに…ラスボスのレディのところに到着!!

ラスボス戦1回目

レディの前口上のあと、追っていくと、どこにもいなくて、一瞬焦りました。ウロウロしても、引き返しても何も起こらないので、フレンドさんと「No」と言い合う。もしやバグで進行止まったのでは?と焦りました。

でもフレンドさんがトーテムしてくれて、円の中に入ると、無事ラスボス戦へ。二度目の挑戦でわかったんですが、全員円の中に入ればよかっただけなんですね(笑)

そしてついに始まったラスボス戦。第一形態は、レディのいる高台に仲間を投げ入れて攻撃だったので、わたしがひたすら外からフレンドを投げ込む役をやりました(笑) なんか縁の下の力持ちみたいな役回りで楽しかったです。

第一形態後半の傘を振り回して追ってくるところで大苦戦。デグテールみたいに、いつまでも逃げ回れるわけじゃなくて、レディのスピードがリンクのスピードよりわずかに早く、追いついてくるんですね。逃げているリンク以外の二人が早く攻撃しないといけないけど、普通に追っていたら追いつかないので先回りするなどの連携が必要になってきて難しいです。

なんとか、第二形態にまで持ち込みましたが…もう瀕死(笑) みんなで「Noー!!」と言い合う(笑) でも第二形態、めちゃ感動しました。なんか光る玉が出てきた時点で察しましたとも!! これはあれだ!! 神トラの司祭アグニムと、そして神トラ2の司祭ユガと、(そしてファントムガノンとも) 繰り広げた、ゼルダ伝統のテニスじゃないですかー!!!

めちゃくちゃ嬉しくてテンション上がりました!! 虫取り網がないのが残念なくらい(笑) ああー、このゲームはやっぱり神トラ→神トラ2→トラ3と流れを組む系譜なんだなぁーとしみじみと感じました。

しかも今回は単なる打ち合いではなく、バウンドして弾むときもあって、光弾の影を見て、しっかり位置合わせしないといけないんですね。フレンド待ちの時間にひたすら音のなる玉をリフティングしていたわたしに死角はなかった!!(笑)

さらに伝統の光弾打ち合いを、今回は3人で協力して順番にやるというのも最高に楽しかった!! ゼルダのこの名場面をフレンドと一緒に楽しめるなんて!! このゲームやっててよかったと心底思いました!!(^^)

まぁ…あえなく全滅したんですけどね(笑)

8-4 天空の神殿(リベンジ)

結局、初回は、一時間かけてもクリアできなかったので、次の日に持ち越し。…でも、この次の日に持ち越し、というのが、ゼルダシリーズ伝統の醍醐味だと思ってます。

ゼルダって、(前に社長が訊くか何かで読んだ気がしますが)、謎解きがわからなくて、あきらめて寝たら、夜のうちに解法思いついて、次の日試してみたらクリアできて気持ちいい!! というのが多いとか。確かにわたしのゼルダ過去作のときもそうでした。

この日も、昼間の全滅後は、いろいろミーティング。ガーナイルはトーテム回転斬り投げはどうかとかアームロイドの服はどうかとか言ってたんですが、その斜め上をいくアイデアを、夜になって、ふと思いついてしまったんですよねー(笑)

後半の兵士やガーナイルが強敵だったんですが、そういえば、兵士系の敵の必勝法がありまして。要塞エリア「鉄壁の関門」でわたしがよく使う手なんですが、兵士系の敵って、ダッシュ斬りに弱いんです。あそこはダッシュ斬りしろと言わんばかりの真っ直ぐな道が多いですが、ダッシュで突撃したら槍兵士であろうと剣兵士であろうと、鉄球・盾持ち以外であれば、けっこう楽に戦えるんですよね。

ということは!!

天空の神殿の後半攻略のために、「疾風斬りの黒衣」を着ていって、ひたすら攻撃力3倍のダッシュ斬りで攻撃したらいいんじゃ…? しかも、わたしの使うアイテムはウォーターロッド。ウォーターロッドでマヒさせておけばダッシュ斬りは百発百中!! 攻撃力3倍補正のおかげで、手強い敵も楽々撃破!!

…果たして本当にうまくいくのか、むしろ落下しまくりで迷惑をかけるのかはわかりませんでしたが、おもしろそうだったので、ためしてみることに。ちなみにこのウォーターロッドニンジャ。「水遁の術」と名づけておきます(笑)

次の日、フレンドさんたちもやっぱり、それぞれ秘策を練っておられました。前回はみんなハートの服着ていく防御重視でしたが、今回は、「疾風斬りの黒衣」「コキリ族の衣装」「ハンマーのコウラ」という超攻撃的布陣(笑) 防御捨てて大丈夫なのか? という不安ずあったんですが…

2015-11-15 12.00.441

いや、もう笑えるくらいの快進撃で(笑)

昨日の苦戦はなんだったの(^_^;)、と思うくらい、あれよあれよと攻略していって、どこも詰まるところなくレディまで進んでしまいました。自分の「水遁の術」もそれなりに活躍したと思うけど、フレンドさんたちも強すぎ(笑)。 

一晩寝て、次の日に良いアイデアが生まれて、しかも腕前もレベルアップする現象を「ゼルダ現象」と名づけておこうと思います。学会で発表しないと(笑)

一応「天空の神殿」におけるウォーターロッドニンジャこと「水遁の術」の利点について解説しておくと、

■敵をウォーターロッドでマヒさせて、必中ダッシュ斬りで一撃で倒せる。避ける敵や盾持ちでもOK。
■ギブドを速攻倒せる。アームショットなど使わなくても三回突進すれば終わり。
■鉄球兵士・火炎鉄球兵士を速攻倒せる。ウォーターロッドで鉄球を避けて近づけるので、くらやみの部屋ではフレンドさんたちにお化けを任せている間にほぼ完封できる
■ガーナイルも二発で倒せるし、ダッシュ斬りのタメ時間がないので当てやすい。(でもハンマーのコウラのフレンドさんが一撃で倒してましたが笑)
■レディ戦第一形態の後半で、レディがフレンドさんを追いかけているときに追いつきやすい。

とまあ、けっこうお気に入りなのですが、フレンドさんたちの戦術も相当強かったみたいです。「水遁の術」は、けっこうトリッキーな戦い方で、新鮮味があるという点は面白いと思うので、ぜひみなさんも一度お試しくださいね!

今回の天空の神殿の道中で、「ああ、きっと、今後追加されるとかいう魔窟はこんな感じなんだろうなー」と思いました。魔窟でもアイテム自由に選べるのなら、またどこかでウォーターロッドニンジャが活躍する機会もあるかも、と楽しみにしています。

ラスボス戦リベンジ!!

そして、リベンジしにやってきたラスボス戦。

何度もゲームオーバーになりました。でも、最初は第一形態突破で瀕死だったのが、徐々に、みんなうまくなっていくのがよくわかるんですよね。それがすごく楽しくて!

第一形態を難なく突破できるようになり、第二形態も突破できるようになり、ようやく拝めた第三形態!!

WVW69ikmPTAo1InoK7

フレンドさんが小林幸子だと表現しておりました(笑) ラスボスだし的確すぎる(笑)

でも、これまた、なかなか厳しい戦い。何が難しいって、足並み揃えたチームワーク、トーテムの精密なプレイが求められるところ。相当息のあったプレイでないと、なかなか攻略できないですね…!

できれば3人固まって動いていて、すぐにでもトーテムできる態勢が望ましいけど、そうすると一掃される危険も大きくなるわけで…連帯感のワクワクとハラハラが同居した、ほかのゲームでは決して味わえない楽しさでした!!  この一体感、心がひとつになる感じ、よくアニメの最終話とかで演出されるけど、それを自分たちで体験できるゲームって、なかなかないのでは?? トラさんすごい!!

そして…道中のザコ戦があれほどスムーズになったというのに、ラスボスにはなかなか勝たせてもらえず、一度ゲームオーバー。再チャレンジでも道中はサクサクでしたがラスボスにはなかなか勝てず、残り妖精は1つ。(ラスボスリベンジで6回全滅したということですね)

WVW69iknMZ4FFGeZVN

ようやくその瞬間が訪れました!! わたしのカメラがバグってたので、この写真はフレンドさんからいただきました(笑) 

本当にチームワークの勝利。その言葉に尽きます!! 最後、三人トーテムでラスボスを攻撃しに行くところ、わたしは真ん中だったので、特に何もすることはなかったんですが、そのぶん、感慨深く感じました。それで終わりではなくて、あともう一回くらい必要なのかなーと思っていたんですが、見事に撃破して、言い知れぬ感動でした!!

最後、トライフォースでワープする前に、三人で回転斬りを決めて、感動を分かち合いました。いやー…ゲームのエンディングの感動ってこれまでも相当いろいろあったし、今年は「超破壊計画からの脱出」が残り一分切って本物の爆弾解除並みの緊張感&達成感だったけど、それとはまた別の種類の、ほかでは味わえない喜びでしたね。

これは間違いなく、わたしの一生の記憶として残りますね!!

  2015-11-15 12.01.31

そしてエンディング!!

そのまま怒涛のごとくエンディングに突入かと思っていたんですが、普通にチーム解散でオフラインでのエンディングでした(笑)

ここはできれば、「超破壊計画からの脱出」みたいにオンラインでみんなでエンディング楽しんで、アイコン連打とかやりとりしたかったなぁー(笑)

WVW69ikmO-4RUVntr5 

まずはマダムテーラーで、レディワンピを完成させます。ここで気づいた。そうだ、このゲーム、最後までギャグだったんだ!(笑) ちょっぴり日常に引き戻された感じ(笑)

WVW69iknEx8O_DYKFR

レディワンピの力で、フリル姫のタイツの呪いを解きます。

…なんとなく追加コンテンツで、ハートの器3つプラス&ハートフルドレスと同じ効果の「フリル姫のドレス」が追加されそうな予感がするんですが…(笑)

WVW69ikniLstF-GQiA

やっぱり「お」は外せないんですね(笑) おフリル姫らしい。

WVW69ikoB_MPrs_ZRU

王様、それわざと、その表現使ってるでしょ!! 娘の前でセクハラ親父!! しまいにはタイツ姿も好きだったとか言い出すし!!

WVW69iknHawhqBmnfL

そして街のみんなに囲まれて王さまとオールバック卿がトーテムしてくれました(笑) オールバック卿、影が薄いと思ったらここに来て大役じゃん!(笑)

WVW69ikma7oKBu-fWX

最後のスタッフロール。この温かいイラストいいですねー(^^) 冒険のこれまでの部分をイラストで表現してくれてるんですが、どの絵もすごく雰囲気出てて最高でした。ちなみにエンディングは何度でも見れるので、このイラスト集もいつでも見れます。

青沼さん、宮本さん、そして…岩田さん、本当にありがとう!!

WVW69iknLqwzyt489n

最後は伝説の勇者として自分の名前が刻印されます。欲を言えば、ここにフレンドさんたち2人の名前が表示されるバージョンがあったら嬉しかったのになぁー。せっかくのトーテム勇者「ひとりはみんなのために、みんなはひとりのために」なんだから。

WVW69iknMq0aQNk2z1 

ついに冒険の終わり。といってもまだまだ特別任務や魔境があるから続くんですけどね。でもひとつの区切りとして、楽しかった達成感と、これで終わったのか―という寂しさが駆け巡りました。

WVW69iknVokNOmah8F

最後に何やら王さまよりお便りが(笑) やっぱりまだまだ続く気満々じゃないですか!(笑)

WVW69iknZlskI6U3ak

うん。安定感あって頼もしかった(笑)

WVW69ikmbjwX323cbW

なんだか嬉しいですね。わたしも一緒に遊んでくれたフレンドさんたちに「ありがとう」の思いでいっぱいです!!

WVW69iknerY2Uyv0fR

ちょっ…あらぶりすぎ!! 落ち着け!

WVW69iknka0UtSw7od

ということでお姫さまのお下がりのタイツくれました。

WVW69iknIyI50Tn2re

これは恥ずかしい(笑)

まだこれからも冒険は続きそうですね。

オンライン協力プレイでしか味わえない感動があった

試勇会から始まったゼルダの伝説トライフォース3銃士のプレイもこれで一区切りですね。特別任務などのクリア状況はこんな感じ。複数のフレンドさんと進めているので、同じところを何度もプレイしたりもしています。その都度楽しすぎてまったく飽きないのですが(笑)

WVW69iknwEsfM0Ds5u

E3で発表されたときはほとんど興味がなく、マルチプレイというだけで、自分の責任が大きくなってミスしたら嫌な思いをさせてしまうのではないか、と思って、今回はプレイしないだろうなーとスルーするつもりでいました。でも、ときおりゼルダの4つの剣が楽しかった!という感想を聞くのが、ちょっと頭の片隅にありました。

すっかり忘れかけていたころになって、任天堂から試勇会のお招きメールが来て、食わず嫌いはしないタイプなのでとりあえず参加してみようかなーと思ったのが事の始まり。

オンラインプレイが異様に楽しくて、今まで体験したことのない新しいゲームだと思いました。「超破壊計画からの脱出」も先行体験会でがっちり心をつかまれましたが、こういう新しいタイプのゲームって、一度やってみないことには楽しさがわからないですよね。

そして迎えた製品版の発売日。それまでにゲーム友だちと3DSのフレンドコード交換を済ませておいたので、初日からさっそく、今回のメンバーで初見プレイを楽しみました。みんな手ざくりながら、その楽しかったことといったら。

オンラインのフレンドとのゲームというと、これまでマリカやスプラトゥーンでけっこう楽しんだんですが、どちらも、次第にみんながうまくなりすぎて、ついていけなくなって、負けまくるようになって、飽きてしまったんですよね…。

でもこのトラさんは、対戦ゲームではなく、協力プレイ。そこが最大のポイントでした。たとえフレンドさんと腕が離れていてもサポートしてもらえるし、勝ち負けではないから、とても気が楽だし。そういえば宮本さんが、できたらマリカからも勝ち負けという順位が撤廃できたら、と確かどこかで話していましたが、このトラさんは、そういう勝ち負けがないオンラインプレイのひとつの形だったんじゃないかなーと。

発売後は結局、見知らぬ勇者との冒険、いわゆる野良は一度もやりませんでした(笑) 毎日フレンドさんたちが遊んでくれるので、野良をする必要がなく、むしろ見知らぬ勇者と冒険なんて、感想を共有できなくてもったいないとさえ感じたので。

このゲームは、一緒にオンラインプレイをやってくれる友だちがいるかどうかで、大きく評価の変わるゲームだと思います。見知らぬ勇者としかやれなかったら、時には嫌な人と会うこともあるだろうし、初見で行ったらイライラされたり切断されたりすることさえありそう。

でも、気心の知れたフレンドさんがいたら、それはもう最高のゲームなのです。発売日からこの一ヶ月、毎日トラさんが楽しみで、本当に良い経験をさせてもらっています。心から、ありがとうの気持ちでいっぱいです。

まだこれからもしばらくは冒険が続くので今後も楽しめたらいいなー。そしてまたトラさんの続編みたいなソフトや、オンライン対戦よりオンライン協力に重きを置いた新しいソフトがたくさんプレイできたらいいな、と願ってやみません。

スポンサーリンク


カスタムカテゴリー: ゼルダの伝説